団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

転職のはざま ヨーロッパ旅行その6

2009-01-28 01:04:21 | 旅(世界編)
(2013年9月24日加筆) 1990年8月9日朝フランクフルトに着く。カイザー通りを散策する。テレホンカードを購入したいのだがどこにも売っていない。睡眠不足のせいでこんなことにもいらつくことになる。うわさに聞いていたとおり、両替屋の態度の横柄なこと。商売とは思っていないのかも。朝の9時というのに客を引く女がいる。歴史博物館の裏手のレストランで食事をする。19DM。 フランクフルト市立美術 . . . 本文を読む
コメント

転職のはざま ヨーロッパ旅行日記その4

2009-01-23 13:23:56 | 旅(世界編)
1990年8月6日 QuinperからLemans Toursを経てNanteへ。Toursで自転車を借り古城巡りをしようと考えたのだがお客が多いらしくなかなか順番が回ってこないのであきらめる。歩いて市内を見て回ることにした。教会のようなホテルがあり、遠くには城が見える。バスによる古城巡りは翌日にならないとだめなのでこれも又あきらめる。あきらめることの多い街だ。 ToursからNanteまでの . . . 本文を読む
コメント

転職のはざま ヨーロッパ旅行日記その3

2009-01-19 18:19:56 | 旅(世界編)
1990年8月5日 ブルターニュ地方を列車の車窓から楽しむ。時折深い緑をたたえた川が見える。放牧牛がのんびりと尾を振りながら草をはんでいる。交尾している牛も。丸く巻いた干しわらが無数に点在し、カラスが上を飛び交う。たしかゴッホの絵で見た風景だ。 モンサンミッシェルに向かう列車がドルで時間待ちとなる。5時間半の待ち時間があったので街を何気なくぶらついてみることにした。期待していなかったのだがこの . . . 本文を読む
コメント

転職のはざま ヨーロッパ旅行日記その2

2009-01-18 13:09:22 | 旅(世界編)
1990年8月1日 パリ St.Lazare駅到着 案内は有ることはあるのだが、Londonほど親切ではない。トイレに入ろうとするといきなり有料で硬貨を持ち合わせていない。こんな時は少々いらつく。 余りうろうろしたくなかったので駅のすぐ近くのホテルAUSTIN'S HOTELに泊まることにする。134フラン。マダムはラテン系の美女。カルメンはこんな風な女かなと頭をよぎる。部屋は道路に面しており、 . . . 本文を読む
コメント

乳児との生活 11ヵ月

2009-01-16 10:49:51 | バリ 娘の成長記録
半月前は何歩歩いたか数えていたのだが、もう部屋の端から端まで何気なくあっさりと歩いてしまうようになった。もっとも端から端まで5メートルも無いのですが。 体重も身長も最近は以前に比べてあまり関心が無くなった。見ていれば順調に育っているとわかる為でしょう。 食事は何でも食べられるようです。昨日はパンにハムをおそるおそる食べさせてみたが何ともない。今朝からゆで卵の黄身も一個分をあげてみるが平らげる。 . . . 本文を読む
コメント

「通信プラットホームの将来像 」セミナーメモ その2

2009-01-14 10:42:39 | ネットビジネスお役に立てれば
4 ARPU(携帯加入者当たり平均収入月額)が驚くほど下がっていることにも改めて驚きました。日々のニュースで知ってはいるのですが、こうしてグラフで数字を見せられると凄い。2001年の8235円から2007年の6301円まで実に24%も下がっています。ソフトバンクの携帯事業参入で下がったのかなとも考えたのですが、2001年から400円、300円、500円等年々コンスタントといってよい額が下がっていま . . . 本文を読む
コメント

「通信プラットホームの将来像 」セミナーメモ その1

2009-01-13 22:45:13 | ネットビジネスお役に立てれば
ブロードバンド推進協議会主催の携帯事業に関する講演会に出向いてきました。目的は総務省の谷脇さん(情報通信国際戦略局 情報通信政策課長)の話を聞くところに有りました。他にパネルディスカッションもありましたが、あくまで今回の目的は前者でした。 田町の笹川記念会館に着くと既に講演は始まっていましたが、まだ直後のようです。通信会社を3年前に退職した後はこうしたセミナーを聞くことは無かったので新鮮な興味を . . . 本文を読む
コメント

残念だね 旧友も選挙の票にしか見えない連中

2009-01-13 10:18:39 | 日常の風景
バリに滞在したり、他の国の旅行中であったり、ケースは色々なのだが、時々嫌だなと感じることがある。いやむしろ、がっかりするといった方がふさわしい。親切でしてくれるのかと思っていたら実はお金が目当てであったと後でわかるときがあります。つまり人の顔がお札に見える。もちろん旅先で無償の親切に出会えることの方がはるかに多いのですが。 20年ほど前にバリに旅行したときのこと、バリのデンパサールにある博物館に . . . 本文を読む
コメント

庭の風景 金魚の冬眠

2009-01-12 20:54:33 | 日常の風景
マンションの庭からみる周りの林が午後の日を受けて、新鮮な印象を受ける風景を展開してくれる。 背の高い山桜のシルエットと雲の対比が面白い。成人の日の振り替え休日のせいだろう、いつもより一層空気が澄み、午後の格好の日差しと相まってこのような風景を提供してくれる。 遠くの町並みが日の加減でなにやらなつかしい色調を帯びた。暖かそうで帰り着きたい家々に映る。 前方に見えるフェンスの向こうが尾根道にな . . . 本文を読む
コメント

初めての転職 その3

2009-01-10 17:59:43 | 回想の新電電
内諾を得たので会社への退職届けを出すために上司のFさんの席に行き「ちょっと折り入ってお話があります」と言う。怪訝な顔をこちらに向けたが、普段の話でないことは分かったようで、誰もいない会議室に二人で入る。上司のFさんは立場上だと思うが引き留めにかかる。先輩で他社に転職して余り上手く行っていない例をいくつか出して説得してくる。Hさんは日本勧業銀行に転職したが結局お飾りだとか。しかしHさんの例は余りに . . . 本文を読む
コメント

初めての転職 その2

2009-01-09 11:12:25 | 回想の新電電
誰もいない受付で呼び出しコールを掛けるとまもなく人事の女性社員が迎えに来た。大会議室に通され、少し待つ。大きな窓枠からは東京の都心が展望できる。7年ぶりの東京オフィス風景だな。7年前あれほど故郷の大阪に帰りたかった気持ちは一体何だったのだろうと自問してみる。恐らく鮭の生まれ故郷の川に戻る回帰本能みたいなものだろうなどと考えていると、いきなりかなり大きい鳥が窓をよぎる。36階にも鳥は飛んでくるのか . . . 本文を読む
コメント

初めての転職 その1

2009-01-08 14:23:50 | 回想の新電電
友人のS君が三菱商事から日本高速通信に出向して数ヶ月経つ。彼と一杯飲むことになった。彼と会うときはいつも北の繁華街にある三菱商事専用バーに行く。ここは雰囲気の割に社員割引が効いているので料金はリーズナブルだが、それ以上にゆっくりと話ができるのが良い。 3年半にわたった仕事が一段落した。しかしこのまま同じ会社にいる限りは先が見えている。その内又数年がかりの大がかりなシステム開発を任され、その繰り . . . 本文を読む
コメント

フィクション的回想・システム開発日記 その11

2009-01-05 11:17:59 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 ようやく新システムサービス開始。この3年半は苦しい道のりだった。現行システムだけでも大きなシステム変更をいくつも経験した。その上での新システムサービス開始。ようやく肩の重荷がとれる。42才にして精魂使い果たした感あり。 今望むこと。 深夜の呼び出し電話の無い仕事につきたい。 目標がせめて3ヶ月程度の短期の仕事につきたい。 今祈ること 東京でプロジェクト開発を推進したAさんが . . . 本文を読む
コメント

フィクション的回想・システム開発日記 その10

2009-01-03 08:36:38 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 東京の学園で一緒に研修教育を受けたA君と会社の廊下で会う。すでにそのときから15年は経っている。A君は東京での生活を嫌がり早々に大阪に帰りこの地で勤務している。 A君はノストラダムスの大予言や東京に大地震が来ることを確信し、とにかく大阪に帰ることにしたのだという。 私も1970年代の東京の地震の多さには怯えた。とにかく三日にあげずガタガタと揺れる。社宅は堅牢に作ってあるとは聞 . . . 本文を読む
コメント

フィクション的回想・システム開発日記 その9

2009-01-03 04:40:59 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 システム総合試験は順調にいっていない。このままではサービス開始に間に合わない。上司のAさんに休日にもかかわらず自宅に連絡する。冷静に報告を聞かないで怒り狂う。 午後 判定会議。自宅からAさん会社に到着。会議開始後1時間はAさんの怒り発散の場に。ここは黙って聞くしかないが、人間性を疑う。様々な報告の結果サービス開始を三ヶ月遅らせることに決定。なかなかつらい決断だが止むを得まい。 . . . 本文を読む
コメント