特定社会保険労務士 上岡由美子 ビジネスブログ

就業規則、給与計算 社会保険 駐在員事務所サポート
※外資系企業様には英語対応・スカイプ等で国内・海外対応します!

セクハラ指針の一部改正 ~「LGBT」に関する内容が明記されます~

2016年07月20日 10時16分41秒 | 法改正

◆企業に求められるLGBT対応

近年、人権保護の観点からはもちろん、リスク対応や優秀な人材の確保といった観点から、企業においてもLGBTへの理解と対応が求められてきています。

ここでいう「LGBT」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)といった性的少数者のことであり、2015年に電通総研が行った調査では、人口の7.6%がLGBTであると発表されています。

そのよう中、厚生労働省は、いわゆる「セクハラ指針」(事業主が職場における性的言動に起因する問題に関して雇用管理上構ずべき措置について)の改正を行い、企業にLGBTなどの性的少数者へのセクハラにも対応する義務があることを明文化する方針を固めました。

 

◆職場におけるセクシュアルハラスメントの対象者の明確化

労働政策審議会(雇用均等分科会)の中で示された「事業主が職場における性的言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針の一部を改正する告示案」では、「従来より、職場におけるセクシュアルハラスメントについては、被害者の性的指向や性自認は問わないものであるが、それが周知徹底されていないとの声が近年多くなっている。これを踏まえて、被害を受ける者の性的指向や性自認にかかわらず、これらの者に対する職場におけるセクシュアルハラスメントも、セクハラ指針の対象となる旨を明確化する改正を行うこととする。」とされました。

現在でも性的少数者は指針の対象となっていますが、明文化はされていませんでした。

セクハラ指針の2(1)に、「被害を受けた者の性的指向や性自認にかかわらず対象となる」と新たに明記することで、さらなる周知徹底を図るねらいがあるようです。

 

◆施行日について

上記指針は平成29年1月1日より改正される予定ですので、社内のセクシュアルハラスメント防止規程の見直しや社員への周知等、LGBT対応が必要になってきます。

 

◆就業規則の見直しは弊社にお任せください

株式会社マーシャル・コンサルティングでは、就業規則の見直しを承っております。LGBTをはじめ、大切な社員を守るためにも、気持ちよく安心して働いてもらうためにも就業規則は大切な役割を果たします。また、現在の法に沿ってきちんと作成された就業規則は、会社を守るためにも必須です。この機会にぜひ一度、御社の就業規則を見直してみませんか。英文就業規則の作成・見直しも承っております。

弊社では、就業規則の作成・見直しに関するご相談を初回無料にて承っております。お気軽にこちらよりお申し込みください。
お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。 

就業規則の作成・見直しプランは弊社サイトよりご確認いただけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「働き方改革」原案 残業時... | トップ | 2016年は猛暑の見込み 「熱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

法改正」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事