水のふしぎ大調査

安全な水を求めて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

≪第八話≫ 水の中の微生物

2006-04-26 12:06:13 | メルマガ
      ≪第八話≫

---------------------------
     水の中の微生物
---------------------------

≪バイオフィルム≫

バイオフィルム?!聞きなれない言葉ですが水の中の微生物は

ほとんどこのバイオフィルムという状態で生活していることが最近の

研究でわかってきました。直訳するとバイオ-生物、フィルム-薄

い膜ということになりますが日本語では「微生物膜」と呼んでいます。

≪ぬるぬる≫

実はこのバイオフィルムには、みなさんが良くご存知の、台所やお風呂

場のぬるぬるした汚れも含まれます。普段はいつのまにかぬるぬるする

厄介な汚れですが廃水処理や、以前紹介した緩速ろ過の微生物分解

などにおいては、これが無いと分解がうまく機能しません。

≪脅威の生命力≫

ではこのぬるぬるの正体はなんなのでしょう?体積のほとんどが水分と

微生物が分泌する多糖であること。バイオフィルムの中には多くの微生

物が共存し、そのままの環境では培養されないはずの微生物が、フィル

ムに守られるように生存していることがわかっています。さらにその膜は

水中に添加された殺菌剤から微生物を守るバリアとなり、しばしば殺菌の

現場では問題となります。

-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
コメント

≪第七話≫ゆっくり処理して安全でおいしい水 その2

2006-04-08 16:52:22 | メルマガ
≪第七話≫

---------------------------
   ゆっくり処理して安全でおいしい水 その2
---------------------------

≪むかしの浄水処理≫

むかしの浄水処理法は微生物の力を利用した「緩速ろ過」でした。

むかしの浄水処理といってもしっかり現在でも採用されています。

ヨーロッパ、急速ろ過(近代普及した処理法)に一時は傾いたアメリカ

においても見直されてきています。理由は最近感染が問題となっている

クリプトスポリジウムという微生物が除去できることがわかってきたから

です。

≪緩速ろ過の欠点≫

ではなぜ優秀な緩速ろ過が急速ろ過へ移行してしまったのでしょうか?

緩速ろ過にも欠点はあります。それは水面に発生する「アオコ」を

オーバーフローで流してあげないと水が腐敗してしまうことや、

処理する水の濁度(濁り)が多い場合は砂が目詰まりしてしまう、

着色した色などは除去しにくいなどがあげられます。都市部の急速な

川、池の汚染に対応するため現在のような浄水場になったのかも

しれません。

≪自作できます≫

井戸や川の水などをポンプでくみ上げて、「緩速ろ過」を自作すれば

災害時でも簡単に飲料水を確保できるそうです。でも自分で確認

したわけではないので、ここでは詳細は書きません。あしからず。

自分で作成してみた結果をまた報告いたします。

------------------------------
≫≫≫≫≫≫≫次号予告『水の中の微生物』
------------------------------


-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント

≪第六話≫ゆっくり処理して安全でおいしい水

2006-04-08 16:51:40 | メルマガ
≪第六話≫

---------------------------
   ゆっくり処理して安全でおいしい水
---------------------------

≪浄水処理とは≫

現在の水道水は川や井戸水を処理して飲める状態にしています。

これを一般的に『浄水処理』といいます。現在の処理方法の

主流は、凝集材という薬剤でゴミを沈殿させ、塩素で殺菌、

鉄分などを除去します。これにはとても巨大な設備とお金が

かかります。それでは昔はどのように処理していたのでしょうか!?


≪むかしの浄水処理≫

実はもっとシンプルで簡単な方法があります。それは川砂を

水槽に敷き詰め、そこに水を自然落下でゆっくりと流す方法

です。底に向かうにしたがって砂の大きさをデカくして砂がこぼれない

ようにします。鉢植えに似てますね。驚くことにこの処理では

一切薬剤を使用しません。微生物の分解だけで水を浄化する

のです。浄水場ともなるとグランドのように広い設備が必要ですが

現在の浄水場と比べると極端に大きいことはありません。最近では

アメリカなどでその処理方法が見直されたりしています。

------------------------------
≫≫≫≫≫≫≫次号予告『ゆっくり処理して安全でおいしい水 その2』
------------------------------

-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント

≪第五話≫水道水VSミネラルウォーター その2

2006-04-08 16:50:51 | メルマガ
≪第五話≫

---------------------------
   水道水VSミネラルウォーター その2
---------------------------

≪本当に賢い水との付き合い方≫

ミネラルウォーターと水道水の大きな違いは『まずさ』にあります。

『まずさ』の原因は塩素消毒による消毒臭が主な原因になって

いますのでこれを中和させれば水道水は意外と美味しくなります。

さらに、ミネラル分を添加することでまろやかな水になります。


≪塩素を中和する方法≫

塩素を中和する物として1番簡単なのがビタミンCです。

水道水を飲む時やお風呂に入る前にレモンの絞り汁を少量

いれてみてください。ほんの少しで消毒臭が無くなります。

よく「水道の塩素でビタミンが破壊される」なんていう売り文句

がありますが、要は塩素とビタミンCの中和反応なのです。

≪ミネラルの添加≫

添加の方法は沢山あります。活性炭、鉱物、素焼きのカメに

水を入れるなどなど。。。数時間水に浸すとそれぞれ特定の

ミネラルが溶出するようです。自然の岩からしたたる水が

美味しいのと同じですね。

≪温度もチェック≫

また、忘れがちなのが温度です。水は10度から15度に冷やすと

味覚としては美味しく感じるようになります。試しに水道水を

冷蔵庫で冷やしてみてください。そのままでも美味しい水に

なります。

---------------------------
≫≫≫≫≫≫≫次号予告『ゆっくり処理して安全でおいしい水』
---------------------------



-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント

≪第四話≫水道水VSミネラルウォーター

2006-04-08 16:49:37 | メルマガ
  ≪第四話≫

---------------------------
   水道水VSミネラルウォーター
---------------------------

≪水道水とミネラルウォーター≫

お決まりの題かもしれませんが!みなさんは水道水を

飲みますか?日本の水道水は世界でも安全と言われて

いますが、近年のミネラルウォーターの普及によって

水道水は健康に良くないものとして意識されるように

なりました。本当に健康によくないのでしょうか?


≪高価なミネラルウォーター≫

水道水もミネラルウォータも万が一問題が発生した

場合は人命にかかわる商品なのでそれぞれの

水質基準を厳重にチェックされています。

(基準項目の多い少ないを言う人もいますがそれは

水を採水する水域に合わせた結果と思います)

そういう意味では健康に対する危険度は大きな差は

無いのでは?犠牲者が出ているわけでもないですし。。

それよりも驚きなのはその価格差でしょう!イメージ

してみてください。ミネラルウォーターは2リットルで100円ぐらい

ですが、水道水は2リットルで0.1円ぐらいでしょう。

いくら安心安全でも1000倍高い食べ物を毎日食べる

人はいないと思います。水も同じです。その価格差を

乗り越えて人々が水を買うのはおそらく外出先での

利便性(コンビニで水をよく買います∩(・∀・)∩)と

都市部の水道水があまりにも『まずい』からでしょう。

それでは本当に賢い水との付き合い方はどんな

ものがあるのでしょうか?≫次号へつづく

-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント

≪第三話≫氷の結晶

2006-04-08 16:48:02 | メルマガ
≪第三話≫

---------------------------
   氷の結晶
---------------------------

≪名水≫

名水と呼ばれる水は氷の結晶がきれいな六角形になると

言われています。真相はハッキリしませんが波動の効果を

科学的に証明するために研究された方法だと思います。

驚いたことにアーティストの中にもこの考えかたを取り入れて

自分の歌(音の振動)を水に与え、結晶の変化を観察して

いる人もいます。




≪六角形はなぜ名水に多いのか・・・≫

あくまでも個人的なイメージですが、世の中の物は小さな

単位である分子でできています。もちろん水も同じです。

とても小さな小さな単位なので小さな粒とみなせます。

たとえば、紙に粒(○)をならべて描いてみてください。

立体的だと難しいので平面的でよいと思います。

出来るだけすき間が空かないように描くと。。。。。

なんと!六角形になります!(一つの粒を中心に

6つの粒(○)が並びます)

六角形とは結晶の構造が整列している状態なの

かなー。。。と理解しています。

-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント

≪第二話≫純水はまずい

2006-04-08 16:47:00 | メルマガ
---------------------------
   純水はまずい
---------------------------

水は不純物が多いと「まずい!」と思われがちですが本当

に何も無いとまずい水になるんです。なので浄水器にはセ

ラミックを入れたりしてわざわざ微量のミネラルを添加したり

します。こんなとき人間の味覚は本当に敏感だと感じます。

ちなみに高級な浄水器になると磁石のちからを加えるもの

がありますが磁石には水をまろやかにするちからがあるよう

です。天然の水が地球のミネラルや地球磁場を通って出

てくることを味覚はわかっているようですね。

-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント

≪第一話≫きれいな湧き水はなぜ腐らないのか?

2006-04-08 16:39:27 | メルマガ
---------------------------
   きれいな湧き水はなぜ腐らないのか?
---------------------------

みなさんは地面に落ちた物を食べますか?湧き水は地面か

ら湧き出してくる水なのにきれいで汲み置きしても腐りま

せんね。なぜでしょうか?

それは湧き水の中に微生物の食べ物が無いからです。腐る

という現象は微生物が活動している証拠なのです。湧き水

は微生物によって物質が究極に食べ尽くされた後の食べ残

しともいえます。微生物というと汚染というイメージが強

いですが、自然界の水質浄化には微生物が活躍しているの

です。

-----------------------------------
メールマガジン『水のふしぎ大調査~安全な水を求めて~』を発行しています
-----------------------------------
すぐ読める!わかりやすい!明日から「水」への考えかたが変わる情報が満載です。
健康、美容、水の管理まで「水」のふしぎを大調査します。
http://www.mag2.com/m/0000188975.html
コメント