団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

人身事故の費用請求とお国柄

2011-10-31 08:02:59 | バリ
知り合いのスエーデン人は元鉄道の運転手の経歴があるという。彼は運転手時代に飛び込みの人身事故を三回経験したという話をした。日本では家族が事故の後始末代に相当な金額を請求されるという話を紹介すると彼はたいそう驚いていてそんな話は聞いたことがないという。この会話に参加していたスペイン人に聞いても、お国ではそんな請求はやはり聞いたことがないという。さらに冬山などで遭難して救難ヘリなどを飛ばし、大規模な救 . . . 本文を読む
コメント

昨日からADSLが早くなった。

2011-10-29 11:51:15 | バリ
昨日youtubeが滞ることなく見れることに気がついた。いつもはスムースに映像が流れることは無く、いらいらしながら見ることになるが、昨日は最後まで一気に見れた。バリ島ではここ1年ほどでは珍しいことだ。特に気に掛けることもなくいたが、今朝ご近所さんから「インタネットの速度が昨日から早くなりましたね」といわれ、そういえば昨日から早くなっていると自覚した。 早速USENの速度測定で測ってみると我が家契 . . . 本文を読む
コメント

プール友との雑談 三大テノールのうち二人はスペイン人

2011-10-27 21:47:19 | バリ
今日は何をしていた?とあいさつ代わりの質問があり、プラシド・ドミンゴを今日の午後は屋上で聞いていたよ、「穏やかな夜には」「女心の歌」から「誰も寝てはならぬ」までのベルディ―やプッチーニのアリア集だ、屋上は誰もいないので大きな音量でオペラを聞くには最適だと答えると、さっそくスペイン人のプール友から「プラシド・ドミンゴとホセ・カレーラスはスペイン人だよ、三大テノールの二人まではスペイン人なんだと . . . 本文を読む
コメント

雨季に入って本格的な雨は一回きり

2011-10-26 23:39:37 | バリ
9月から暦の上では雨季に入ったのだが、今日まで本格的な雨が降ったのは一度しかない。後はほんのお湿り程度が数回しかない。しかも連日暑い日が続く上に風がない時間帯が割合多い気がする。季節の変わり目は東北の風から南西の風に切り替わるそうだが、そのはざまにあるためか涼風がすくないので夜は暑くて寝苦しい。 我が家のブーゲンビリアはコンクリート製の鉢植えなのだが、乾季の時は水やりに気を使った。三日に一度と決 . . . 本文を読む
コメント

バリに近頃咲く花は

2011-10-24 22:17:20 | バリ
「この花の名前を知っていますか」と周りのバリ人に聞くが誰もしらない。通りがかりの女性がユリの一種ではないかと答えてくれたが、私はアイリスの一種に思える。この色はやはりバリの色です。 同じ花がプレイスクールの庭にも咲いていた。この月の花なのか。雨季に入った直後に咲くものなのだろうか。 これは大好きな矢車草に見えるが自信はない。プレイスクールの庭に咲いていた。 . . . 本文を読む
コメント

プールでの会話 ときおり心霊現象・宇宙・神などがテーマに

2011-10-24 11:16:36 | バリ
ある日のプールでの会話より。 娘を連れて定例の夕暮れ時スィミングにやってくると、既にプールに浸かっていたプール友の間でなにやら議論が始まっている。霊を見たことがあるかという話で盛り上がっている。亡くなった祖父の姿を見たとある人は語り、ある人はかつて住んだ家で起きた不思議な話をする。遠い昔のある日の深夜に起きたラップ音の話で、確実に目覚めていた時にいきなり家の上方から大きなドーンドーンという音が聞 . . . 本文を読む
コメント

バリ滞在中の我が家の食生活

2011-10-23 22:08:53 | バリ
バリ滞在中の食生活は一体どうなっているのだろう。 まずは朝食。バタつきパンもしくはパンケーキ(小麦粉 卵三個 牛乳適宜 時にチーズを混ぜ込む。焼き上げた後にスマトラ産の本物はちみつやブルーベリージャムをかける) ゆで卵(但し、パンケーキの時はゆで卵はなし) トマトスープ(バーベキュー設備で2時間ほど遠火で焼いたものを冷凍しておき、塩とオリーブオイルを入れて温める。トマトの味が濃くなって旨い) 紅 . . . 本文を読む
コメント

人の祈る声はかくも似ている

2011-10-19 23:04:38 | 日常の風景
南無・・・仏教の祈りである、お題目や念仏の最初に発生する。帰命するという意味だとあるが、僧侶の読経を聞くと母音だけが強調され「あーん」と聞こえる。 アーメン・・・キリスト教の祈りで、これも母音だけだと「あーん」。 オームあるいはオム・・・ヴェーダを基本とする様々な宗教や宗派の祈りに発声される。 阿吽・・・仏教の呪文(真言)の1つでやはり「あーん」。 . . . 本文を読む
コメント

桜に似ているが違う

2011-10-18 21:42:58 | バリ
タンブリンガン通りで見かける花木は薄紫の花をつける。一見日本の八重桜にも見えるが色は明らかに違う。 アップで見るとますます桜に見えてくる。なんと言う名の花木だろう。 . . . 本文を読む
コメント

ウォーターパレス バリで最も美しいかもしれない

2011-10-17 17:47:01 | バリ
王の避暑地だと案内されたこの水と庭園の構築美はバリでは唯一ではないか。 緋鯉も大きくて立派で洗練されている。水も澄んでいて申し分ない。 池の中を遊歩できるように円形の石踏み台が適度な感覚で置かれている。 後ろに見える石組の太鼓橋もバリでは珍しい。   . . . 本文を読む
コメント

アメッドで塩田を見る

2011-10-17 14:24:16 | バリ
アメッドの最終日は塩田を見学する。アメッドは言わずと知れたバリ三大名塩のひとつで、おいしい塩の産地だが、今まで塩田は遠い昔に香川の塩田を見学したのみでようやく念願がかなった。老女がレーキ状のもので海水を含んだ砂をかき混ぜている。こうすることで蒸発を促し塩水の塩の濃度を高める。いくつもあるがそれぞれ色が異なるのは乾燥工程の途上がことなるためだろう。 これは本来順序が逆だが、海水を砂の上にかけた . . . 本文を読む
コメント

アメッドで夕方ジュクンに乗ると

2011-10-17 14:09:57 | バリ
夕方5時にジュクンに乗ってアメッド湾内をクルージングすることに。家族三人と船頭で計4人がのるとこのちいさなジュクンは身動きができないほどになる。湾内も近場は波がほとんどないが、1キロも離れると少し波だって、からの小さな船で幼児を連れているために少し怖くなってそうそうに近場にとって返すことにした。浜に見える白いものはすべてジュクンで、早朝4時から5時にかけてこのほとんどすべてが出漁して8時から9 . . . 本文を読む
コメント

アメッドの早朝 漁師達の出漁風景

2011-10-15 12:23:44 | バリ
早朝4時に一番鳥が鳴き、海岸に人の声がし始める。まだ空には星が輝き、あたりは暗いが徐々に人の影が増えていくのがわかる。漁船に網を積み込み、大勢で協力して肩に背負って船を海に入れる。労働と言う言葉の始原そのものが太古からこの早朝に鶏鳴とともに繰りかえされる。佐伯祐三の漁師の絵を想起する。そのうちエンジン音が遠くで一隻の船から響き始めるが、よくみるとほとんどの漁船が帆の総力だけで走っていく。このあ . . . 本文を読む
コメント

アメッドにやってきた

2011-10-14 20:00:04 | バリ
今年の3月にはじめて訪れたアメッドはさんご礁が海岸ちかくまで迫っていて魚も浜のすぐ近くで見ることができる。スノーケリングの楽しみを思い出して今日再びやってきた。以前宿泊したよりもさらにアメッドの村を深く入ったあたりからまたホテルやレストランがたちならぶ集落があり、今回はこの場所に宿をとった。 さっそく3歳半の娘をつれて海にはいるが、プールでは平気な水面への顔つけを嫌がる。それでも前回は海に入 . . . 本文を読む
コメント

今日は大きな地震が

2011-10-13 22:40:50 | バリ
午前11時20分ごろ、突然ドンドンといった感じの低音とともに縦揺れ横揺れが始まった。バリに滞在して約三年になるが初めての大きな揺れに驚く。しかしさらに驚いたのはお手伝いのアウナで、血相変えて飛んできて三歳半のわが娘を小脇に抱えるや否や廊下に飛び出していき、さらに階段を一気に下におりてしまった。そして目を離したすきにどこに行ったのか二人の姿が見えない。ビラの中を探し回ってもいないので部屋に戻ると既に . . . 本文を読む
コメント