網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FLAG147特記事項

2011-06-24 19:05:14 | なのは洋菓子店のいい仕事

やっぱり考えすぎて書き出せなかったか・・・

「お菓子」がおそらく和菓子。典型的なものではなく特定できず。
おそらく生八ツ橋っぽい生地で中花っぽい形に餡をくるんだもの。
やっぱり普段は純和風なのかも。見た目お茶もかなり濃そう。

図書館の全冊読破、蔵書一万冊級よりはるかに大きそうな所だし
一日十冊でも間に合わないっぽい。そりゃ言われるだろ。しかも
蔵書検索をできて「何冊」まで出せるわけで。フツーの化物・・・

読むのは江戸時代が多いのに書くのはSF、図書館にある本の
傾向のせいかも。古典的SFや科学の本が多いとかで。
利権をめぐる恒星間戦争は王道かも。近い構図は色々と・・・

「一時間半のロス」で数十冊。読書自体は相当早いような。
なんとなく頭の中のガベージコレクションっぽい。パターンを
知りすぎてハマるタイプの。googleで0ヒットの単語を探すように。

呼ぶなら創作の神様だったなと。そして隣の本の女神?も。
発想は既知のものを組み合わせることで得られるものだし。
桂馬はそこらへん分かっているのかな?プレイ数は多いけど。

どうやら図書館に一日缶詰。栞は2徹目に入るっぽい。
食事は見張りつきになる模様。やっぱり手塚治虫・・・
ぎりぎりに輪転機に持っていくパターン近かったり。
提出する規格とかは委員長が何とかしてくれるのかも。

『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 第325話特記事項 | トップ | 柏木:type 7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

なのは洋菓子店のいい仕事」カテゴリの最新記事