とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

舞台評『誤解』(10/13 新国立劇場 小劇場)

2018-10-15 12:03:59 | どう思いますか
[作]アルベール・カミュ
[翻訳]岩切正一郎
[演出]稲葉賀恵
[出演]原田美枝子 / 小島聖 / 水橋研二 / 深谷美歩 / 小林勝也

 しっかりとした役者と台本を読みこんだと思われる演出によって濃密な演劇空間を作り出していた。布を使った抽象的な舞台美術が空間を作り上げている。家族を殺す物語であり、その不条理なテーマは見る者の目の前にナイフを突きつけるようである。いい舞台であった。

 あらすじは次の通り。

 マルタとその母は片田舎でホテルを経営している。彼女らはホテルに泊まりに来る客を殺し金品を奪い取る。ある日、そのホテルにマルタの兄ジャンが帰ってくる。ジャンは成功し、母とマルタに何らかの恩返しをしようとしていたのである。しかしマルタと母はその男がジャンであることに気付かない。マルタと母はジャンを殺す。死後にジャンのパスポートから、その男がジャンであったことが判明する。母はジャンの後を追い死ぬ。マルタの妻が登場しマルタを責めるが、逆にマルタはこの結末を喜んでいる。破滅を喜ぶのだ。マルタは去り、残された妻は神を呼ぶ。するとそこにホテルの使用人があらわれる。妻が「神の御恵みを!」と懇願する。使用人は「いやだ。」と言う。(幕)

 現代の資本主義によって人間は心を失う。そういう風な言い方はありきたりな表現かもしれないが、人間の心の弱さは普遍的なテーマである。欲望に目がくらみ、他者を傷つけながら生きる。そしてそれを正当化する言葉を吐き、その言葉はいつか自らを傷つける。このように観客はいつしか自分自身を見ているのである。

 ラストシーンは衝撃的であるが、それしかないと思わせる終わり方である。

 「集中力のある舞台」という印象の舞台だった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 舞台評『竹取』(2018年10月1... | トップ | 鏡の中の右と左が逆転するの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どう思いますか」カテゴリの最新記事