団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

サヌール食べ歩き マッシモ

2011-11-28 11:59:16 | バリ
このところマッシモに行く回数が増えている。暑いので食欲があまりないがしかし麺類ばかりでは力が出ない。そうなると口当たりが良くて充実感のあるマッシモに出かけることになる。イタリア人マッシモはまだ30代と見受けられるオーナー兼シェフだがさすが客足が多いだけのことはある。 カニ肉のたっぷりと入ったトマトパスタとルッコラとチーズの乗ったピザは欠かせない。それに前菜盛り合わせかサラダを取る。本当はワインか . . . 本文を読む
コメント

バリは雨季だが雨が少なく暑い

2011-11-26 15:58:34 | バリ
雨季なのだが雨が少なく、暑い日が続く。午後からは風が吹いてくるので多少過ごしやすくなりが、やはり暑いことは暑い。昨今は向かいのレンボガン島やアグン山がくっきりと見える日が多い。雨季にしては乾燥してそのために視界が開けているのかと思う。 階下ではテニスコートの改修工事が進んでいる。コンクリートを流しては平らにして固めるという作業を繰り返している。突然の雨ではコンクリートが固まらず、大変なことになる . . . 本文を読む
コメント

巣を持たない鳥の野営

2011-11-23 21:40:13 | バリ
滞在ビラの目の前に見える椰子の木には夕方になると無数の鳥、しかも同一種の群れが一夜の宿りのために飛来する。この写真はまだ密集度が足りない。次から次へと百羽程度が波状的に押し寄せて数千羽はいるのではないかと思える。それが何かの物音に驚いて飛び立っては又すぐに帰ってくる。落ち着きどころを探しているのだろう。やがて飛び立つ鳥もいなくなり、集団で眠りにつく。これがこの種の最も安全な夜の過ごし方らしい。 . . . 本文を読む
コメント

この看板笑える

2011-11-21 19:47:55 | バリ
買い物帰りに見かけた看板、これ実はタトゥ(刺青)の店です。no pain no gain(痛みを我慢しないとクールなタトゥは得られないよ) が秀逸です。もっともこの手の言い回しには事欠かないバリです。no money no honey(金がないと嫁さんもらえねえ) というのも昔からあります。いずれにしてもこの語呂合わせが旨い。 . . . 本文を読む
コメント

太陽の活動周期と株は無関係

2011-11-21 19:04:34 | 日常の風景
  今から40年ほど前に太陽の活動が平均で11年の周期で変動して、黒点の活動が最も激しくなると経済活動もそ れに比例して活発になると書かれた記事を読み、本当かなとの疑問をただすこともなく現在に至った。その後株式市場に興味をもったが、その時も太陽の周期がちらと頭をかすめたが、そのままにしておいた。そのうちに橘玲氏の著作で株に必勝法は無いとの分析があり、その中にテクニック分析と同時に太 . . . 本文を読む
コメント

返事をしないドライバーも

2011-11-20 09:54:41 | バリ
バリではタクシーに乗ることが多い。行き先を告げるとたいていは愛想よく答えるのだが、なかには無言で車を発車するものもいる。こういうときは気分が悪くなる。 玉村豊男が数十年前にパリに初めて出かけた折のことだ、あるカフェのバーでなにか軽食を頼んだが、相手は無視している。彼はなんだか悲しくなって出ようとしたら、頼んだ皿がでてきた。周りを観察していると、他のフランス人も皆、同じように返事も返されず、出 . . . 本文を読む
コメント

サヌール・ビレジ・フェスティバルが開幕

2011-11-19 00:45:24 | バリ
間もなく12時になろうと言うのにライブをがんがんやっている。広大な広場にテント村が立ち並ぶ。 望遠でとるとホンダのテントが見えた。 このフェスティバル火曜日まで続く。 しかしもう深夜だが部屋にまで大音量が聞こえる。いつもならとっくに寝ている時間だが、この音量では果たして眠れるかどうか。しょうがない、窓も閉めきってエアコンをきかせるしかない。 . . . 本文を読む
コメント

偽札騒動

2011-11-18 21:51:47 | バリ
最近はランチを食べ歩いている。正確には自転車なので歩いているわけではない。タンブリンガン通りにあるGRASS HOPPER というカフェでナシゴレンを食べて支払いをする段になってハプニングが起きた。店内でスタッフがオーストラリア人のオーナーと支払った10万ルピア紙幣を見ながらなにやら相談している。「これは偽札です。ほらこの部分が他の紙幣と違うでしょ。触ってみても感触が違うでしょ」そういわれても何の . . . 本文を読む
コメント

マッサージとお国柄

2011-11-18 07:42:17 | バリ
バリでは週一回2時間のマッサージを滞在ビラで受けている。バリに来て以来の習慣になっている。つまり体が必要としているという事で私にとって非常に大事な生活の一部になっている。 振り返ってみるとこれまで日本、韓国、台湾、中国、タイ、カンボジア、モロッコ、インドネシア(バリ)の8か国でマッサージを受けたことになる。共通する点も多いが目立った違いもある。あえて違いを際立たせてみると。 日本 按摩系と指圧 . . . 本文を読む
コメント

ドン・ファンとランプータン

2011-11-16 22:33:16 | バリ
娘の送り迎えの際にいくなじみのカフェの常連で、よく世間話で言葉を交わすスペイン人のホセが数日振りで顔を出した。三大テノールのホセ・カレーラスと同名なのが自慢だ。心なしか頬はこけて「疲れた」を連発しているがなんだか楽しそうだ。「数日みなかったじゃないか。どこに行っていたの?」「スラバヤに言っていた。5スターのホテルに3泊したんだが、3人の女と会ったんだ。」とラテン系のあけっぴろげを絵にかいたような顔 . . . 本文を読む
コメント

サヌール食べ歩き sixpoint

2011-11-16 21:38:21 | バリ
サヌールのタンブリンガン通り入り口近くにあるsixpointにランチを。外人に人気がある。個性があって又行きたくなる味。 この仏像らしきブロンズについた苔の緑を撮りたくて。しかし思うようには色が出ない。本来はもっと鮮やかでシックな緑。抹茶の色。 正餐 (これはこの店のプレート紙に印刷されている図案だが、影絵芝居の主人公風の描き方が大好きでカメラに) ダンス 洗髪 求婚 . . . 本文を読む
コメント

日々の暮らし

2011-11-14 14:46:49 | バリ
以下はある個人的な会に近況として書いたものをベースに書いたものです。 バリで生活を始めて既に2年と8か月になります。その2年前に3か月滞在したのでほぼ3年を過ごしたことになります。どんな暮らしをしているかを参考に(ならないかもしれませんが)書き記してみます。<子育て> 娘は今3歳8か月で、異国での子育てが私の生活のある程度をしめます。一日の生活のざっと20%程度が子育てでしょうか。 私の . . . 本文を読む
コメント

記憶の断片 「おくんなせー」のペンキ屋

2011-11-13 19:32:21 | 回想(幻視する記憶)
生まれ育った大阪・箕面の家の近くに江戸っ子の爺さんと婆さんが小さな部屋を間借りして住んでいた。4,5歳の頃だから既に60年近い昔の話になる。夫婦ものかどうかは知らないが、しっかり者で気象の激しそうな、いつもこめかみに梅干を張った落語の長屋に出てきそうな婆さんと、銭湯では背中一面に立派な彫り物を見せつける腕の良いペンキ職人である爺さんは今から回想するとわけありそうではないか。その昔、男と女の関係で東 . . . 本文を読む
コメント

ビラの新築祝セレモニー

2011-11-11 17:38:18 | バリ
滞在ビラの新棟が完成し、そのウバチャラが行われた。朝9時半から新棟の前では。 いつものビラスタッフもバリ伝統衣装に身を固めていると顔つきまで変わり別人格のようだ。特に練習はしていないのにゴングや太鼓に金属の琴まで奏でられる。子どもの時から村で覚えるのだろうか。 家寺では既に高僧による花などへの聖水のふりかけが始まっている。 セレモニーの後のご馳走を準備するサテ・カンビンのプロ。サ . . . 本文を読む
コメント

バリで焼豚

2011-11-09 12:54:27 | バリ
ローカルマーケットで豚肉のかたまり2キロを買い、バーベキュー設備で遠火で4時間かけて焼き上げた。 味見をしてみると上々。 林望氏が牛より豚の方が旨いと書いていたが、そう思っても不思議ではない。確かに美味い。 . . . 本文を読む
コメント