団塊亭日常

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

ちびまる子ちゃんランドに行ってみた

2018-08-05 16:38:45 | 旅(日本編)
追悼 さくらももこさん 親子でちびまる子ちゃんを楽しませてもらいました。   伊東温泉にいったので足を伸ばして清水のちびまる子ちゃんランドにも行ってみた。お子様3名を喜ばすためだが実は引率の大人3名も子どもたち以上に楽しんだかもしれない。 このおかあさん、数日に一度は雷を落とす。これが我が家では実に身につまされる。 我が家の孫(男子 9歳)には大野くんと杉山くんのようにか . . . 本文を読む
コメント

伊東温泉に行ってきた

2018-08-05 09:57:29 | 旅(日本編)
家族一同、総勢6名で伊東の温泉旅館に二泊した。海の水平線を眺めながら湯に浸かる。暑い夏に少し熱めの湯に浸かるのは初めての体験で、それほど長くは浸かっていられない。それでも湯あがりは爽快だ。 この伊東温泉、40年以上前に友人の運転する車で4人組でやってきたことを思い出した。伊藤君、杉本君、池田君と私、宮本の4人組で大阪を出発して途中でヒッチハイクの二人組を乗せるなどしたな、と温泉に入りながら思い出 . . . 本文を読む
コメント

JAXA相模原キャンパス特別公開に行ってみた

2018-07-28 08:32:37 | 旅(日本編)
我が家から割合ちかいところにあるJAXA相模原キャンパスで特別公開があると聞き行ってみた。前日の猛暑も収まり午前中は気温は23度台と快適だ。 日本の誇るロケットの実寸大模型が設置されている。 日本の誇るロケットの実寸大模型が設置されている。M3S 2-1 糸川氏のペンシルロケットかな。 風洞実験設備 マッハ5程度まで実験が可能。 宇宙をセイルする宇宙ヨットの模型 。見 . . . 本文を読む
コメント

初めてJリーグを観る

2018-07-13 19:22:53 | 旅(日本編)
野津田にある町田市立陸上競技場にJリーグサッカーを観に行った。鹿島アントラーズ対町田ゼルビアの天皇杯3回戦で、鶴川からの直行バスに赤と青の応援用シャツ姿が目立つ。それぞれのゴール裏には各チームの赤と青の旗と人が陣取って太鼓が鳴り響き、戦いの雰囲気を盛り上げている。 私達総勢5名は入り口を間違えて鹿島アントラーズサイドの入り口に入ってしまい、面倒なのでそのまま鹿島アントラーズ応援席に座って観戦する . . . 本文を読む
コメント

京都ぶらりその3 三条神宮通など

2018-06-17 11:14:09 | 旅(日本編)
三条のスタバをでると大橋のたもとにこんな石柱が。豊臣秀吉の命じた工事で神戸から来たものという。 高札をみていたら豊臣秀次の悲劇を思い出した。豊臣秀吉の甥で謀反の罪で切腹した関白・豊臣秀次の一族39人がこの下の三条河原で公開処刑されたことを思い出した。鴨川の流れが血の色で染まったらしい。 欄干の柱。 欄干の留め金。 三条大橋から東山に向かって歩くとだんのう法林寺が。 . . . 本文を読む
コメント

京都ぶらりその2 京都国立博物館など

2018-06-16 11:53:51 | 旅(日本編)
四条河原町で中岡慎太郎寓居の跡を。 七条を歩くと20代の頃見た看板が今も。う雑炊のわらじや。 京都国立博物館へ。 なかなか風格がある。 木造五智如来坐像(重要文化財)が安置されていた。安祥寺創建時の制作で9世紀の作という。写真は禁止されているので椅子に腰掛けてこの仏像をじっと眺めて頭にイメージを焼き付けた。明治39年(1906年)に焼けた安祥寺の多宝塔に安置され . . . 本文を読む
コメント

京都ぶらりその1 三条から出町柳まで

2018-06-16 11:24:19 | 旅(日本編)
青蓮院の見事な楠、樹齢は800年を超えているらしい。 青蓮院の池。 再び青蓮院の楠の大樹。 平安神宮の鳥居礎石。 さすが京都の図書館は歴史的風格がある。 平安神宮前の信号待で東山を写す。もや霞がうまくとれたかな。 信号灯と東山の対比が面白くて。 応天門 何という字体だろう。 トニトニ。 琵琶湖疏水。 疎水と雑草のはな。 こんなの . . . 本文を読む
コメント

香雪美術館で朝日新聞が長距離通話の第一号としる

2018-05-22 09:10:18 | 旅(日本編)
大阪の香雪美術館で朝日新聞の歴史年表があり、1899年に東京大阪間で電話による原稿送受が始まったと記されていた。確かにこの年明治32年に東京~大阪間で長距離市外通話開始とあり、朝日新聞が長距離通話の第一号らしいということがわかった。手持ちの古い電話の写真と年表で電話の歴史を偲んでみた。古い電話機からはなにやら当時の人々の仕事や生活が立ち上ってくるようだ。 1837年9月 モールス(米)が . . . 本文を読む
コメント

香雪美術館に寄ってみた 感動と落胆

2018-05-16 09:50:53 | 旅(日本編)
堂島川や土佐堀川に沿って歩くたびに中之島フェスティバルタワー・ウエスト 4階にある香雪美術館が以前から気になっていて、昨日は少し時間があり寄ってみることにした。 蒔絵の箱や金泥で描かれた法華経、無量義経、般若波羅蜜多心経、長谷川等伯の襖絵を観る。蒔絵の箱や長谷川等伯の襖絵はルネサンス期の作品に少しも劣らぬ精緻で精神性の高い作品で、こういうものを作る日本人は誇りだな。 法華経、無量義経、般若波羅 . . . 本文を読む
コメント

江ノ島にいってみたが

2018-05-04 19:15:47 | 旅(日本編)
連休の中日、江ノ島に行って磯焼きでも食べようと家族連れで出かけた。驚くほど人出が多く弁天橋から渋滞になっている。すべての食べ物屋は長い長い行列で、行列に並ぶために来たのも馬鹿馬鹿しい。いい匂いのする店の前を恨めしく通り過ぎ、せっかくの昼食はギブアップしてそそくさと町田に帰ることになったが、それでも海を見ることが出来て楽しい一日だった。 こんな版画がタイルに焼き付けられている。 . . . 本文を読む
コメント

大阪歴史博物館に行ってみた

2018-03-08 23:04:45 | 旅(日本編)
大阪歴史博物館は2回めで、最初は太田知事と館内ででくわした頃だから2000年頃で実に18年ぶりの再訪となった。色々と興味深いものがあり、撮りまくった。 豪商鴻池家で使われていた生活用品 豪商鴻池家で使われていた生活用品 螺鈿の美しさが撮れたかどうか。 初代公衆電話 風格という言葉が浮かんだ 大正時代の阪急梅田駅 いろいろと思い出の深い梅田駅はこんなふうだった かつて梅 . . . 本文を読む
コメント

箕面の史的トピックス

2018-02-24 16:40:11 | 旅(日本編)
箕面は古代から痩せた土地で長年の土地改良と溜池で稲作が可能になった。子供の頃はいたるところに溜池があり、現在箕面高校が立っている場所はかつて近辺の農業を支える巨大な溜池だった。痩せた土地には牧が向いている、だから牧の名がつく土地は概して痩せた土地だったのかも知れない。 箕面は歴史上でところどころ顔を出す。小学生の頃の遠足は勝尾寺で、長い山道がいまだに頭に残っている。兎追いしかの山の歴史を年代 . . . 本文を読む
コメント

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでハリー・ポッターを楽しんだ

2018-02-12 16:36:59 | 旅(日本編)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきた。子供が楽しむところだがその付き合いの大人、とくにハリーポッターを愛するおじさんにも十分楽しめる。 忠実に再現されたホグワーツ校。ここだけで450億かけたというだけあってリアル感が凄い、本物の石に見える。 大阪なのに風が強いせいで本当に寒い。屋根の雪とつららはフェイクだが本物と言ってもよいくらいの体感温度で、特に夕方になり日が落ち始めると震え . . . 本文を読む
コメント

箕面 牧落の断片的メモ

2018-02-09 18:46:14 | 旅(日本編)
最近所要で我が生家の古い登記簿を眺めたところ、明治時代まで箕面村大字牧落 小字馬場崎と表記されていた。やはり馬の放牧場だったのだ。子供の頃は近所を馬喰と呼ばれる人が牛を引いていた。 わが故郷である牧落村の由来は箕面市HPによると、 「平尾・西小路・桜・牧落の地域は、「延喜式」にみえる「豊嶋牧」の地にあたり、諸国から朝廷に献上された馬牛が放牧されたところで、牧落の「牧」は 、その歴史の名残です。 . . . 本文を読む
コメント

がんこ寿司の豊後鯖

2018-01-24 09:06:37 | 旅(日本編)
ある出来事があってほぼ一月半に一度大阪に行く機会が増え、帰りには兄貴と一杯飲んでよもやま話に花が咲く。新幹線の駅中や十三など昨今は全く行く機会の無い、しかし懐かしい場所で飲む。5歳上の兄貴と飲むなんて随分久しぶりだ、東京と大阪と離れていて、勤め人の時代は結婚式と葬式くらいか、成人になって以来全くと行っていいほど顔を合わす機会がなかったのだが、それでも子供の時代に遊んだ記憶は鮮明に残っていて話は尽き . . . 本文を読む
コメント