網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第328時間推理劇場

2011-06-16 19:02:22 | UQ HOLDER!

解説はどれだけ詳細にすることになるのか・・・

まあ、溶岩と雷では溶岩の方が質量あるよなぁ。
力比べがどうとかいうよりはネギをのけた感じかも。
雷もついでに。押し負けたにしては効果が拡散してないし。

ここで明日菜の意識が戻って最後のカギの力を使ったのかなと。
フェイトがラカンに使ったときも細かい動作は省略だったし。
そして出てきたい人から優先的に出てきた感じに。

ナギは結局「完全なる世界」の中なのか魂だけ召還されたか。
どちらにも事情は伝わっているし、経緯を見てたのかも。
尤も「一瞬で記憶を伝達」とかもありそうではあるが。

ラカンが出てきたことからやっと理解できた感じかな。
栞姉のことを言われた辺りで、情報の伝達経路の類推で。
確信したのは再びネギが出てきた辺りかも。手の感触から?

あとは鍵にアクセスしてログを採るみたいなことをしたりとか
ネギにカマかけた部分もあったりして。ネギも恐らく
誰の力で何が起きたのかは理解しているようだし。

フェイトの台詞からはナギが結局どこにいるのかは不明。
ナギに関する「記録の逆流」ともとれるわけで、フェイトが
ラカン相手に使ったのは人物を再現してなかったが・・・

『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 第324話特記事項 | トップ | FLAG.146特記事項 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

UQ HOLDER!」カテゴリの最新記事

トラックバック

ネギま!関連サイト巡回(06/16) (ネギま!部屋(楊さんのページ別館))
■「網創漠蓄」さん「第328時間推理劇場」 第328時間推理劇場 - 網創漠蓄 >ここで明日菜の意識が戻って最後のカギの力を >使ったのかなと。 >フェイトがラカンに使ったときも細かい >動作は省略だった...