特定社会保険労務士 上岡由美子 ビジネスブログ

就業規則、評価制度、給与計算・社会保険 駐在員事務所サポート
※英語対応・スカイプ等で国内・海外対応します!

初の「過労死等防止対策白書」 その内容とは?

2016年11月16日 09時00分00秒 | 労働基準法関連

◆法施行後、初の白書
 政府は、平成26年に施行された「過労死等防止対策推進法」に基づき、年次報告書「過労死等防止対策白書」を初めて公表しました。

 この白書は、業界ごとの長時間労働の現状や過労死等の実態を解明するための調査研究、
平成27年度に行われた過労死等防止対策の取組み、民間団体の活動等が記載されており、
過労死や過労自殺の現状や防止策などを280ページにわたってまとめられています。
 

◆「残業80時間超」企業の割合は?
 企業へのアンケート調査によると、1年のうち1カ月の時間外労働時間が最も長かった正規雇用従業員について、
過労死ラインとされる時間外労働時間月80時間を超えると回答した企業は22.7%でした。

 業種別に見てみると、「情報通信業」(44.4%)が最も多く、「学術研究、専門・技術サービス業」(40.5%)、
「運輸業、郵便業」(38.4%)が続いています。

 また、残業の発生する理由としては、「業務量が多い」「人員不足」「業務の繁閑の差が激しい」
「顧客からの不規則な要望に対応する必要がある」等を挙げる企業が多くなっています。

 労働者への「残業時間別の疲労度蓄積度、ストレスの状況」の調査では、
残業時間が長いほど「疲労蓄積度」と「ストレス」が高いと判定される割合が多く、
正社員の36.9%が高ストレスと判定されたことがわかりました。
 

◆現状を知るためには周知・啓発が必要
 白書の第3章では、過労死等の防止のための対策の実施状況が報告されています。

労災認定事案等の分析や、ポスター、パンフレット・リーフレット、新聞広告、Web広告、
Webサイト等による周知・啓発、相談体制の整備等の実績を報告しています。

なお、厚生労働省のホームページでは「過労死等防止対策白書」のダウンロードが可能であり
(  http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000138529.html  )、
10月下旬からは政府刊行物センターなどで販売予定とのことです。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 職場での旧姓使用は可か否か ... | トップ | 従業員の「若年性認知症」と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働基準法関連」カテゴリの最新記事