団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

散歩の途中で偶然目の前に蝶が

2011-12-27 20:22:14 | バリ
散歩の途中で偶然目の前に蝶が。この白い花弁に紫の芯を持つ可憐な花の蜜を吸いに来た。   . . . 本文を読む
コメント

タトーでHIVや肝炎など感染

2011-12-25 21:51:13 | 気になるニュース
以前から気になっていたのだが、案の条と言うべきか、オーストラリア当局が下記の警告を発している。 http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_soc&rel=j7&k=20111225028125a より転載 バリ島のタトゥーでエイズウイルス感染の恐れ=豪当局が警告 【シドニーAFP=時事】オーストラリアの保健当局はこのほど、エイズウイルス(HIV)に感染したと診断さ . . . 本文を読む
コメント

クリスマスイブの話題 

2011-12-25 19:45:50 | バリ
話題1 お国のクリスマス なじみのワルンではクリスマスの話題で盛り上がっている。 「日本ではクリスマスは祝うのかい」と北欧から来た男が尋ねてくる。 「クリスチャンは少ないけど宗教には関係なく盛り上がるよ。カップルはディナーに誘ってプレゼントなどを交換する。ちょっと不思議な感じがすると思う。新年には初詣に出かけるが、こっちは神道だからやや宗教的かな。気持ちの上では新年のお祝いや初詣の方が断然重 . . . 本文を読む
コメント

見事な虹が

2011-12-24 19:35:56 | バリ
にわかに豪雨が降り注いだが日は射していた。こんな時は虹がかかると期待していたら見事な虹が中天にかかる。 . . . 本文を読む
コメント

バツ・ジンバールでナシチャンプールを

2011-12-20 17:30:40 | バリ
ナシ・チャンプールは一皿の上にナシ(ごはん)を中心にして各種の肉や魚に調理した野菜それにバリのえびせんべいであるクルップが必ずついてくる。チャンプールという言葉は沖縄のチャンプルにも似ていてルーツがどこかでつながっているらしいのだが、なによりこの語感が気に入っている。これをレストランでオーダーするとその店その店で味の工夫があり楽しめる。最近はもっぱら昼食時の外食特にはナシチャンプールをつれあいと二 . . . 本文を読む
コメント

雲のかからないアグン山が

2011-12-19 17:51:34 | バリ
昨夜は本格的な雨季らしい雨が一晩中降り続いた。窓を開けたまま寝ると少し肌寒いほどで、気持ちよく眠れた。今朝は曇天にもかかわらずアグン山に雲が全くかかっていない。こんなアグン山は2年近くの間に初めてお目にかかる。この写真の左、つまり西にも大小の山並みが広がりバリの地形が一望できる珍しい日となった。 この風景をみると、たしかにバリ島は北側に山脈の壁を容し、その山脈が南に緩やかに、ならだかに延びて . . . 本文を読む
コメント

相変わらず続く狂犬病の危険

2011-12-18 10:34:17 | バリ
バリでは犬の放し飼いは当たり前のことで、狂犬病の危険が喧伝され始めてからも放し飼いは一向に改まることは無い。サヌール海岸沿いの歩道を自転車で送り迎えする間に必ず10頭前後の犬の放し飼いを見る。首輪をつけているのもあればつけていないのも。ごくまれに吠える犬がいるが、ほとんどは舗道に寝そべっていたりしておとなしい。しかしやはり幼児を連れていると、足元に犬が近づいてくると気持ちが悪いことおびただしい。何 . . . 本文を読む
コメント

Nikko bali 弁慶で和食を堪能

2011-12-17 22:38:43 | バリ
バリに住んで既に3年、毎日楽しく暮らしているが人間とかくないものねだりをしたがるもので、旨い和食特に魚介が喰いたいとの気持ちがいつも有る。旨い果物や豚、野菜などが手に入るのでそれはそれで楽しんでいるし、それなりに和食のお店でもおいしくいただくのだが、気に入った寿司屋でしか味わえない魚介の感動はバリではついぞ味わったことがない。魚介の感動などもちろん日本でも月に一回行けばよい方なのだが、3年に一度も . . . 本文を読む
コメント

バリズーに行ってきました

2011-12-12 20:45:08 | バリ
動物園バリズーに行ってきました。バリサファリに比べて素朴な動物園の良さがあります。いずれの写真も鳥や植物の名前がわからないので解説はありません。色彩の鮮やかさに魅かれてとったものばかりです。 . . . 本文を読む
コメント

折々の花

2011-12-10 17:37:46 | バリ
道端の塀につる性の茎が伸びて小さな花弁の花が咲いている。気になっているのだが名前がわからない。 森の異界に紛れ込んだのかと思った。 スパイダーリリーが最高に美しい瞬間だ。すぐにしおれはじめて退廃が進む。 これも気になる白い花。アジサイの一種かもしれない。 バリの人が好んで盆栽にする花。     . . . 本文を読む
コメント

バリ 今日の食卓

2011-12-08 21:32:31 | バリ
昨日はハイパーマートで蟹と魚卵それにすぐきを購入した。まずはすぐき、かぶの一種を発酵させてつくる酸味のある京都の漬物で、私の大好物だが、バリでは縁のないものと諦めていた。ところがなんとなく姿形の似ているものがプラスティックに入って陳列されているのを発見したのでダメもとで買ってみた。 結果は大正解で、発酵の酸味があり、あのすぐきの味がする。中華系インドネシア人が好んで食べるのだろうか。容器には . . . 本文を読む
コメント

通りがかるとバンド演奏が

2011-12-05 14:23:30 | バリ
いつもの海岸舗道を娘を乗せて走っているとバンド演奏が聞こえてきた。自転車を止めて少しの間聞き惚れる。生の音楽に飢えているので彼らの演奏する音色と音楽がすごく胸にしみた。特に左端の小ぶりのサックスがなんとも。テレマカシ!   . . . 本文を読む
コメント

ホーキングとドストエフスキー

2011-12-04 11:49:58 | カラマーゾフの兄弟
ホーキングの死生観がこの間から気になっている。以下の①のようなコメントを何回か目にしているからだ。一方、ドストエフスキーも「カラマーゾフの兄弟」の中でホフラコーワ夫人に②のセリフを述べさせている。時空を離れてこの考え方はいつも表明される事が面白い。私?もちろん来世も過去世もあると考えています。 ①(CNN) 英物理学者、スティーブン・ホーキング博士(69)が英紙ガーディアンとのインタビューで、天 . . . 本文を読む
コメント

遠き山に日は落ちて

2011-12-02 22:16:40 | バリ
一日の終わりに三歳の娘を連れて散歩する。ところどころ茜色にそまる雲に見とれる。 日の終わりには雲も気を緩めていろいろな表情を見せる。 夕暮れに憩う人々も雲の下で穏やかなひと時を 海面も夕暮れは豊かな表情を見せてくれる。 たちまち黄昏が深くなり、三日月が椰子の木の上に控えめな輝きを。 サンセットへとまっしぐらに急ぐ直前の輝き。   . . . 本文を読む
コメント