網創漠蓄

網(ネット)上で、創作物などを、漠然と、蓄えていこうとするページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第223話妄想劇場

2011-04-10 14:24:28 | 聖闘士星矢

THE LOST CANVAS 完結ということで

そういえば「仮死の法」を施された時、シオンは気を失ってたな。
「次(本家)へ」のフラグは大体回収。でも幾つか放置されているような。
童虎のあの「老人の体」はどういう仕組みなのか、とか(オイ

対応関係は「アローン→瞬」と「ユニティ→氷河」とかはあったけど
紫龍相当がいなかったような。露出狂も童虎しかいないし。
辛うじてバイオレートやエルシド辺りが近そうだけど。あと「チェシャ→貴鬼」?

「聖闘士として」生き残ったのは2人、というオチらしい。資格喪失者もいるとは。
二人とも童虎の出身地は知らなかったのか、いるとは思わなかったのか。
ユズリハにとって天馬は「サーシャ(アテネ)しか見てなかった人」という感じかな。

そして耶人か水鏡(アイアコス)のどちらかの苗字が「城戸」だったり。
伏線的には耶人の方っぽいけど。「営みの果てに…」だし。
小宇宙を保持したままで済んだのは聖闘士側ではテネオだけ?

冥闘士側は生き残り3名。チェシャの冥衣はどうなった?絵からは判別できず。
水鏡の行く末はNEXT DIMENSION待ちかも。案外とハインシュタイン家に
婿入りだったり。そして「次はイタリア抜きで」、と・・・

神の血を宿す童虎はのちに最強の聖闘士に。鼓動が戻れば、かも。
何しろ後代では冥闘士の過半数を倒しているっぽいし。
そして「生き残ったもう一人」こそがバイオレートかチェシャだったりして。

コメント