飾釦

飾釦(かざりぼたん)とは意匠を施されたお洒落な釦。生活に飾釦をと、もがきつつも綴るブログです。

「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」・・・少年期心躍らせた怪獣映画#2

2007-10-02 | 心躍らせる特撮映画
「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」

■製作年:1966年
■監督:田中重雄
■特撮監督:湯浅憲明
■出演:本郷功次郎、江波杏子、夏木 章

ガメラ対バルゴン、昨日も書きましたがこの映画が、ボクが5歳のときに始めて観た怪獣映画です。当然、5歳の子供なので詳しい部分のストーリーなどは理解できないし、またよくは憶えていません。が、その中でも大画面で繰り広げられる怪獣同士の戦いで、薄らと記憶しているシーンがあります。それはバルゴンが孵化するシーン、そしてバルゴンの背中から発せられる虹のような光線、そしてガメラの攻撃によってバルゴンの頬から紫の血を流すシーンです。今回映画を再見し、いずれのシーンも幻想的で、しかもリアルに描かれていました。子供心ながら神秘的な表現に惹かれるものがあったのでしょう。

そして気がついたことは、怪獣映画でバルゴンのようなトカゲ系の姿をした怪獣はあまりいなかったんじゃないかな、ということ。横長の姿の怪獣なので、それをシネスコサイズの画面で生かすため、のっしのっしと画面を横断していくような構図がとられており、それがスペクタルな印象を与え、チンケになりがちな特撮映画において妙に重厚感を出していました。それが動物感も同時に出しており、また段々と手薄になっていくセットにも力が入っているので、リアルさを一層醸しだしています。

それとユニークなのはバルゴンは誤って水虫退治用の赤外線が当ってしまい発育が促進さてた畸形であるということ。水虫というのがなんとも・・・。また、この映画には子供が登場せず子供の味方としてのガメラの特徴はありません。前作からガメラの立場は変わり人類には害を与えない存在になっています。

子供のエピソードはないかわりに、バルゴンの生息地であるニューギニアの密林地帯の原住民を演じた江波杏子の化粧も濃くフェロモン出しまくり、へそだしルックも目立ちそちらに目が奪われてしまいました。


68歳の店長が、楽天出店で月商1400万を達成。その秘密とは?

クリック、お願いします。 ⇒



■関連書籍DVDはこちら↓↓
大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

徳間ジャパンコミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大怪獣ガメラ」・・・少年... | トップ | 「大怪獣空中戦 ガメラ対ギ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントが遅くなりました。 (ガメラ医師)
2007-10-04 18:54:14
 対バルゴンは、子供向けという大映の昭和ガメラ路線が固まる以前の作品なので、怪獣映画としてシリーズ中で評価の高い作品ですね。
 シネスコの画面で横方向の移動、という視点は新鮮に感じました。水虫の治療器は本来紫外線が用いられるはずなのですが、紫外線には殺菌効果があるので卵は孵化できないはずなんです。^^;)
 小野寺の極悪ぶりも、よく話題になっております。
なるほど (飾釦)
2007-10-04 22:59:13
紫外線は殺菌効果があるから孵化できない!コメントありがとうございます。
TB有難うございました。 (エクスカリバー)
2007-10-06 09:26:13
ガメラシリーズは、怪獣たちが個性的でユニークなのが良いですね。
なかにはユニーク過ぎて、外し気味なのもないではないですが・・・(苦笑)。
ありがとうございます (飾釦)
2007-10-06 11:47:11
おっしゃるとおり、ギロンなど包丁ですからねっ!すごいというか・・・。コメントありがとうございます。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2007-10-06 13:31:48
TBありがとうございました!
4つ足怪獣は、その動きがねぇ、、、
どうしても後ろ足、膝で歩いてしまうから、
ハイハイみたいで、イマイチです。
コメントいただき (飾釦)
2007-10-06 20:26:48
ありがとうございます。

猫姫少佐現品限りさまのブログには以前もTBさせていただき、コメントをいただいたことがあります。憶えていらっしゃるでしょうか?

また、よろしければ見てやってください。ありがとうございます。
はじめまして (路じうら小僧)
2007-10-11 04:09:04
ガメラ対バルゴン系でいろいろブログ覗いてたらこちらにたどり着きました。

最近見直してみたんですが、やっぱりオモロイですね!

重厚感のある対決シーンで、ゴジラシリーズより好みかな?と思うくらいでした。

僕は4つ足同士でぶつかり合うのが面白いと思いました。(確かにハイハイ状態ですけど)
バルゴンの口が思いのほか裂けててデカイ!
こいつが突っ込んでくるだけで見せ場だなーと思うし!
怪獣の魅力を表していましたね (キングギドラ)
2007-10-11 22:06:27
新怪獣バルゴンは伝説的な設定にしてあって私はこういうのが好きですね。1000年に1度の誕生、ダイヤモンドの光を好む、カメレオンのように伸びる舌、紫色の血、冷凍液の噴射、背中からの殺人虹光線、水が弱点で雨の時に行動が止まるなど特徴を付けてストーリー上にも反映させました。この頃の東宝はゴジラが中心となっていて新怪獣の細かい設定が疎かになってきた時期だったのでバルゴンの登場は新鮮でしたね。初期のガメラは面白かったです。
ありがとうございます (飾釦)
2007-10-11 22:26:29
路じうら小僧さま、キングギドラさま、コメントをいただきありがとうございます。ブログを拝見しましたがいずれも個性的で感服いたしました。これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

心躍らせる特撮映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

映画『大怪獣決闘ガメラ対バルゴン』1966年大映主演:本郷功次郎,... (超おすすめ+カルト☆特撮/映画/演劇/TVドラマ☆主題歌/サントラC...)
私のベストガメラ映画です。ガメラにとって、シリーズ2作目にして最初の対戦映画であり、最初のカラー作品。シリーズでは異色作。その特長は、欲望が渦巻く、大人のガメラ映画であることです。子供が出てこない、9割が夜のシーン、ガメラの歌もない(ギャオス以降)、ガメ....
『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(1966)ずっと勘違いしていました。バラゴンだって.... (良い映画を褒める会。)
 ガメラ映画初の対決物であり、以後はすべて対決路線が続いていきます。前回での反省を生かしてきたのか、今回は登場人物をすべて大人のみにして、子供たちを排除しました。このため、ガメラ物では唯一の大人向け作品として君臨し続ける事ができました。
「昭和」ガメラシリーズの2本(笑) (極私的映画論+α)
「大怪獣ガメラ」が私たちの目の前に現れたのが1965年・・・私は幼稚園の年少さんだったけど、十三大映に見に行きました。
『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(1966) (【徒然なるままに・・・】)
ニューギニアの奥地から持ち帰ったオパール、実はそれは恐るべき怪獣バルゴンの卵だったのだ! ということで始まる「ガメラ」シリーズの第2作目。併映は『大魔神』で、これは史上初の新作特撮怪獣映画の2本立て!? 前作のラストでロケットによって宇宙へ打ち上げら...
大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン 07142 (猫姫じゃ)
大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン Gamera vs. Barugon 1966年   田中重雄 監督  湯浅憲明 特撮監督本郷功次郎 江波杏子 早川雄三 藤岡琢也 夏木章 藤山浩二  昭和41年。東宝では、サンダ対ガイラ、エビラの年ですが、大映ではこれだけじゃなくっ...
ガメラ:昭和ガメラ論議 2007/10/06 (ガメラ医師のBlog)
 前回、10月1日に「昭和ガメラ論議 07/10」でご紹介した、「飾釦」さまの昭和ガメラシリーズ鑑賞記が、その後も順調に更新されております。  本日までに把握し得たのは、対バルゴンから対ギロンまでの計4作。これらをまとめてご紹介させて頂きます。 『飾釦』 http:...
大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン (昭和41年・1966) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
ガメラ生誕40周年記念 Z計画 DVD-BOX湯浅憲明 田中重雄 金子修介 一瞬に大阪市街を焼きつくすガメラか! ひと吹きで大阪城を凍らすバルゴンか! 琵琶湖水中の大激突!  『大怪獣ガメラ』(昭和...
○○ 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴンを観賞 ○○ (★★路じうらダマシイ!★★)
レンタルで見ました。久々に見たんですが、面白いですね。 バルゴンって口が凄い大きくて迫力あって好きですねえ。 トゲトゲのトカゲっていうだけのシンプルなデザインながら奥が深いっすねえ。 全体的にハードタッチなのもグー。 [[attached(1,senter)]] 怪獣同士の...
大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン(1966) (時の彼方に 夢と共に去りぬ 怪獣よ帰れ!わが胸に)
大映がゴジラに続けと作った<font color=red size=2><b>「大怪獣ガメラ」(1965)</b></font>の成功により半年後には公開の2作目ですね。今度は モノクロからカラー作品になって<font color=red size=2><b>「大魔神」</b>&...