団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

「グランブルー」と「硫黄島からの手紙」の共通点は勘違いな日本人観

2007-06-30 22:22:32 | 映画・音楽・読書・宗教
「グランブルー」 グランブルーの完全版をDVDで観た。主人公のジャックマイヨールもエンゾも実在のプロの素潜りダイバーだ。エンゾはダイブ浮上中に死亡した。この映画が作成されたあとジャックマイヨールはどこかの島で若い妻と結婚して暮らしていると聞いていたらその内自殺した。自殺の原因はいまだ分かっていない。 以前に一度この映画は見ているが、ジャック・マイヨールが元気な時代のことだ。この映画の中で素潜り . . . 本文を読む
コメント

ローマ フィレンツェ ベネチアと塩野七海の「黄金のローマ」

2007-06-30 21:09:59 | 旅(世界編)
塩野七海の「黄金のローマ」を読んでいると、ローマとフィレンツェそしてベネチアの比較が出てくる。ローマは古代、フィレンツェは古代を引きずりながらの中世、ベネチアは中世の都市だとのこと。改めて訪れた三都市に思いをめぐらせてみた。 ローマの古代はよく理解できる。フォロロマーノの発掘された古代の街並みやコロッセウムは古代ローマがそのまま残っている。発掘されたのは一部でまだまだ発掘されていない遺跡がいたる . . . 本文を読む
コメント

ネットの引力法則

2007-06-29 00:53:30 | ネットビジネスお役に立てれば
ネット販売のポイントは如何に自店のサイトに来てもらうかに尽きる。もちろん前提として水準の高い品物を適正価格で提供できなくては話にならないが。こうして自店に来てもらうためのノウハウ本が巷にあふれかえることになる。 共通しているのはovertureなどのPPC広告を勧めている点だ。検索結果の画面の上部に出ている広告で、クリックすると9円から1000円近くまでオークションで金額が決まる料金をovert . . . 本文を読む
コメント

なぜか広島にご縁が 祖父が広島の細工町出身だ

2007-06-27 22:23:12 | フィクションとしての回想
なぜか広島にはご縁のある人生だ。爺さんが広島の細工町出身だと聞いた。地名を調べてもないので、現在は新しい地名に変わっているのだろう。爺さんは高松の片原町の時計屋田中某の時計職人として働いていたがその後入り婿となったらしい。細工町出身で時計職人はいかにもありそうな筋だ。その後一男2女をもうけて若くして亡くなった。その次女が私の母になる。この爺さんが高松に来なければ私は存在しない。 明治の末の高 . . . 本文を読む
コメント

この頃の生活リズム

2007-06-26 23:40:32 | 日常の風景
海外慢遊から帰国して3か月が経った。自由に時間を設定できるのでどんな生活になるか自分でも興味があった。結果は以外に規則正しい生活になっている。 朝は4時から6時の間に起きる。最近はやや6時が多くなっている。かつては4時に起きるなどは全く考えられなかった。昼間会社で眠くなっては困るという心配からだ。今はその心配がないのでいくらでも早起きできる。昼直後眠くなれば軽く昼寝をすればよい。 私の頭は朝が . . . 本文を読む
コメント

アメリカの高級老人村

2007-06-25 22:31:48 | 旅(世界編)
どの程度のアメリカ人がそのような老後を迎えているのかわからないが一つの形態なのだろうと思った。かつてアメリカの中部を車でドライブした時のことだ。残念ながら地名を全く忘れてしまったが、1時間走っても車に全く出会わないほどの大平原の中を何時間も走った。ときおりバッファローが放し飼いにされている。車は突然小さな町に見える集落に入った。あたりが人家も何もない平原で突然町になったので何だろうと思った。 . . . 本文を読む
コメント

不思議な木 アルガン 山羊がこの木に登る

2007-06-25 00:38:55 | 旅(世界編)
モロッコの南西部を旅すると荒地の中に広大などこまでも続く林が現れる。からからに乾いた地面にどっしりと根をはった木はオリーブよりは大きい。その木に銀杏くらいの大きさの黄色い実がなっている。アルガンと呼ばれる木で、世界中でこの地とカナリヤ諸島にしか生育しない。 運が良ければ黒い山羊がこの木に登って実を食べているのを目撃することができる。最初に見た時はわが目を疑った。山羊が木に登るなんてなにかの間違い . . . 本文を読む
コメント

庭の風景 ノウゼンカズラの朱は不思議な感情を引き起こす

2007-06-24 07:53:59 | 日常の風景
一昨日の雨の後ノウゼンカズラが開花した。左隣のアジサイと勢力争いを演じるまでに成長した。曇天の下にアジサイの紫とノウゼンカズラの朱が映える。 アジサイは紫陽花ノウゼンカズラは凌霄花と書く。どちらも普通の読み方ではない。特に凌霄花は読める人はほとんどいないのでは。ネットで調べると霄は空の意味で空をしのぐ花の意でよくこのつる性の木の雰囲気をあらわしている。10年ほど前に隣の三姉妹の庭から苗を頂いたの . . . 本文を読む
コメント

「眺めのいい部屋」とある三姉妹の回想「これ お猫さん おうちのお庭にお帰りなさい」

2007-06-22 00:08:34 | フィクションとしての回想
映画「眺めのいい部屋」のシャーロット役マギースミスはハリーポッターにもホグワーツ魔法学校の先生役で出演している、私の好きな女優の一人だ。「眺めのいい部屋」を見ているうちに、この女性からある三姉妹のことを回想してしまった。 今のマンションに住む前は同じ玉川学園の小田急線を挟んで北側に住んでいた。このあたりは起伏が激しい地形で、庭から2m程下に隣の家の広い庭が広がる。この家の住人が三姉妹で、一番 . . . 本文を読む
コメント

ボローニャのクレジット事件 サインにはくれぐれもご用心

2007-06-20 23:25:12 | 旅(世界編)
イタリアのボローニャに滞在していた時にオペラ留学中の日本人カップルとインドレストランにランチに出かけた。ボローニャの魅力など久しぶりの日本人との会話を楽しんだ。ごく普通のレベルのワインを4人で2本飲み勘定書きのメモを見て私は現金を日本人の彼に手渡した。彼はクレジットでその店に払った。 我々が日本に帰って再びそのカップルの男性と再会し新宿の中華レストランで会食した。その時にボローニャのインドレスト . . . 本文を読む
コメント

ハンマム モロッコの憩いの場

2007-06-20 00:21:20 | 旅(世界編)
モロッコのマラケシュに数回訪れているのにハンマムを体験していないと大事なものが抜けた旅になる。ある日、娘婿と連れだって勇躍ハンマムに出かけた。 簡単な受付でキーを貰い囲いのない脱衣場でパンツ一枚になる。スポーツジムの脱衣場を簡単にしたような感じだ。浴場は二つの部屋からなり、それぞれは40平米くらいの広さだ。床があったかいので横たわるとじんわりと温まってくる。しかしスチームサウナに慣れている身 . . . 本文を読む
コメント

ベトナム ダナンには溢れるほどの歴史が

2007-06-18 00:05:39 | 旅(世界編)
ベトナムのダナンはベトナム戦争当時の激戦地で、峠を越えるところに壕が残っていた。古い銃台はフランスとの戦いに使用されたもの、比較的新しい方はベトナム戦争当時のものだ。いずれも過去の遺跡と化している。 ベトナム戦争は18歳の時にはじまり、28歳の時に終わった。毎日の新聞にはサイゴンやダナンなどの地名と戦闘状況が大きく伝えられていた。それらの地名は頭のなかに焼き付いて残っていた。 10年以上前にバ . . . 本文を読む
コメント

味覚の記憶は育つ 「志な乃」「瓢亭」の蕎麦

2007-06-16 22:49:11 | 記憶の食欲
20代の頃、虎ノ門の第17森ビルのオフィスに勤務していた。昼飯は大方の日は社内食堂を利用していた。プラスチック製の赤や緑の丸い食券を持って列に並び、焼き魚定食などをいつも食べていた。A定食B定食などがあり、300円前後であった。栄養的にはそれなりにバランスがとれており、味も悪くなかった。会社が場所を提供していたのでこの価格で提供できたのだ。給料が10万なかった時代でこの社内食堂は有難い存在であった . . . 本文を読む
コメント

男と女 シンプルに徹した結果の僥倖

2007-06-13 23:10:30 | 映画・音楽・読書・宗教
今まで何度となくチャンスはあったのだが疲れて途中で寝てしまったり、途中で退屈になったりで、名作と言われているのに最後まで見たことのない作品だった。 子連れ中年の男と女の恋愛だが、お互い過去を引きづり、心から恋に没頭できない二人の物語がモノカラー、セピアカラー、カラーで描かれる。特に気の利いた台詞が目立つわけでもないがそれだけに現実感があり、こちらの気持ちが穏やかだと、地味だが味わい深い世 . . . 本文を読む
コメント

男の手料理 ビーフシチュー

2007-06-11 19:14:04 | 記憶の食欲
昨日に買っておいたすね肉でビーフシチュウを仕込んだ。オリーブオイルでにんにくを炒めてからすね肉を放り込む。表面をさっと焼いて水をひたひたになるまで入れ、30分ほど煮る。あく取りをした後、手元にある重い味の赤ワインを大きめのグラスになみなみいっぱい入れる。 さらにあく取りをしてから、玉ねぎ人参ジャガイモ御三家とマッシュルームを放り込みトマトホイール缶も入れて準備完了。あ、そうそう塩も適宜いれる。煮 . . . 本文を読む
コメント