団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

「情報窃盗」は刑法では処罰されないという不思議

2018-11-12 22:17:28 | 回想の孫正義
2004年2月27日、ソフトバンクがYahoo! BB顧客情報450万件超を漏洩した。通信会社では空前の約450万人分ものYahoo! BB登録者の個人情報が漏洩している事が発覚、この情報に対しソフトバンクに不敵にも面会を要求し現金を要求していたソフトバンク代理店(創価学会向けの営業を専門にする代理店)経営者が逮捕された。逮捕された代理店経営者のうち、2人は藤原弘達氏の著作に関する言論出版妨害事件 . . . 本文を読む
コメント

孫正義氏が文明論的な知見を語る日は来るか

2018-10-06 09:13:30 | 回想の孫正義
孫正義氏の経営スタイルはネットワーク外部性で説明できる。ロックフェラーやカーネギーでさえその独占力が世界中に及ぶことはなかった。グローバルな独り勝ち市場は世界規模のネットワーク外部性の下でこそ可能となった。現時点では孫正義氏の経営スタイルは一人勝ちとは言えないが、現今の投資対象を眺めているとロックフェラーやカーネギーでさえなし得なかったグローバルな独り勝ち市場へと突き進んでいるように見える。 3 . . . 本文を読む
コメント

回想の孫正義 台風がすきな経営者

2018-10-03 09:30:58 | 回想の孫正義
2018年の夏は台風の多い年だった。それも大型台風が。孫正義氏のパラソル販売という奇策が9.11と台風から生まれたことを知る人は少ない。小さなエピソードだが本質を含んでいるので記録に残しておきたい。 孫正義氏は2001年9.11の後の幹部会議で台風の過ぎた後が子供の頃大好きだったとさりげなく吐露した。自身の幼い頃を振り返ってみても伊勢湾台風の恐怖よりも一過したあとの晴れ渡った空や世間の塵芥が洗わ . . . 本文を読む
コメント

携帯世代と自らの関わり

2018-09-26 12:31:48 | 回想の孫正義
携帯世代の発展を自らの関わりを中心にして下記のように眺めてみると、1Gと3Gが感慨深い。1GではNTTデータの時代に当時関西移動通信と呼ばれていたドコモの前進の基幹システムの開発にプロジェクト・マネージャーとして携わった。ある意味でこの仕事をきっかけにその後のソフトバンク転職へとつながっている。 3Gでは総務省に対して800MHz帯周波数割り当て方針案の実施差し止め訴訟の推進を孫正義氏を中心に牧 . . . 本文を読む
コメント

回想の孫正義 ストイックな日常生活

2018-09-11 12:23:45 | 回想の孫正義
孫正義氏のもとで2001年から5年間働いた。彼の人間的魅力で周りの人々は全力を出し切ったと思う、彼の人間的魅力は半径5メートルの距離にいないと見えて来ないものが多く、その魅力はいくつもあるが、その一つはストイックな日常生活にあったと言ってもあながち外れてはいないだろう。もちろん半径5メートルの距離にいると欠点も見えてしまうものだが、それはそれ、どんな人間にもあることだ。 孫正義氏は2001年 . . . 本文を読む
コメント

シンギュラリティー到来 「研究者たちはもっと哲学的になるべきではないか」

2018-08-29 12:05:06 | 回想の孫正義
シンギュラリティーが到来するのは間違いないだろうが、問題は2045年に本当にくるのかということで、すこし頭を冷やす意味でネットの記事を参考にしながら過去に騒がれた技術革新の今を眺めてみよう。シンギュラリティーという魔法の言葉は投資を誘引する、つまり株価を上げる魅力、魔力をフンダンにもつという視点も大事だと思う。 空飛ぶ自動車 戦後しばらくして米国で「空飛ぶ自動車」がもてはやされ「私の言葉を . . . 本文を読む
コメント

孫正義氏は官房長官「4割値下げ可能」発言をどう受け止めたか

2018-08-24 22:40:37 | 回想の孫正義
孫正義氏はかつて2003年頃に周波数付与問題で総務省を相手取って訴訟を行い、米国の弁護団を呼び、報道陣を前に日本の携帯料金は世界一高いと激しく糾弾し、国民のために安価な携帯を提供するから周波数を新規事業者によこせと訴えた。下記の参考データは現在のものだがこれを観ていて既視感にうたれた。氏も当時のデータをもとに日本の携帯電話料金の高さを訴えていたのだった。 菅義偉官房長官は日本の携帯電話の利用 . . . 本文を読む
コメント

大企業病の蔓延とローマ帝国の衰亡

2018-08-20 20:11:54 | 回想の孫正義
Netflixでローマ帝国を観た。ローマ帝国も傭兵中心になって滅びた。傭兵が滅亡の原因になったかどうかは断言できないが、求心力の低下と忠誠心のなさが滅亡のきっかけになったことは確かだろう。 かつて勤務した企業の仲間と年に一回程度いろんな名目で酒席をもつが、仲間内ということもあって席上忌憚のない話が聞ける。ここ数年、副社長クラスから中堅幹部の社員にいたるまで大企業病の蔓延について聞く機会が増え . . . 本文を読む
コメント

孫正義の仕事 1994年にADSLに着眼していた

2018-07-08 14:55:40 | 回想の孫正義
NTT元理事の石川氏のなかなか興味深い話を引用する。1994年と言えばソフトバンクを店頭公開した頃であり、1996年YahooJapanを設立する前だ。既にこのころからADSLに興奮していたとあり、これは後の通信事業やシンギュラリティービジネスへとつながるトリガーの一つとなった瞬間ではなかろうか。孫正義氏の仕事の歴史として重要な場面であり記録しておかなければならないだろう。 ADSL技術がこの1 . . . 本文を読む
コメント

孫正義の仕事 1997年情報通信21世紀ビジョン研究会にみる先見性

2018-07-06 11:58:58 | 回想の孫正義
情報通信21世紀ビジョン研究会にみる孫正義の先見性 1997年に当時はまだ郵政省と呼ばれていた総務省で情報通信21世紀ビジョン研究会が開催された。正式名称は21世紀に向けて推進すべき情報通信政策と実現可能な未来像といういかにも役所がつけたがる長い名前だ。電気通信審議会の研究会(那須東京電力会長が委員長)の位置づけで具体的な検討はサブ研究会で行う。 委員は齋藤忠夫東大教授、立川ド . . . 本文を読む
コメント

『ソフトバンクキャリアLIVE』の講演は感動的だからこそ

2018-06-30 11:01:53 | 回想の孫正義
『ソフトバンクキャリアLIVE』の講演は感動的だ。これほど自らの理念と実績を情熱を持って語る経営者はいない。だがというか、だからこそというか、あえて言いたいことがある。ビジネスで世界の巨人になった孫正義氏だからその影響は大きい。若者に「人生で一番大切な質問」を説く以上は人類の今後に対する文明論史的な言及が不可欠ではないか。 巨大な成功に対する含羞とシンギュラリティの根源的限界や富の偏在に対する言 . . . 本文を読む
コメント

「あんぽん」と「ザ・グレート・ギャツビー」

2018-06-20 14:46:20 | 回想の孫正義
「あんぽん」は佐野眞一のノンフィクションで孫正義氏を描くノンフィクションだ。2012年に出版された本の文庫なので随分経ったあとに読んだことになる。知っている話もあれば知らない話もある。特に一族を描くところは知らない話が多かった。 佐野眞一はノンフィクション作家だから孫正義氏のルーツを執拗に追いかける手法で迫るのは致し方ないとは思う、しかし引っかかるものもある。自分の中にもある覗き趣味を刺激されて . . . 本文を読む
コメント

孫正義と不思議な天才

2018-04-17 23:19:07 | 回想の孫正義
10数年前のあるとき出勤の日、孫さんとkさん、私とIさん4人で昼食をとりに出かけた。あいにく会社の周りの店は開いておらず、目当ての鯛めしはあきらめ、ロイヤルパークホテルの寿司屋にはいった。座敷に座ってやおら孫さんはTさんのことを話はじめた。彼は世界的に見ても、ビルゲーツの次くらいに天才だ、とくにコンパイラを作れるのはよほどの才能がないと無理だ、ビルゲーツも数学的な頭脳はぴか一だがTはその上だ。 . . . 本文を読む
コメント

回想の孫正義 TモバイルUSとの合併交渉を打ち切った評価

2017-11-07 10:08:44 | 回想の孫正義
米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSとの合併交渉はドイツテレコムのティム・ヘットゲス最高経営責任者(CEO)と3日夜、東京でのディナーの席で統合新会社の経営権を巡って最後の努力を重ねたが4日に打ち切った。統合会社の経営権を蹴られ、イーブンの経営参加案も蹴られたためだ。同社は10年にわたり年間で黒字を確保したことがなく、380億ドル(約4兆3400億円)の債務を抱え今後4年間に190億 . . . 本文を読む
コメント

回想の孫正義21 自ら考える経営者

2017-10-01 11:44:44 | 回想の孫正義
孫正義氏はMBA風やコンサルタント会社の薦める経営改善にほとんど興味を示さなかった。いや一度だけ経験がある、顧客情報漏洩事件の後で改善策を依頼したことがあり、社員から聞き取りをしてまとめたものが経営会議で報告されたがほとんど関心を示さなかったばかりか、わかりきったことばかりでなくもっと新鮮な改善策を提案しろと怒った。 自らが数字を並べてホワイトボードにざっくりと経営プランをたてるのを好み、担当者 . . . 本文を読む
コメント