まっしゅ★たわごと

街歩き、建築、音楽、フランス、それに写真の話題を少々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「太陽の塔(o{ o)内覧オフ会」に参加【後編】

2006年10月29日 23時49分09秒 | おすすめ

太陽の塔の内部見学後、有志でソラードに向かう。少しだけではあるが紅葉している樹もあったりして、秋の訪れを改めて感じる時間を得ることができた。

本日の参加証として、のりみさんの描いた「ソラード」という太陽の塔を望む絵を頂いのだけれど、その原風景が見れると思うと期待が膨らむのであった。

この空中回廊は本当に森の上を歩いているかのような感じがして好きだなあ。こういう類の歩廊としては、けっこう最初のコンセプトに近い仕上がりとなっているのではないのかなあと思う。

ルートの終点にある巨大な砦で記念撮影。二段目と三段目にウジャウジャしている人たちが今回の見学ツアーの参加者たち。そのうち三名の方がまだタロー君のカブリモノをされているご様子。

けっこうカワイイのでいつまでも被っていくなるカブリモノなのである。そして私は、カブリモノ・タロー君といつまでも被写体として接していたい衝動に駆られるのであった。

砦の東にあると言われている広場では未知の生物が小刻みにカラダを震わせながら座っていた。額にリボンを付けている??・・・もしや、つがい?

砦頂上でゴリモンさん、のりみさんたちと記念撮影。ネット上なので残念ながら皆様の顔はお出し出来ないのであしからず。ちなみに、いちばん前でしゃがんでいるのが私。

砦前でいったん解散。皆様お疲れ様でした。

更に残った者たちで国立民族学博物館(通称:みんぱく)へ行くことに。お目当ては、万博会期中に太陽の塔の地下に展示されていた民族的な仮面である。博物館入り口へ到達したのは閉館時間の一時間前であったがせっかくなので、入館することにした。

みんぱくを後にした我々は、本日の全ての目的を達成した事に非常な満足感を得て、帰路に着くべく大阪モノレールの万博記念公園へ向かうのであった。

太陽の塔はいつ・どんなときに訪れても、その姿は巨大で壮観で「生きる」という力を与えてくれるような気がする。当時、岡本太郎氏が描いた「ベラボーなもの」は、現代の我々の眼にも未だに「ベラボーなもの」にしか見えないのは岡本太郎氏の力技そのものに違いないと思うのである。

オフ会を企画して頂いたゴリモンさんご夫妻、副幹事としてお世話して下さったあすかさんご夫妻、のりみさんご夫妻、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました♪

【前編】はコチラ↓

http://blog.goo.ne.jp/mash-mash/e/5a889ca9f50950ae351d4b9c3c616ff3


コメント (11)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「太陽の塔(o{ o)内覧オフ... | トップ | 夜景-3/7-群舞 »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (ぴんぼけ)
2006-10-30 09:42:53
こんなに早く詳細なレポートと楽しい写真、

当日の雰囲気が伝わってきました。

けっこう感動しています。

ありがとう:D

いいなぁ (正宗)
2006-10-30 12:34:53
昨日は予定があったので参加を見送ってたのですが、

天気がよくてよかったですね。

まっしゅさんのレポートを見てとても楽しそうな様子が

伝わってきました。

ありがとうございます。

Unknown (しもちゃん)
2006-10-30 14:09:56
お疲れ様でした 最後までご一緒出来なかったのが残念でなりません 親子3代タロー君の写真 写しに行ったのはわかっていましたが こういう仕上がりになっていたんですね 1枚目は家出していたおとーさんがおじいさんに許しを請いに行ったところ 2枚目は和解して親子3代ハッピィーなんてかってなストーリーを作って楽しんでます ではまたお会いできる日を楽しみにしています
うわわっ! (Keiko)
2006-10-30 15:52:48
皆さんの記念撮影、全員タロー君の被り物をまじでしているのかと、まじまじ見直してしまいました・・・。まっしゅさんの技だったのね・・・。
Unknown (まっしゅ)
2006-10-30 21:30:22
ぴんぼけさん

喜んで頂いて何よりです。

「感動です」と言って頂けることが、また次の記事への活力になっていきますデス。



正宗さん

ごりもんさんのオフ会は楽しいですよ。次回は是非参加してみてください!



しもちゃんさん

太陽の塔ストーリー面白いです!そういうことならば、また他の写真を撮ってこようかな♪



Keikoさん

皆があの仮面を被っていたらカナリコワイですよ、それって・・・。

すごい! (バク)
2006-10-31 23:12:46
いい写真が撮影できてる!
構図がいいです
てへ! (まっしゅ)
2006-11-01 00:25:58
バクさん
構図とか褒められると、すごく嬉しいです。
ありがとうございます。
見る目がちがうと・・ (美月)
2006-11-02 13:56:12
おつかれさまです。
太陽の塔ビッグオフ会では写真を撮っていただき
ありがとうございました。

まっしゅさんの写真みると・・
見方が違うとこうも違うのか~としみじみです。

太陽の塔ストーリー・・ぜひぜひっ!

愛知で細々と太陽の塔と仲良ししよっ・・(シクシク・・
びっくり! (まっしゅ)
2006-11-03 01:18:29
美月さん
先日はお疲れ様です。
太陽の塔ビックリオフ会は本当に楽し
かったですね。100人一緒に同じ感動
体験を出来た事はかなりの収穫です。
その日に、いい写真が撮れるかどうか
というのは、その日にどれだけ楽しく
過ごせたかということにも関係して
います。

なので、比較的いいなと思える写真
を撮る事が出来たのは、どう考えても
ビックリオフ会が大成功だったから
なのかなあと思います。
「カブリモノ・タロー君」誕生秘話 (ゴリモン)
2006-11-05 04:41:29
7月頃:かぶり物&メガホンを作ろうと思い立つ
(そのまま月日は流れる)
オフ会前日:梅田LOFTにて厚紙を購入
(そのまま時間は流れる)
オフ会当日午前6時頃:あわてて製作開始。パーツを描きだす。
オフ会当日午前8時頃:三角錐状の手の形状にてまどる。(アールのついたボディに合った形を作れない!)仕方がないので仕様はペラモンとなる。
オフ会集合の1時間前:幹事が集まった万博公園のレストランで組み立て開始。4体にパーツを貼り付け、赤ペンでカキカキ。タロー君4兄弟が完成!


‥‥ドタバタでした^^;

コメントを投稿

おすすめ」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

太陽の搭内覧オフ会【後編】 (のりみ通信)
太陽の搭を出た後は残ったメンバーで森の空中観察路「ソラード」へ。空のロードをもじって「ソラード」。2000年に出来たスポットで、木の高さの道を歩くことができます。詳しくはゴリモンな日々 大阪万博、夢の跡地は森
太陽の塔見学 (さすらい人)
「ゴリモンな日々」ブログ、こっそり読んでいました。 とある日、 「みんなで太陽の塔を見学しよう!」という記事に、 「行きますっ!」とコメントし、 本日行ってきました!<ボク3度目(^^;ゞてへっ! ブロ