団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

サラリーマン回想日記・嘘と真実 その5 いろいろな飲み屋

2008-11-29 22:34:48 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 A君が担当する某県某大学某教授から、国から研究開発費が下りたのでデータベース作成の依頼有り。見積もりを出す。 198x年x月x日 課員のA君を通じて、発注するが個人的に研究援助費をもらえないかとの相談有り。これってリベートじゃないか。それはできないと断る。この世界ではリベートが当たり前なのかと驚く。 198x年x月x日 丸善から不思議なデータベース「MUNPS」が発売されて . . . 本文を読む
コメント

「アラビアのロレンス」理想は肌の色以上の限界を越えることはできない

2008-11-29 12:24:01 | 映画・音楽・読書・宗教
「アラビアのロレンス」227分の完全版を見た。3時間47分かかり、見終わったのは夜中の2時過ぎてしまった。何回か見た記憶はあるのだが、途中で寝たりしてあまりしっかりと印象に残っていなかったのだが今回は眠らずにしっかりと見ることができた。 1.ロレンスはイギリス軍の正規将校だが第一次大戦が始まって2年目の1916年、アラブの自由を勝ち取るという理想と砂漠の清潔さが大好きでアラビアにのめり込んでいく . . . 本文を読む
コメント

サラリーマン回想日記・嘘と真実 その4 コンサル料請求で顧客に叱られる

2008-11-27 11:49:22 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 設備利用料とソフト作成料・コンサル料の分離方針が打ち出される。多くのユーザは個別のソフトを開発して毎月の設備利用料で回収している。これが分離されるので混乱は必至だろう。幹部と営業が手分けして主な顧客を回って説明するそうだがスムースに行くかどうか。 198x年x月x日 大手家電A社Bさんより今後のシステム利用に関して相談したいとのこと。A社に信頼の厚いC君を連れて伺う。受注シス . . . 本文を読む
コメント

サラリーマン回想日記・嘘と真実 その3 専用端末

2008-11-26 01:41:19 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 当方これまで銀行システムと社内システムしか知らない。新任の仕事は専用端末のよろず相談担当だ。いくら何でもすぐには肩書き相当の仕事は無理だ。部下の一人のA君は「ACK NACKもしらないのか」といった風な顔を露骨に向けて来る。とりあえず全二重・半二重の通信方式の基礎から勉強を始めることにしよう。ACK NACKなど一夜漬けの試験勉強で覚えたことは有るが、とても実戦に役立つ代物では . . . 本文を読む
コメント

サラリーマン回想日記・嘘と真実 その2 金曜日の楽しみ「あらた」

2008-11-24 23:53:33 | 回想のNTTデータ
198x年x月x日 友人のI君に旨い和風もつ料理の店に連れて行って貰う。彼の事務所の近くにあるために夕食代わりに利用していたという。店の名前は「あらた」で、主人夫婦で店を切り盛りしている。全席で10人も座れば一杯だが、席の空く暇がない。かなり早めに店に着いたのだがあっという間に席は埋まった。 最初にもつ煮込みが突き出し代わりで出てくる。大きな銅鍋にきれいに下ごしらえされたもつがふっくらとした泡を . . . 本文を読む
コメント

うどん屋の匂い 池田市石橋の原風景

2008-11-19 08:57:37 | 回想(幻視する記憶)
うどんは大好きでほぼ毎日といってよいくらいに食べる。昼時になると仕事の手を休め、冷凍庫から讃岐うどんを取り出し、大鍋に茹でて鰹と昆布のきいた関西風の出汁で食べる。讃岐うどんは香川県観音寺の生麺「将八うどん」が好みだ。これにできあいの薄揚げを煮付けたものを暖めてのせ、ネギなどをのせると立派なきつねうどんができあがる。うどんにあきるとパスタになるがとにかく昼は麺類が多い。 昆布は「素干し尾札部昆布」 . . . 本文を読む
コメント

好奇心の原風景 錬金術

2008-11-18 23:25:27 | 回想(幻視する記憶)
小学生にあがる前の記憶だと思う。まったく正確な記憶では無いことを承知の上で錬金術的好奇心の原風景を記してみると。 我が家の庭には硫酸を入れた分厚い瓶が置いてあった。ひょっとして実際は別のものかも知れないのだが何故か硫酸が入っていたと記憶しているのだが。私が生まれる以前になるが、父が銅やブリキを商っていた関係だろう。その他鉛や錫の棒状のものや大小の金ばさみ・金てこ・大小の木槌・レール型の鉄台・その . . . 本文を読む
コメント

美の原風景 乳母車からの桜

2008-11-17 12:10:24 | 回想(幻視する記憶)
何歳の頃か記憶は定かでは無い。桜の季節だった。家からかなりの距離を姉に乳母車に乗せられて来た。西国街道沿いに走る国道2号線を西に向かって歩いた。坂道であった事は覚えている。坂を登るにつれ桜の木が増えてくる。宴も花見酒も無い静かな丘の中腹までいって折り返し又ゆっくりと家に帰った。 姉は12才年上であったこと。桜の記憶が有ること。乳母車に乗っていたことを思い合わせると私は3才くらいか。 何年かに一度 . . . 本文を読む
コメント (2)

不思議の原風景 青空を眺めて無限の意味を考えた

2008-11-15 20:50:31 | 回想(幻視する記憶)
小学生低学年の頃、青空を眺めて無限の意味を考えた。あの空の果てにさらに別の空間があり、さらにその果てに又別の空間があり、それを何回繰り返してみても終わりが無い。このあたりで頭がくらくらしてきて中止する。不思議という三文字の言葉と実感が結びついた始まりの記憶。どこまで考えても無限の実態など把握できる訳がない。 考えられる事の限界を超えているから不思議という事は中学生になって知った。それでも尚一体ど . . . 本文を読む
コメント

乳児との生活 30秒一人で立つ

2008-11-14 22:04:22 | 日常の風景
今日から九ヶ月目に入ります。 体重は計っていないが感覚では恐らく9キロ近くにはなっている。(後日伊勢丹で計ると8.5kg)身長は70センチ程度か。身長も静止していないのできちんと測れなくなった。かなりの力で体をねじって起き上がる。心拍数108 呼吸数19 ソファやいすをつかんで、あるいは親の体をつかんで立ち上がるがその後手を放してしばらく立っている。このとき大変得意そうです。やはり独り立ち出 . . . 本文を読む
コメント

映画 ヒットラーの贋札

2008-11-13 21:57:03 | 映画・音楽・読書・宗教
原題 THE COUNTERFEITER 2007年 第2次大戦末期 ヒトラーはベルンハルト作戦と名付けた贋札作戦を実行する。相手国の経済を破壊するという口実だが、実際は外貨が底をついているための窮鼠猫を噛む作戦です。プロの贋作職人サリー(カール・マルコヴィックス)は生き延びるためにザクセンハウゼン強制収容所で贋作作戦に精を出す。一方印刷技師アドルフ・ブルガーは正義を主張して命がけのサボタージュ . . . 本文を読む
コメント

映画 皇帝ペンギン この世の神秘と真理

2008-11-12 16:12:06 | 映画・音楽・読書・宗教
皇帝ペンギンは抱卵も子育ても雌雄で半々に分担します。雌雄の違いは産卵だけのように見えます。雄を奪い合う雌同士の戦いは他の野生動物とは反対です。それぞれが交代で120日間飲まず食わずで卵あるいは雛を抱く。マイナス40度の地で子を産み育てるドキュメントです。 この映画を見ながら浮かんできた思いは、マイナス40度の厳寒下での種族維持の大変さも有りますが、感動の本質はその点ではありません。種族維持の大変 . . . 本文を読む
コメント

NTTデータ 草創期メモランダム12 当時の新人は

2008-11-11 12:50:23 | 回想のNTTデータ
1971年当時 配属されたチームには当時40名以上のスタッフが働いていたがメンバーは全員年上であった。年上といってもシステム開発の仕事上20代後半の若手メンバーが中心になって、きびきびと自信に溢れて働いていた。当初は私を含めた4名が新入りの下っ端ということで、来る日も来る日も膨大な量の、青焼きといわれるジアゾ感光紙をせっせとリコーのコピーマシンでコピーしていた。大量にこの感光紙に触れていると指先が . . . 本文を読む
コメント

NTTデータ 草創期メモランダム11 当時の息抜きなど

2008-11-10 15:36:03 | 回想のNTTデータ
1971年ころの職場は昼休みには囲碁が大流行で、食事もそそくさと済まし、いたるところで碁盤を囲んでいた。確かにこのゲームは中毒性があるほど面白く、やり始めるとこの時間が待ち遠しくなってくる。上司も同僚も大の囲碁好きが多く、いつも昼休みには早碁を数局打っていた。中にはめきめき上達してアマチュア五段にまでなった同僚もいた。 他の楽しみは漫画で、職場には当時流行っていたドオクマンの「嗚呼 花の応援団」 . . . 本文を読む
コメント

孫のお迎え

2008-11-09 11:24:09 | 日常の風景
託児所に孫の迎えにいくと孫が半泣きの顔でスタッフにだっこされて出てくる。ママ・ママとつぶやいている。前回の迎えのときは大泣きしていたが今回はややしずかだ。前回はいきなりだっこして連れ帰ったのでさらに大泣きされ、周りの人の視線を集めた。まるで拉致しているようだと疑われかねない。その反省をふまえて今回は5分ほど二歳の孫に説得を試みる。その効あってか拉致のようには泣き叫ばなかった。それにしてもだっこし . . . 本文を読む
コメント