コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

スウェーデンのガラス グラール技法を使ったオレフォス社製花器 Edward Hald

2019-11-23 11:39:17 | 北欧陶磁器ガラス
エドワード・ハルド Nils Tove Edward Hald (1883 - 1980 ストックホルム生まれ)
スウェーデン画家、グラフィック・アーティスト、ガラスアーティスト



1945年にEdward Haldによりデザインされ限定数の生産が続けられた作品です。



海藻のなかを魚たちが泳ぐ姿を鮮やかなを厚手の透明なクリスタルと緑色を用いてグラール技法『the Graal technique』により再現しています。

同様のモチーフの作品においても同じものは2点となくすべてが一点物となります。

このグラール技法を用いることの効果として、人間が海に潜った際、異なる深度の海中生物(魚や海藻など)が実際より大きく見えるイリュージョンを可能としています。

このエドワード・ハルドの代表的作品はスウェーデンにおけるアートガラスの世界に大きな影響を与えたのみならず、世界の工芸ガラスの歴史の中においても足跡を残し、各地の美術館に所蔵されるなどのほか、『Fifties Glass by Leslie Pina』など工芸ガラス収集家の参考書などにも頻繁にとりあがられています。



お気軽にお問い合わせくださいませ。

コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2019 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Murano sommerso glass vase ... | トップ | スウェーデン製 モダニズム ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北欧陶磁器ガラス」カテゴリの最新記事