団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

倚りかからず

2018-01-19 05:27:37 | 日記
 以前のブログにも書きましたが、



 五木寛之さんの「百歳人生を生きるヒント」という本を少しづつ気が向いた時に読んでいます。
昨日の夜 読んでいましたら、「50代の事はじめ」という章で、
「50代からの人生は、登山で言えば下山の道のりの始まりです」と、書かれていました。

私の好きな詩人の茨木のり子さんの
作品が書かれていました。


 倚(よ)りかからず


もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない

もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない

もはやできあいの学問には倚りかかりたくない

もはやいかなる権威にも倚りかかりたくない

ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい

じぶんの耳目(じもく)
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある

倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ



 五木さんは敗戦直後中学1年の朝鮮半島の引き上げの時、
現地にいる日本人の一般市民には、お上からラジオ放送で
「治安は維持される。一般人は軽挙妄動(けいきょもうどう)することなく
現地に留まるように」との放送が度々流れたとのこと。

 情報を持っている政府要人の家族や利口なグループは、
ここにいては危ないといち早く察知してさっさと列車に乗って、ソウルの方に南下して
いきました。あとに取り残されたのは、政府の言うことに従っていれば間違いがないと、
愚直に信じていた普通の日本人だけです。

 国家にひたすら倚りかかっていた私たちは、やがて侵攻してきたソ蓮軍にすべてを
奪われて、難民となり、地獄の日々を体験したのです。

 いま、盛んに政府が「人生100年時代構想」の提言をしていますが、
それを鵜呑みにして、踊らされるのではなく、「百歳人生」とは、
自分の人生の幸せを構築するための、長いスパンを天から与えられた
一種のモラトリアム、と考えたほうが良いのではないかと思います。

 五十代は、その大切な事はじめのときなのです。

 
 「もはやいかなる権威にも倚りかかりたくない」と思っているんですが、
人生100年だと思うとそのうちいつか役所などの相談窓口に
介護問題などを含めてアドバイスを求めないと前へ進まないように思います。
なかなか倚りかからず生きるのは難しいですね。(苦笑)




中山千夏 「あなたの心に」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« こんな死に方をしたいです、... | トップ | 三百円貰おうとしたら、ハズ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (かっつん)
2018-01-19 08:30:52
役所にアドバイスを求めるのは
倚りかかることではないはずですから大丈夫です
利用できるものは利用して凛として生きる
お互い頑張りましょう
おはようございます。 (kei)
2018-01-19 08:48:37
人生100年だと思うと、倚りかからないと生きていけない気がします。

医療関係に勤める娘は、介護保険などの利用できるものは目いっぱい利用するのが良いといいます。
その為の知識を今から蓄えて、利用できるものは利用していきたいと思います。

まぁ、ピンピンコロリが理想ですが・・・(笑)
利用と依存は違いますね。 (くちかずこ)
2018-01-19 09:07:50
利用できる物は利用し、
知恵も拝借するけれど、
直立して生きると言うことですよね。
くちこは、離婚した時にそれを決意しましたよ。
色んな人、物とも繋がるけれど、それは、依存では無く、直立して生きていく上での関係とする。
だったのですが・・・
今は・・・・こんなていたらくです(^^;)
Unknown (かずちゃん)
2018-01-19 09:18:07
誰かによりかからず一人で生きていくのはとても難しいことだと思います。
↑のみなさんがおっしゃるように、うまく使い分けて、利用できることは利用し、自立していきること。
それが大事とは思っても、なかなか現実には難しいですが・・・(笑)

Unknown (sasayuri)
2018-01-19 09:57:30
こんにちは!

人生、峠を越えて60代で体調不良になりました。
で命がある意味では、続いてくれるので良いのですが、その苦しみを背負って、毎日を過ごしていかないとならない。

健康な人には、分からない苦しみがあり、毎日が
大変ですが、負けないで強い心で生きていきます。
いずれ誰かに倚りかかり寄り添っていきます。
そう言っていただいて気が楽になりました。 (masamikeitas)
2018-01-19 15:06:28
かっつん 、こんにちわ。

>役所にアドバイスを求めるのは
倚りかかることではないはずですから大丈夫です

そうですか!
そう言っていただいて気が楽になりました。

>利用できるものは利用して凛として生きる
お互い頑張りましょう

凛として生きていないですが、ドタバタ、アタフタを減らしたいです。(苦笑)
せっかくある機関だからうまく利用したいですね。 (masamikeitas)
2018-01-19 15:10:36
keiさん、こんにちわ。

>医療関係に勤める娘は、介護保険などの利用できるものは目いっぱい利用するのが良いといいます。
その為の知識を今から蓄えて、利用できるものは利用していきたいと思います。

せっかくある機関だからうまく利用したいですね。
まずは地域包括センターか役所に相談したほうがいいですかね。

>まぁ、ピンピンコロリが理想ですが・・・(笑)

理想通りに行けばいいんですが。(笑)
利用は生活の知恵ですかね。 (masamikeitas)
2018-01-19 15:15:37
くちこさん、こんにちわ。

>利用と依存は違いますね。

利用は生活の知恵ですかね。
いろんなサービスを活用していかなくちゃ。(笑)

>くちこは、離婚した時にそれを決意しましたよ。
色んな人、物とも繋がるけれど、それは、依存では無く、直立して生きていく上での関係とする。

依存しないで自分で切り開かれたくちこさんは素晴らしいです。(笑)

>今は・・・・こんなていたらくです(^^;)

そんなことはないです。
今も立派に直立されてます。(笑)
特に私のように依存症が強い人間は (masamikeitas)
2018-01-19 15:20:53
かずちゃん、こんにちわ。


>誰かによりかからず一人で生きていくのはとても難しいことだと思います。

確かに難しいですよね。
特に私のように依存症が強い人間は、難しい面があります。(苦笑)

>↑のみなさんがおっしゃるように、うまく使い分けて、利用できることは利用し、自立していきること。

専門家に教えてもらいながら、うまく切り分けていきたいです。
確かにご本人の辛さ、苦しさはわからないです。 (masamikeitas)
2018-01-19 15:26:42
assayeriさん、こんにちわ。

>健康な人には、分からない苦しみがあり、毎日が
大変ですが、負けないで強い心で生きていきます。

確かにご本人の辛さ、苦しさはわからないです。
でもsasayuriさんが病気に立ち向かわれていることは、ブログからわかります。

>いずれ誰かに倚りかかり寄り添っていきます。

sasayuriさんを支えてくださる方はご主人をはじめとして、お嬢様、お孫さんなど多くの方がいらっしゃいます。
安心して依りかかれますね(笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事