まっしゅ★たわごと

街歩き、建築、音楽、フランス、それに写真の話題を少々

ターミネーター4を見た♪

2009年06月14日 15時34分25秒 | おすすめ

昨日、梅田に出る道すがら、サンケイエクスプレスなる新聞を読んでいると「ターミネーター4 あの男が帰ってくる」と題した映画評が掲載されていた。私は、これを読んで急に見に行きたくなり、思わず行ってしまったのである。本当になかなかいいこと書いているので途中から抜粋してみたい。


----------------------------------------------------------------------

シリーズ第4作ともなると、設定のつじつまあわせに終始するマニアックな作品も多いが、本作は違う。マックG監督はターミネーター・シリーズの勘所をよく理解しており、「無敵のロボットに立ち向かう、人間たちの絶望的な戦い」から焦点をブレさせず、銃撃に次ぐ銃撃、爆発に次ぐ爆発でストーリーを盛り上げる。
今回の舞台は、人類が機会軍団に支配された未来世界。アーノルド・シュワルツネッガーが演じたターミネーター、T-800より以前に製造された旧型ロボットが多数登場する。これらがまた、ほれぼれとするほど凶悪な面構えで、金属音を響かせて出てくるたびに嬉しくなってしまう。
そして、満を持してシュワルツネッガーが現れる。この場面はCGなど最新技術で作り上げた映像で、彼の外見は第1作出演時のまま。つまり、地位も名声もない、飢えた目をした無名俳優だった彼の演技を再び見られるのだ。眼福、というほかない。シリーズを愛し、かつ「ターミネーター3」(2003年)に失望した人はぜひ見てほしい。

----------------------------------------------------------------------

で、実際見た感想は、評に違わずいい出来栄えだった。本当にハートフルで、「無敵のロボットに立ち向かう、人間たちの絶望的な戦い」の中にも『救い』があるのだなと思わずにはいられない。今後、どういう風に話が展開して行くのか想像すると楽しいところだが、それを書くとネタバレになってしまいそうなので、ここでは書く事を控えたいと思う。

ちなみに、原題は「Terminator Salvation」
Salvation━━ n. 救助[出]; 救済者[となるもの]; 救済手段; 【宗】(罪の)救済.
なかなか意味深だね。ホンマ面白いよ。個人的には名作「ターミネーター2」くらい面白いなと思った。今日になるまで気がつかなかったけど、昨日は「ターミネーター4」の公開初日だったのね。

もし良かったらポチっと→人気blogランキングへ

コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« また、建設クレーンの組立部... | トップ | 一昨日の夕景 ククク、クレ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ターミネーター4 (672132)
2009-06-14 15:51:26
まだ見てないが前シリーズは見ていますが、1作目から2作目まではなぜ未来からロボットが
送られてきたのか?ジョンコナーが狙われるのか見てみないとストーリがわからない部分がありますね。なぜ2では守りに入ったのかもわからないけどジョンコナーという人物の重大さが
ターミネーターにはあるという事で僕はみてました。シリーズ物では成功?した作品でもあると思います。ランボーも同様。
Unknown (ゴリモン)
2009-06-15 00:55:58
あの頃のシュワルツネガーが出てくるとは知らなんだ。ちょっと興味でてきました。
Unknown (まっしゅ)
2009-06-15 22:33:22
672132さん
全作見てみると、それなりに話は繋がりますよ。楽しみですね。

ゴリモンさん
あの頃のシュワちゃんがあの頃の音楽で登場します。
むっちゃくっちゃシビれますよ~ん!!

コメントを投稿

おすすめ」カテゴリの最新記事

トラックバック

映画『ターミネーター4』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督、マックG。脚本、ジョン=ブランカトー、マイケル=フェリス。原題『TERMI