とにかく書いておかないと

すぐに忘れてしまうことを、書き残しておきます。

『半分、青い』の後半はやっぱり雑なだけだったが・・・

2018-09-30 07:16:37 | TV
 『半分、青い』は前半はとてもおもしろかった。しかし漫画家をあきらめてからの展開は明らかに雑だった。最後まで見てみると、この展開は主人公ふたりをそれぞれ結婚させて、離婚させ、そして再婚させるためだけの無理やりなものだったようにしか見えない。雑な展開になって出てきたキムラ緑子、斎藤工、間宮祥太朗、麻生祐未、須藤理沙、若村麻由美さんなどは一体何のために出てきたのかわからない。使い捨てのような扱われ方でちょっとかわいそうだ。視聴者を馬鹿にしているようにも感じられた。

 最後の週はばたばたと無理やり終わらせましたという感じだった。東日本大震災をとってつけたように取り上げ、お涙頂戴していたわけだが、安直すぎる。私には被災者に対して失礼だとしか思えなかった。

 とは言え、やはり半年間の毎日放送するドラマを作り上げることはとてもむずかしいことなのであり、それをやり遂げることができたことはやはりすごいことなのだと思う。最近、質の高い朝ドラがいくつかあったので、また録画装置の質の向上により、本来ならば朝ドラを見ていなかった層まで見るようになってしまったので、どんどんハードルが高くなってきていた。脚本家は本当に大変だと思う。

 執筆中に北川悦吏子さんは入院したということであった。そういう状態ではやはり雑にならざるを得ないときもあったであろうし、病気になるほどの重圧の中で書かざるを得なかったのだとも推測される。それを考えれば、がんばって作り上げてくれたんだなと、努力を称賛するだけである。

 批判は批判として、半年間毎日楽しませてくれたことに対してとても感謝している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 組織の機能不全 政治、スポ... | トップ | 演劇と方言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

TV」カテゴリの最新記事