ma_kunの徒然日記

日々の出来事を綴っていきます。

戸隠神社五社巡り ②

2018年10月22日 | 旅行



奥社・九頭龍社の参拝が終わり

ここで宿の主人とお仲間一人と別れて

戸隠神社中社で落ち合う事にして元来た道を戻ります。




奥社側から見た随神門




随神門をくぐり右側にある遊歩道の道から鏡池に向かいます。

「熊出没注意」の看板には驚きです!




木道になっている箇所もあり、比較的歩きやすくなっています。

土曜日でしたが数人とすれ違っただけで静かな森林歩き。

道は整備されていますが一部ぬかるみもあります。






戸隠山が見えます。




天命稲荷社 

昭和37年、戸隠修験道を受け継ぐ公明院の姫野公明という尼僧が、

お告げを受けて建てたものだという。




紅葉の鏡池に到着です!

ここから見える戸隠の山々の映り込みが見事でした。




朝が早かったので「ロッジ蘭山」の弁当で早いめの昼食

鏡池の次は小鳥ヶ池に向かいます。




硯 石

女賊おまんの伝説が伝えられている硯の形をした大きな自然石。

小鳥ケ池と鏡池を結ぶ遊歩道の中間地点にあります。




硯石からの眺め・・・







小鳥ヶ池

鏡池より小さく、ここから見える戸隠の山々の映り込みも見事でした。

小鳥ヶ池から戸隠神社中社へは約20分程です。


鏡池も小鳥ヶ池もネットで見ていると農業用のため池だそうです。

ため池かと思えば魅力半減です!



《続く》

コメント (16)

戸隠神社五社巡り ①

2018年10月20日 | 旅行


10月13日


乗鞍高原『ロッジ蘭山』の二日目は宿の主人の案内で戸隠神社へ

土曜日でもあり9時迄には戸隠へ行かないと駐車場が満杯とかで

6時には出発したいと言われて朝5時起きで朝食も摂らずに

5時45分頃『ロッジ蘭山』を出発。


途中のコンビニでサンドイッチと飲み物を買い込んで車中で朝食




8時過ぎに車も駐車場に止めることが出来て戸隠神社奥社へ

奥社まで約40分の距離




宿の主人の案内で大鳥居を潜りさぁ~奥社へ







奥社参道入り口から約20分で随神門が見えてきました。

趣のある萱葺きの紅い随神門

正面の柱は四本だが後ろに八本の控柱がある八脚門です。

戸隠神社の中で最も古い建造物と云われています。







随神門を潜ると樹齢400年以上の杉並木が続いていて

その高さと幹の太さに圧倒されます。




カミさんとのツーショット




根本が空洞の意味深な杉には、しめ縄が取り付けてありました。

宿の主人の話では

2010年JR東日本のCMで女優の吉永小百合さんが

この大木の中から

お顔を出していらっしゃいました。



このCM以後戸隠神社奥社を訪れる人が増えたとか・・・




戸隠山登山口

登山道には鎖場もあり厳しいようです。




杉並木が終わると階段の登りが続きますが奥社は直ぐそこ




9時16分、奥社社殿にやっとやっと到着しました。

社殿はコンクリート製です。

趣にはかけますが、積雪の多い地なので雪崩に強い

コンクリート製の社殿になったとのことです。

祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)







奥社社殿より少し下りた場所に九頭龍社は鎮座します。

祭神は九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)







「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山が見えます。


《続く》



 

コメント (20)

乗鞍高原・ロッジ蘭山

2018年10月18日 | 旅行



松本電鉄の新島々駅から約40分で今宵の宿『ロッジ蘭山』に到着

『ロッジ蘭山』の駐車場にあるこの看板

乗鞍高原観光センター前バス停からも見える宿です。


白い方が喫茶店入り口で、その右奥に『ロッジ蘭山』の入り口。




部屋に入るなり温泉より先ずはビールと地酒で一息入れる人も・・・




男女別内風呂の左に貸切露天風呂。

内湯から直接は行けない。




男湯の内湯

全て木造りで大人二人も入れば一杯になる大きさです。




広々した貸切露天風呂

全て木の板で組み上げられ、落ち着ける空間です。


もちろん100%源泉かけ流しの単純硫黄泉

源泉はここから7~8kmほど離れた

乗鞍岳北部の中腹にある「湯川源泉」

この湯川源泉から乗鞍高原にある100もの宿泊施設等に

引き湯されています。

源泉の湧出量は毎分1500リットル




食事処は2層吹き抜けの天井は開放感たっぷりです!





松茸が入った茶碗蒸しがありました。

宿の主人が6時間かけて採ってきたとか・・・



ひと際目を引いたのがこの薪ストーブ!!!

まだ10月12日だというのにガンガン火が焚かれていました。

さすが標高1600mの乗鞍高原です!

お仲間が持ってきたクリとイモをアルミホイルに包んで焼き栗と焼き芋作り!




食事が済んだ後も遅くまで呑んで話し込んでいました。




コメント (16)

信州・乗鞍高原

2018年10月16日 | 旅行



10月12日


御堂筋北・近鉄高速バス乗り場付近へ7時に10名(男性7名、女性3名)が集合

車二台に別れて乗鞍高原『ロッジ蘭山』へ




名神高速→中央道→馬籠観光→松本電鉄新島々駅→乗鞍高原『ロッジ蘭山』へ




中山道馬籠宿

京に五十二里半  江戸に八十里半


馬籠宿は、中山道43番目の宿場で、島崎藤村の出身地としても知られる。

木曽11宿の一番南の宿場町です。

此処もすれ違う人の半分以上が外国人、

インバウンドブーム凄し!!







木曽馬籠 清水屋資料館







島崎藤村記念館 入館料500円




何処へも入って見ることなく40分位で馬籠宿をあとに・・・




馬籠宿から約2時間で標高1200mにある

新野麦街道「ながわ山彩館」でトイレ休憩

地元の特産品を販売しています。




 松本電鉄 新島々駅

白骨温泉・乗鞍高原・上高地への玄関口として、バスターミナルの役割も大きい。

ここから さいたま市 からのお仲間が一人合流


『ロッジ蘭山』へ

 

コメント (23)

このクモハはコガネグモ?

2018年10月10日 | 昆虫



10月3日に淀川河川敷を自転車で走っての帰り道に見付けた蜘蛛

ネットで調べて、コガネグモに到達しました。

ごく普通にいるようですが、きれいな蜘蛛ですね。


コ ガ ネ グ モ (黄金蜘蛛)



捕食中のようでしたが餌食になったのは

細長い体と長くとがった頭部が特徴のショウジョウバッタのようです。



(ネットより拝借)

ショウジョウバッタ   


           

余 談

9日の夜中の12時頃、消防者のサイレンの音が近くに鳴ってきたと

思うと煙が家の中まではいいてきた

火事だと思って飛び出していくと

50~60m先の家が燃えている。

煙が上がっていても火の手は上がっていなかった。







火事が収まっても消防車が帰るまで煩くて寝れなかった。


コメント (29)