団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

藤本義一氏の逝去

2012-10-31 05:13:39 | 気になるニュース
実際にこの眼で見た小説家はきわめて限られている。藤本義一のほかには吉田健一や森村誠一と三人しかいない。その藤本義一氏が昨夜亡くなった。25年以上前に氏が社の講演会で登壇したときの事を思い出す。 大阪でNTTデータに勤務している時のこと、社員教育の一環で作家の藤本義一氏が登壇した。人事課長が「11PMの司会でおなじみの藤本さん。小説家でもおありで・・・」と講演者の藤本義一氏を紹介したところ、その紹 . . . 本文を読む
コメント

渡り鳥が帰ってきた

2012-10-30 21:56:24 | バリ
毎年10月の終わりになると渡り鳥の小鳥の大群が帰ってきて滞在ビラのヤシの木に巣を作り始める。乾季になるとどの国に行ってしまうのか知らないが忽然と姿を消す。しかし季節が巡ってくると忘れずに帰って来てくれる。 . . . 本文を読む
コメント

プールに浮かんで撮る

2012-10-28 22:23:31 | バリ
見慣れたプールのまわりの風景もプールに浮かんで撮ると新鮮だ。こんな芸当もolympus toughならでは。   . . . 本文を読む
コメント

グンカンドリが飛来

2012-10-28 14:10:00 | バリ
テラスで昼食をとっていると青空に大型の鳥が旋回するのが見える。鷲ほどの大きさだが遠すぎて判別がつかない。鷲かも知れないが、くちばしがまっすぐすぎるようにも見える。(写真の角度によるのかもしれないが) 拡大して人に見せるとグンカンドリだと言う。なるほど。 . . . 本文を読む
コメント

蝶の交尾

2012-10-27 18:33:25 | バリ
タバナンのバタフライパークに行ってきた。蝶の交尾シーンが撮れました。   . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)5 総括原価方式

2012-10-27 10:32:46 | 回想の新電電
連載した新電電メモランダムシリーズは大幅加筆訂正後「相互接続クロニクル NTT 新電電 孫正義 1989~2005」としてキンドル電子出版いたしました。スマホ、ipad、キンドル端末でご覧いただけます。 <料金改定業務と企画部> 1989年の転職当時、毎年の恒例行事のようにNTTが春に電話料金を下げ、新電電三社がそれに追随して料金を下げNTTとの料金格差をキープするするというスタイルが定着して . . . 本文を読む
コメント

バリのお米

2012-10-23 10:41:41 | バリ
バリではお米に苦労する。日本で特別高い米でなくても普通に美味いが、バリでは普通に美味い米が手に入らない。日本米と称する「国宝」とかカルホルニア米などをバリでは高いと思う価格で買ってみても一向に美味くない。バリのもち米をいれると美味いと言われて試みたがもっちり感は出ても米の美味さがなければどうしようもない。 そのために我が家ではコメ離れが進んでいたのだが、一昨日にあるところでお米を頂いた。タバナン . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)4 真藤氏 NTT初代社長就任と辞任

2012-10-23 09:44:20 | 回想の新電電
<国会でボランティア資金が追及されるが> 1989年までNTTに在職したが、気になっていた事がある。1985年当時管理職の末端につらなったが、その年の暮れ、冬のボーナスが出たころ、よくわからない金を拠出した。会ったこともない人から電話があり、管理職は任意で金を拠出することになっている。職場に集金に周るから準備しておいてほしい。その趣旨の説明もなく、拠出を断る管理職はいない、と面倒くさそうに高圧的 . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)3 転職当時の日本高速通信

2012-10-19 17:24:24 | 回想の新電電
1989年の暮れ12月にNTTデータ通信株式会社から新電電3社の一つである日本高速通信株式会社(1984年11月16日設立)に転職した。それまでNTTデータ通信株式会社ではコンピュータと通信を結んだオンラインネットワークシステムの開発に長年従事してきたので、当然その方面での部著に配属されるものと予想しての転職であったが、入社面接でのNTT出身専務の企画部への打診があり、実に思いがけない展開となった . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)2 1989年

2012-10-18 07:44:29 | 回想の新電電
連載した新電電メモランダムシリーズは大幅加筆訂正後「相互接続クロニクル NTT 新電電 孫正義 1989~2005」としてキンドル電子出版いたしました。スマホ、ipad、キンドル端末でご覧いただけます。 1989年の暮は私がNTTデータ通信から日本高速通信株式会社に転職した年になる。この年の記憶に残る出来事は昭和天皇崩御に始まり、バブルの崩壊に至る。 1月7日 - 昭和天皇崩御。テレビで小渕恵 . . . 本文を読む
コメント

新電電メモランダム(リライト)1 はじめに

2012-10-15 11:21:44 | 回想の新電電
連載した新電電メモランダムシリーズは大幅加筆訂正後「相互接続クロニクル NTT 新電電 孫正義 1989~2005」としてキンドル電子出版いたしました。スマホ、ipad、キンドル端末でご覧いただけます。 <17年に亘るNTT接続交渉> 1989年12月から2001年7月までの12年は日本高速通信株式会社と株式会社タイタス・コミュニケーションズにそれぞれ6年にわたり在職した。この間のNTT接続交 . . . 本文を読む
コメント

ロビナでウミヘビと至近距離に

2012-10-13 18:10:00 | バリ
ロビナのビーチからスノーケリングで珊瑚礁まで水深50センチほどの浅瀬を泳いでいくと目の前の海底に海藻がまばらに生え、そこにはベージュに茶色の縞模様が入った1メートルほどのウミヘビが。このウミヘビは神経毒をもち、咬まれると命にかかわる。こちらは無防備に素肌をさらしているので刺激しないようにゆっくりと上を通り過ぎる。浅瀬と言えども珊瑚の破片が足裏に痛いので泳いで行ったのは正解だった。歩いていて間違えて . . . 本文を読む
コメント

記憶の断片 恩師の受けた暴言

2012-10-10 11:18:35 | フィクションとしての回想
小学校の先生が女子児童から「じじい」と言われてその少女に暴力を振るったことが記事になっていた。その記事の内容とは似ても似つかないが、12年前に届いた小学校の恩師の手紙を思い出した。 恩師は65歳になったので小学校の嘱託も辞めて長野県の山里に住まいを移し、絵を書いて余生を楽しむとあった。又、死に支度の準備も始めるとも書いてあった。同じ手紙には定年後嘱託で勤める小学校で男子児童に暴言を吐かれたことが . . . 本文を読む
コメント

今年は医学・生理学、数学と日本人が脚光

2012-10-09 10:50:33 | 気になるニュース
ノーベル医学生理学賞をiPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中氏が受賞した。6年以上前にこの人の記事を読んで以来期待していたのだがようやく受賞した。この研究が進めば肺の難病で亡くなる人の肺をiPSで作成して入れ替えると言う自己細胞による移植も実現されるという。この肺移植のテーマは私に強烈な印象を与える。「まだ誰も治療していない」「日本が受けた賞だ」と謙虚な姿勢を崩さない山中氏の人柄も素敵ではないか。 . . . 本文を読む
コメント

記憶の断片 土砂崩れと老夫妻

2012-10-08 12:10:42 | フィクションとしての回想
四国の香川県三豊郡詫間町須田の一角でかつて土砂崩れがあった。このあたりは海岸線からすぐに山が迫っていて道路沿いの家の裏はすぐに急斜面でミカン山を背負った形になる。客観的に冷静に土砂崩れのあった場所を思い返してみるとその一角だけが傾斜が急であり、かつては道路のみが海岸線に沿っていたが民家をたてるために崖を削ったのだ。つまり危険を承知で無理をした建築で、起こるべくしておきた土砂崩れではあるのだが不幸中 . . . 本文を読む
コメント