団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

源氏物語 与謝野晶子 読書メモ6 暗喩と風土と人の感性

2009-12-31 12:17:57 | 映画・音楽・読書・宗教
この春はたれにか見せんなき人のかたみに摘める峰のさわらび 山里の松の蔭にもかくばかり身にしむ秋の風はなかりき をみなへし萎れぞ見ゆる朝露のいかに置きける名残なるらん おほかたに聞かましものを蜩の声うらめしき秋の暮れかな 荻の葉に露吹き結ぶ秋風も夕べぞわきて身にはしみにける 自然の暗喩があるから人の心が細やかなのか、日本人の心がもともと細やかなので、自然に暗喩を感じることができるのか。同じ . . . 本文を読む
コメント

源氏物語 与謝野晶子 読書メモ5 猫 鈴虫 富士山の煙

2009-12-29 19:41:45 | 映画・音楽・読書・宗教
『結局衛門督は望みどおりに女三の宮の猫を得ることができて、夜などもそばへ寝させた。夜が明けると猫を愛撫するのに時を費やす衛門督であった。人馴つきの悪い猫も衛門督にはよく馴れて、どうかすると着物の裾へまつわりに来たり、身体をこの人に寄せて眠りに来たりするようになって、衛門督はこの猫を心からかわいがるようになった。物思いをしながら顔をながめ入っている横で、にょうにょうとかわいい声で鳴くのを撫でながら、 . . . 本文を読む
コメント

NTT決算

2009-12-29 17:06:13 | 回想の新電電
NTT決算 営業利益、最終利益とも2けたの大幅減益 2009.11.9 21:34 NTTが9日発表した平成21年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比3・2%減の4兆9981億円で前年同期に続いて減収となり、営業利益、最終利益ともに2けたの大幅減益だった。固定電話事業の落ち込みに加え、携帯電話事業で1220億円収入が減ったことが響いた。  売上高が5兆円を切ったのは上期としては11期ぶり。営業 . . . 本文を読む
コメント

光ファイバーのシェア5割超に

2009-12-29 16:59:59 | 回想の新電電
光ファイバーのシェア5割超に ブロードバンドのネット接続で 2009.11.19 17:16 IT調査会社のMM総研(東京都港区)は19日、ブロードバンド(高速大容量)利用のインターネット接続サービスの今年9月末時点の契約数が3127万件(前年同期比155万件増)で、そのうち光ファイバー回線は1655万件(同247万件増)と全体の53%を占め、初めて過半数を超えたと発表した。  インターネットで . . . 本文を読む
コメント

源氏物語 与謝野晶子 読書メモ4 蛍の光のプレゼント

2009-12-27 19:32:06 | 映画・音楽・読書・宗教
『源氏は夫人の幸福を祝った。うす氷解けぬる池の鏡には世にたぐひなき影ぞ並べる』 二人は薄氷の張る池の畔に立った。氷には二人の姿が、新春に描いた肖像画のように、そこに映っていた。 『春の御殿の庭は平生にもまして多くの花が咲き、多くさえずる小鳥が来て、春はここにばかり好意を見せていると思われるほどの自然の美に満たされていた。』 春が好意をみせる。春が主語になる。同じように厳冬が悪意をみせる、秋が . . . 本文を読む
コメント

源氏物語 与謝野晶子 読書メモ3 美しい朝ぼらけ

2009-12-19 11:27:20 | 映画・音楽・読書・宗教
『二十幾日の月が出てまだここへはさしてこないのであるが、空には清い明るさが満ちていた。書司に保管されてある楽器が召し寄せられて、中納言が和琴の弾き手になったが、さすがに名手であると人を驚かす芸であった。帥の宮は十三絃、源氏は琴、琵琶の役は少将の命婦に仰せつけられた。殿上役人の中の音楽の素養のある者が召されて拍子を取った。稀なよい合奏になった。夜が明けて桜の花も人の顔もほのかに浮き出し、小鳥のさえず . . . 本文を読む
コメント

シンガポール 食事事情

2009-12-18 18:28:18 | 記憶の食欲
2泊3日でシンガポールに行ってきた。ビザの取得が目的だったが、ついでにバタフライパークやオーチャード通りをぶらついた。今回はクリスタルパレスの中華が一応の目的だったのだが、お腹の事情でキャンセルすることになった。連日(といっても2日だが)スープの麺(つまりラーメン)やシュウマイなどを食べ過ぎて、味覚的アレルギーになったのか、二人とも中華風の匂いをかいだだけで気持ちが悪くなる状態に陥った。 以下は . . . 本文を読む
コメント

シンガポール バタフライパーク

2009-12-17 00:01:40 | バリ
シンガポールのセントーサ島にある蝶のパークに行ってきました。 1蛾と蝶の種としての分類は無いそうだが、これは蛾に見えるかもしれない。鳥の尾のような模様が面白い。 蝶の模様は擬態で敵から逃れるために意味がある。これは鳥に見せかける? 2 これは蜂に見せかけている? 3 これは白い花にまぎれるため?あるいは光の反射にまぎれる。 4 これは葉の色にまぎれる。 5 孵化したばかりの蝶 これは蘭 . . . 本文を読む
コメント

幼児との生活 1年10ヶ月 泳ぎたいときは平泳ぎのしぐさ

2009-12-15 22:56:25 | バリ 娘の成長記録
昨日で我が家のべビは1年10ヶ月。 すねる…食事どきにグラスに飲み水やジュースを入れてやると手を突っ込み洗いたがる。おまけにベビーチェアのテーブルを水浸しにする。しかると顔を横に向ける。 これはすねるという感情でしょうね。 怒る…危険なもので遊んでいるときに取り上げたりすると、意のままにならないので怒る。右手を上げて振り下ろすしぐさをします。なにかに当たると手が痛いだろ . . . 本文を読む
コメント

源氏物語 与謝野晶子 読書メモ2 盥へ星が映ってきた幸福

2009-12-14 11:59:43 | 映画・音楽・読書・宗教
『寄りてこそそれかとも見め黄昏れにほのぼの見つる花の夕顔』 黄昏の夕顔花の美と山桜がこの物語のもののあはれを象徴する。 『五十六億七千万年後の弥勒菩薩出現の世までも変らぬ誓いを源氏はしたのである。』 五十六億七千万年変らぬ誓いは凄い。 『源氏を形どった物を作って、瘧病をそれに移す祈祷をした。』 病を人形に移す。こんな祈祷があったのだ。   『面かげは身をも離れず山ざくら心の限りとめてこしかど』 . . . 本文を読む
コメント

源氏物語 与謝野晶子 読書メモ1

2009-12-12 13:10:27 | 映画・音楽・読書・宗教
神様があの美貌に見入ってどうかなさらないかと思われる光源氏の美貌。神様も嫉妬する美貌とは凄い。『舞い手が歌うところなどは、極楽の迦陵頻伽の声と聞かれた。 「神様があの美貌に見入ってどうかなさらないかと思われるね、気味の悪い」』紅葉賀 源氏物語とは恋と呪詛と死の物語なのか。 『桐壺の更衣へ休息室としてお与えになった。移された人の恨みはどの後宮よりもまた深くなった。』桐壺  『どんな呪詛がおこなわれ . . . 本文を読む
コメント

村上春樹 「1Q84」 ほうほうと別のリトルピープルがはやした

2009-12-10 17:16:07 | 映画・音楽・読書・宗教
ネバーエンディングストーリーのように、書かれた本の中の物語が現実になる。そのような世界を描いている。そこでは、「どのような現実が比喩をまねたりするだろう」というありえないことが実際に起こる世界。この奇妙な創作をすることで「たぶん新しい小説を書き始めたあたりだ。母親の亡霊はそのあたりを境にして、かれの周りをうろつくのを止めたようだった。」 長年、天吾を苦しめた悪夢のような「母のイメージ」が消える。 . . . 本文を読む
コメント

バリ 蝶々 12月の花 海岸の祠

2009-12-08 10:18:20 | バリ
散歩の途中、蝶々が飛んできた。白い丸を黒地にくっきりと浮かべた珍しい模様だ。(もっとも、こちらではありふれたものかもしれないが) 12月になると、「12月の花」があちこちで満開になる。バリの人に尋ねると、December flowerと教えてくれた。俗称だろう、本名はしらない。 祠に似ているので勝手にネーミングした。家の角に立っているのはよく見かけるが、海岸にあるのは珍しい。木の横に人がたたずんで . . . 本文を読む
コメント

原口総務大臣へNTTが献金 大臣はNTT出身

2009-12-07 12:43:25 | 回想の新電電
2ヵ月ほど前になるが、下記のニュースが目を引いた。単なるミスと言うよりは、なにかしらNTT寄りの献金を粉塗したい動機が働いた感じがする。 10月3日7時58分配信 産経新聞  原口一博総務相が代表を務める政党支部「民主党佐賀県第1区総支部」が昨年10月、NTT労働組合の政治団体「アピール21」(東京)から500万円の寄付を受けながら、平成20年分の政治資金収支報告書に記載していないことが2日、 . . . 本文を読む
コメント

村上春樹 「1Q84」 読書メモ その3

2009-12-06 23:16:50 | 映画・音楽・読書・宗教
「自我がはっきり確立される前に、・・・その世界を離れれば、一般社会に同化できるチャンスは十分ある。でもそのチャンスを逃してしまうと、あとは「証人会」のコミュニティーのなかで、その価値観に従って生きていくしかない」 青豆は自我がはっきり確立される前にその世界を離れられなかった。しかし、その後で離れた。結果は 「あなたは死ぬのが怖い?」と老婦人に聞かれて「とくに怖くはありません。私が私として生きて . . . 本文を読む
コメント