団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

ぼてじゅ ぼてっと鉄板においてじゅうと焼く

2008-01-31 12:10:59 | 記憶の食欲
呉の中通りに「大阪風お好み焼き ぼてじゅ」と大きな看板が掛かっている。ここ呉は広島焼きの本場と言っていいのだがなぜかこの中通りにある店は大阪風と名乗り気になる店です。 私は大阪出身で連れ合いはこの呉の出、お好み焼きではいつもどちらが旨いのかで争いになり決着がつきません。一昨日はこの店に私と連れ合い、そのご両親と四人でやってきました。 「いらっしゃい」と白髪の見事な主人がテーブルにやってきた。か . . . 本文を読む
コメント

津田委員長の辞任 その4 (創作的回想)

2008-01-31 11:11:47 | 回想のNTTデータ
この事件の発端は山岸元委員長にまで遡るという。当時の理事長が無断で山岸氏の印鑑をついたというのだ。これも一般企業の感覚からはにわかには信じられない。しかしこの理事長が背任的行為をしたのが悪いので、山岸氏には特におとがめなしのようであった。 そのネット記事を見ている内にお昼になった。目の前をビラのスタッフのマデが通りかかった。 「マデ、バビグリンを二つ買ってきてくれないか」 「オッケー、マサオ」 . . . 本文を読む
コメント

津田委員長の辞任 その3 (創作的回想)

2008-01-30 10:31:32 | 回想のNTTデータ
津田さんの辞任の事実を知った2004年時点では全く別のストーリーが頭の中に浮かんだ。私と同じ職場に元NTTの平山さんがいる。昼食時にソフトバンクの社員食堂で焼き魚定食を食べながらその事実を語った。汐留の新築ビルに移ってきて26階には立派な社員食堂ができた。ここの焼き魚が好きで毎日のように食べている。 「平山さん、津田さんが情報労連の委員長を辞めたことは知っている。」 「いや、全く知らないよ。彼が委 . . . 本文を読む
コメント

津田委員長の辞任 その2(創作的回想)

2008-01-29 12:50:51 | 回想のNTTデータ
それから1年後の2006年も押し迫ってきた頃私はバリ島のスミニアックにビラを借りて長期逗留をしていた。このビラはスミニアック通りからほんの少し路地を入ったところにある。通りは車とバイクの往来が激しくて、夜も遅くまで人通りが絶えない。すぐそばには日本料理店「漁師」があり、手頃な値段で刺身が食べられるし、2,3分で巨大スーパー「ビンタン」にも行ける。ほんの少し通りから外れているだけでそのビラは静謐が保 . . . 本文を読む
コメント

喪失の悲しみを描いた傑作 ひまわり 

2008-01-27 11:24:25 | 映画・音楽・読書・宗教
一輪のひまわりがクローズアップされ、カメラは右のひまわりに移る。あいかわらずクローズアップのままだが、次第にカメラは角度を上げてゆっくりとゆっくりとひまわり畑の全景を映し出していく。全景といっても遠くは地平線のかなたまでひまわり畑は続く。クレジットがソフィアローレン ジョバンニ マルチェロ・マストロヤンニ アントニオと紹介して映画は終わる。男女の別れと喪失の悲しみを描いた傑作だ、いつ見ても涙腺 . . . 本文を読む
コメント

珍説 土偶と新生児

2008-01-26 10:56:51 | 日常の風景
生まれたての赤ちゃんの写真と動画がメールで送られてきた。元気そうな新生児でなによりでした。このところ私の近辺では赤ちゃんブームで、孫や甥っ子さらには我が子まで近々生まれる予定だ。そんなこともあり、新生児の顔を見る機会も多く関心も強くなっている。 生まれたての赤ちゃんの顔は皆一様に特徴がある。赤い顔をしているのは赤ちゃんといわれるくらいだから当然で、たいていしわくちゃの顔をしている。これも羊水の . . . 本文を読む
コメント

豊中市上新田小学校の校舎跡地の風景 奇遇

2008-01-25 10:09:39 | フィクションとしての回想
ある掲示板でふと目にした記事によって過去の記憶が蘇る。その掲示板には私と同時代に豊中の農村で子供時代を過ごしたというちょっとした記述があった。兎を追ったこともあるという。小学校のクラスの半分は農家の子供たちであったとも書かれている。ひょっとしてこれは私が過ごした豊中市上新田小学校のことではないのかと思う。しかし、箕面に集団で兎狩りにいったとも書かれているのでこれは経験がない。やはり近隣の小学校のこ . . . 本文を読む
コメント

輸入卸+ネット販売 ビジネスツール分析 その7

2008-01-23 14:57:47 | ネットビジネスお役に立てれば
8.法人用ネットバンキング この会社は原則として現金を扱わないので、収入と支出は必ず預金口座を介して行うことになる。預金口座をネットで扱うことになるが、三菱東京UFJのBizStationを利用している。個人でももちろんネットバンキングは利用可能で日常使っているのだが、BizStationを使う理由はセキュリティーと国際送金につきるだろう。 日常の対銀行業務は入金の確認や仕入れの支払い、給料 . . . 本文を読む
コメント

名付け 

2008-01-23 12:29:54 | 日常の風景
妻が臨月で既に38週目に入りいつ生まれてもおかしくない段階に入った。今朝も少しお腹が痛いというのでもうそろそろかなあるいは少し冷えただけなのかとかやきもきしている。 数ヶ月前から名前をいろいろ考えている。といっても毎日集中的に考えていると言うことではなく、ふとした拍子に、たとえばコーヒーを飲んでいるときなどに考える程度なのだが。性別はすでにMRIで女子と分かっているのだがどんなタイプの子供なのか . . . 本文を読む
コメント

朝鮮通信使と下蒲刈島本陣 三汁十五菜でもてなす

2008-01-22 22:49:12 | 旅(日本編)
今日は朝から底冷えのする一日となった。滞在中のウィークリーマンションから外に出るとすぐに呉本通りだが、そこから灰が峰を望むと雪が所々かぶっている。しかし車での蒲刈へのドライブは暖かくて快適だ。いつものようにプラシド・ドミンゴのオペラ「アイーダ」を聴きながら気分が高揚していき1時間で県営のレストランについた。小雨がふりだしていっそう寒くなってきたようだ。 ボリュームたっぷりの海の幸定食を食べて一休 . . . 本文を読む
コメント

広島県・呉の境川 鷺を間近で目撃

2008-01-21 11:06:08 | 旅(日本編)
カレンダーを眺めると広島県・呉での生活も一月を超えることになる。昨今は極めて寒い日が続くがそれでも毎日散歩を欠かさない。1時間程度をかけてその日気に入ったコースを巡るがその中に境川があり、川沿いに煉瓦敷きの歩道コースがある。昨日は川沿いに真っ白なカモメと鷺が川の中で餌を獲っていた。 灰が峰の方から流れてくる水はいかにも冷たそうだがものともせず夢中で水中の魚を捕っている。カモメは足で川底をひっかき . . . 本文を読む
コメント

輸入卸+ネット販売 ビジネスツール分析 その6

2008-01-20 10:58:29 | ネットビジネスお役に立てれば
7.会計ソフト 去年の株式会社化の移行に伴い会計ソフトを導入することにした。従来通りエクセルで家計簿的経理ですませ、経理事務所に依頼する方法も選択しに入れたがやはりというべきか高い。月30万円程度になってしまう。それでは私が経理の勉強がてらやってみようと言うことになり、会計ソフトを探してみた。当初はネットでの操作に重点を置いて探したがネット機能がつくだけで値段が跳ね上がる。3倍から4倍になる。簡 . . . 本文を読む
コメント

輸入卸+ネット販売 ビジネスツール分析 その5

2008-01-19 11:20:12 | ネットビジネスお役に立てれば
6.カート 多くの会社がサービスを提供しているが、現在使っているのはショップメーカー(shop-maker)なのでそれを毎日の業務でどう使っているかというと。 毎日の受注状況をこのshop-makerで確認する。ネット販売で必須の重要なツールとなっている。これにより信用情報以外の顧客情報が得られる。この受注情報を元に次の工程となる入金確認や発送に移る。入金確認や発送が終了するとshop-mak . . . 本文を読む
コメント

輸入卸+ネット販売 ビジネス分析 その4

2008-01-18 11:19:49 | ネットビジネスお役に立てれば
4 <サイボーズ・ファイル管理> 掲示板に劣らずファイル管理も重要な役割をしている。 社員勤怠管理 社員経費管理 在庫表 注文・納品履歴 振り込み予定一覧 総務関連の資料など 社内に必要なドキュメントはエクセルやpdfですべて管理表を作成している。従って原則ペーパレスで会社の運用が可能になる。そのために在宅での業務や出張先、旅行先での仕事がスムースに行える。現に今も広島のウィークリーマンションの . . . 本文を読む
コメント

輸入卸+ネット販売 ビジネス分析 その3

2008-01-15 12:06:46 | ネットビジネスお役に立てれば
3.<サイボーズ> ネットビジネスの起業には欠かせない。会社内の情報交換・指示・報告・連絡・相談のほとんどすべてをこのサイトに頼っている。以前所属した会社では社内連絡にもメールを使っていたが、やはりセキュリティー上で問題がある。間違って外部にメールを誤送してしまうこともある。現に私も7年ほど前に一回だけ失敗をしたことがある。会社の中の連絡をうっかり社内と同姓の同業会社に流してしまった。社内の人が . . . 本文を読む
コメント