まさおさまの 何でも倫理学

日々のささいなことから世界平和まで、何でも倫理学的に語ってしまいます。

研究室移転

2011-07-16 08:00:42 | お仕事のオキテ
先日、「緊急節電のお願い」 の記事を書いた日 (7月11日) が、東北の梅雨明けの日だったようです。
去年も十分猛暑だったと思いますが、
それよりも1週間も早い梅雨明けだそうです。
原発事故のおかげですでに電力不足だというのに、
この夏はどうなってしまうんでしょうか?

さて、あの 「緊急節電のお願い」 ですが、
皆さんもご存知の通り、大規模事業所には15パーセントの節電が課されており、
1時間あたりでこれを超えてしまうと100万円以下の罰金が科されてしまいます。
現在、福島大学のHPのトップページには、
「金谷川キャンパス電力使用状況」 のバナーがあって、
時々刻々、本学の使用限度電力 (1,275kw) に対して現在の使用電力がどれくらいで、
何パーセント使用中なのかが表示されるようになっています。
それによるとうちは100パーセントを超えっぱなしで、
罰金をいくら取られるんだか予想もつかない状態になっております。
(それにしても大学って営利企業ではないので、どうやって罰金を払えるんだろう?)

というわけで、大学の構成員としては節電に励まなければいけないんですが、
私の研究室は7階建ての建物の7階にあって、
この時期エアコンなしでは10分も部屋にいられない感じになっています。
ここで我慢していたらたぶん熱中症になってしまうでしょう。
そこでいいことを考えつきました。
私の研究室が入っている建物 (人間発達文化学類棟) の1階ってものすごく涼しいんです。
駅から歩いてきて建物に入り、1階の廊下を歩いていると、
別に全館冷房しているわけでもないのにヒンヤリしていてとてもいい感じなのです。
この廊下部分ですね↓。



うちの大学はアップダウンが多く、この建物の1階部分は半地下のようになっているためでしょう。
ここだったら涼しく仕事ができるのではないでしょうか?
幸い、廊下になぜだか応接セットみたいなイスとテーブルが置かれています。



たまに学生がここに座って本を読んでいるのを見たことがあります。
廊下のこんなところで何やってんだよと思っていましたが、
こういうときこそこの応接セットを活用すべきではないでしょうか。
というわけで一昨日からさっそくここを倫理学研究室別室として利用してみました。
仕事モードのイスとテーブルではありませんが、
簡単な読み物をしたりというくらいなら十分使えます。
ひとつ困ったのは、1階の廊下というのは人通りが多く、
会う人会う人に 「こんなところで何やってんの?」 と聞かれ、
そのたびに研究室を移転したことを説明しなければならないのが面倒でしたが、
ひととおり説明をし終えたら皆さんも黙って通り過ぎてくれるようになるでしょう。
もうひとつの心配は、ここを使ってもいいんだということがみんなに知れ渡ったら、
みんなが研究室を移転してきて、このイスの取り合いになるんじゃないかということですが、
ある人にその心配を打ち明けたら、
「大丈夫、こんなところで仕事するのはお前だけだから」 と言ってもらえました。
というわけでこの夏は1階の廊下に研究室を移転いたします。
私に用のある方はこちらまでお越しください。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 就活支援サークル Glow ... | トップ | 東北自動車道出口渋滞 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お仕事のオキテ」カテゴリの最新記事