団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

光を放つ岩石 

2018-11-09 10:04:53 | 気になるニュース
かつて下記の掲載では赤い石、黄色の宝石を取り上げたがいずれも蛍光を発する石ではないか。いずこでも光る石は人を魅了するものらしい。そしてインドネシアではほそぼそと指輪にするだけだが米国ではビジネスに利用する、さすが米国だ。 光る石=蛍石というらしい 2009-08-25  これはボルネオやボローニャでの話だった。今回は米国スペリオル湖の湖畔で見つかったという。 米ミシガン州に住む男性 . . . 本文を読む
コメント

東南アジア女性家政婦への虐待や性的暴行

2018-11-05 13:57:42 | 気になるニュース
「 家政婦は東南アジア女性が多いのですが、彼女たちへの虐待や性的暴行などが後を絶ちません」http://news.livedoor.com/article/detail/15547713/ 上記はサウジアラビアについての記事だがこれをみてにわかにバリでベビーシッタのシシから聞いた話を思い出した。既に10年前のことになるが印象が強かったために鮮明に記憶している。 シシにアラブ人の友人の話をしたこ . . . 本文を読む
コメント

「透明性」の高いレイアウトは逆効果になる

2018-11-01 09:45:26 | 気になるニュース
2005年に汐留のソフトバンクテレコムのオフィスがオープンになったことがある。コンサルタント出身の社長が買収前に提案しており買収後もしばらく社長をしていたがその方の指示でオープンオフィスになった。自分のデスクがなく出社とともにロッカーから資料とパソコンを取り出し空いている席に置く。その後退職したので現状は知らない。 私自身オープンオフィスを好まなかった。社員が動物実験をされているような不快感があ . . . 本文を読む
コメント

さて孫正義氏の次の一手は

2018-10-24 09:18:56 | 気になるニュース
トルコのエルドアン大統領は23日サウジアラビア総領事館で死亡したサウジ人記者ジャマル・カショギ氏に関し、事前に計画された「残忍な殺人の被害者だ」と明言した。 トランプ米大統領は23日、サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏の死亡事件で、「史上最悪のもみ消しだ」と強く非難した。 これでようやく主要な意見表明が出揃ったことになる。さて孫正義氏はこれらの事態にどうでるかが注 . . . 本文を読む
コメント

シェアバッテリ搭載の電気自動車がシンギュラリティーで到来か

2018-10-19 17:36:19 | 気になるニュース
ハイブリッド自動車は自動車自身で発電するため送電ロスがほぼない、ブレーキを踏んだときもエネルギーとして再利用できる。しかし電気自動車が市場を席巻する確実な未来は見えていないようだ。充電に時間がかかるのが最大の欠点で、シェアバッテリー用に手軽に取り替え可能な電解質「全固体電池」においそれとはブレークスルーしないだろうと見られている。又、地球的なエネルギーロスの発生も懸念される。 日産「リーフS、X . . . 本文を読む
コメント

リーマン予想の証明はRSA暗号解読に結びつかない

2018-10-19 10:03:25 | 気になるニュース
2018-09-26に「リーマン予想が昨日89歳の数学者によって証明された?」を掲載した。そのうちに間違いだったと報じられるかなと思っていたら、今日になってもその種の報道は見当たらない。一流の数学者が検証にあたっても検討に大変な時間がかかるようだ。  米カリフォルニア大のジョン・バエズ氏(数理物理学)は「(アティヤ氏の)証明は、印象的な主張を別の主張の上に積み重ねただけで、主張をつなぐ議論や具体 . . . 本文を読む
コメント

日野市郷土資料館「勝五郎の転生」から中村真一郎まで

2018-10-15 14:31:09 | 気になるニュース
日本で生まれかわりの話といえば平田篤胤の勝五郎研究が思い浮かぶが、その勝五郎に関する催しがニュースになっていた。 約200年前の江戸時代、多摩地域を舞台にした不思議な「生まれ変わり物語」が、江戸市中や京都で話題になった。歴史的な記録も残っている物語を調べてきた市民有志が14日、日野市の高幡不動尊金剛寺で講演会などのイベントを開く。 (松村裕子)  物語の主人公は、中野村(現八王子市)で生ま . . . 本文を読む
コメント

築地市場が終わる

2018-10-12 09:38:54 | 気になるニュース
築地市場が2018年10月6日に役目を終え10月11日に豊洲市場が開場した。築地市場には多少の感慨がある。過去のブログには築地に関して次の2つの記述があった。(築地に関してというより丸元淑生氏との関係で記述しているのだが) 30代のころ丸元淑生氏(数年前に没)の「システム料理学」だったか、これが後の30年の食生活に決定的な影響を及ぼした。肉類でつくるスープストックがあると、簡単な野菜を浮かべ . . . 本文を読む
コメント

連合赤軍あさま山荘事件と佐々淳行氏逝去

2018-10-11 21:02:09 | 気になるニュース
 写真はwikiより。 佐々淳行氏逝去の報に接して今から45年前、桜木町の旧横浜銀行事務センター社員食堂で見たテレビ映像を反射的に思い出した。1972年に連合赤軍あさま山荘事件が発生し、サービス開始を控えアセンブラプログラムのコーディングを急いでいたが、部屋にいる職員達は皆そわそわとして落ち着かなかった。 当時25歳でNTTデータ通信本部勤務だった私は仕事の合間に休憩を言い訳に自動販売機のある . . . 本文を読む
コメント

トヨタとソフトバンク提携

2018-10-05 11:50:31 | 気になるニュース
トヨタは2016年に続いて2018年1月にもウーバーに出資、中国の滴滴出行商用電気自動車に(EV)「イーパレット」で提携、2018年6月にはグラブに出資した。(いずれもソフトバンクが筆頭株主) ソフトバンクは2018年5月はGMクルーズ(米ゼネラル・モーターズ傘下の自動運転車部門)出資、2016年からはホンダとAIの共同研究で協力と連携が加速しており、トヨタの連携戦略が後塵を配すれば他自動車メー . . . 本文を読む
コメント

米中貿易戦争の行方 定量的に検証できるらしい

2018-09-28 08:47:42 | 気になるニュース
高橋洋一氏が雇用率から日本の経済を定量的に分析しているが非常に参考になる。安倍政権に対する好き嫌いから離れて客観的な評価を行いたい場合、雇用率は説得性を持つと思うからだ。ではトランプ大統領の経済政策、特に米中貿易戦争の行方など定性的分析が多い中、定量的に検証できるものなのかと漠然と考えていたら 安達 誠司 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/5750 . . . 本文を読む
コメント

リーマン予想が昨日89歳の数学者によって証明された?

2018-09-26 16:59:38 | 気になるニュース
昨日、160年間証明されていない現代最高の難問とされるリーマン予想が昨日89歳の数学者によって証明されたとwikiに掲載されている。「リーマン予想」が解明された場合は現代のネット暗号技術を支える素数の算出により暗号が破られる危機に直面する。それにより世界中の金融界やブロックチェーン技術の安全性が揺るがされることを危惧する声までが出るというとんでもない事態が予想される。 映画「プリズン・ブレイク」 . . . 本文を読む
コメント

聖職者の腐敗は映画「ゴッドファーザー」ですでに告発していた

2018-09-17 09:42:06 | 気になるニュース
聖職者が性食者だという驚きの報道が相次いでいる。「無責任な事前報道は被害者にとってもショックな出来事だ」と反論しているが、米国などは大陪審の報告なので信憑性があると考えていいのではないか。 これらの記事に接してかつて見た映画のいくつかが脳裏に浮かんだ、名作「ゴッドファーザー」に描かれたバチカンの腐敗であり、最近では「天使と悪魔」で聖職者の小児愛好者が登場し、最後は鐘楼から落ちて死ぬ。他にもそ . . . 本文を読む
コメント

体幹を鍛えるのに重いランドセルは有効? 無責任なことをいうな

2018-09-14 10:40:41 | 気になるニュース
我が娘は小学5年で毎朝重そうなランドセルにときには楽器や習字道具などを手下げていく、なんとかならんものかと思っていたら下記の報道があった。 文部科学省は6日、児童生徒の通学時の持ち物を減らせるよう配慮を求める通知を全国の教育委員会に出した。「脱ゆとり教育」で学ぶ内容が増えて教科書が重くなり、ランドセルを担ぐ子どもたちの身体への悪影響を心配する声が文科省に寄せられていた。 通知では、児童生徒 . . . 本文を読む
コメント

ATコマンド ハッキングの世界でも歴史は繰り返すのだ。

2018-09-13 21:38:26 | 気になるニュース
1980年代、NTTデータ通信本部大阪勤務の時代にATコマンドをアナライズできるスーツケースほどの測定器を担いで滋賀や京都にまで出向いていた。NTTデータ通信本部が販売在庫管理サービス用に販売する2400ビットの端末が普及しだした頃で顧客から「うまく作動しない」との連絡を受けてこのスーツケース大の測定器をごろごろ引っ張って電車に乗り込み、はるばる京都や滋賀まで向かうのだ。 大抵のケースではモデム . . . 本文を読む
コメント