特定社会保険労務士 上岡由美子 ビジネスブログ

就業規則、評価制度、給与計算・社会保険 駐在員事務所サポート
※英語対応・スカイプ等で国内・海外対応します!

時代の変化に合わせたハラスメント研修を

2019年07月31日 07時05分40秒 | ハラスメント

研修についてお話を伺っていると「ずいぶん前だけど、ちゃんとやったから大丈夫」というお声を耳にいたします。

「研修は1度やったから大丈夫」ではありません。

例えば、セクシュアル・ハラスメント。
この言葉が聞かれ始めたのは1980年代半ばでした。流行語大賞を取るほど、有名になった新語でしたが
その当時は主に「男性から女性に性的な嫌がらせをすること」がセクハラにあたるとされていました。

昨今は「男性から女性へのセクハラ」や「女性から男性へのセクハラ」といった
異性間だけでなく、同性間(男性から男性、女性から女性)への
セクハラも問題になっています。
 
厚生労働省の指針も改正され、性的指向や性自認に関するハラスメントも
セクシャルハラスメントになりうるとされています。

また、ハラスメント問題には「パワー・ハラスメント」「モラル・ハラスメント」と種類も増えました。

社会情勢・国の方針、人々の考え方や価値観が変化している中、
扱うテーマは同じでも内容ややり方については、時代に合わせて変えていく必要があります。
 
 
 
 
 
 

「ずっと前にやった」という、その研修。
今の時代に合った内容でしたか?
 
研修は社員の為でもありますが、会社の為でもあります。
ハラスメントで社員の信頼を失い、大切な社員が会社を退職したり、
会社や加害者が損害賠償請求を受けるといった事態を防ぐためにも
是非、時代の変化に合わせた研修を何度でも行ってください。

マーシャルでは、ハラスメント研修を承っております。

単なる座学だけでなく、最新の事例や裁判例をご紹介するとともに具体的な言動を動画で可視化することで
やってはいけない事、本人と会社のリスクなど詳しくご説明しております。
研修はマーシャルに是非お任せください。
 
 
弊社では各種研修に関するご相談を初回無料にて承っております。ぜひお気軽にお申込みください。
 
 
       
 
ハラスメント研修の詳細はこちら↓をご覧ください。
http://www.mashr.co.jp/personnel/personnel7/

お急ぎの際はお電話ください。  TEL: 045-594-7315 
 

マーシャルのウェブサイトはこちら↓

http://www.mashr.co.jp

                   


コメント   この記事についてブログを書く
« テレワーク 成功のポイント | トップ | 駐在員事務所の設立 無料相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハラスメント」カテゴリの最新記事