見出し画像

車正吉・桜が駆け巡る

7月到来〜半夏生と氷河について

7月1日(水)曇り 

月が変わり、7月になった。
近くのスーパーマーケット店内、鯖の丸焼きコーナーが特設される。
半夏生(はんげしょう)と呼ばれる今日、越前大野市周辺では昔から、焼き鯖を食する風習があったとのこと。
商魂逞しい嶺北系スーパーは、敦賀市内でも焼き鯖を販売するようになった。
我が家、ひと足先に昨夜、丸焼き鯖を食する。
 
私の生家辺り、半夏生のことを「はげっしよ」と呼び、農作業を休む慣わしがあった。

今日も自宅に籠もり、完全休養日とする。




【丁度10年前、アラスカ州の氷河を眺めていた】

飛鳥Ⅱのワールドクルーズ、終盤7月、アメリカ大陸太平洋岸を北上。 
ジュノー港に寄港した。

この日は、東京の長○様
ご夫妻と氷河見物に出かけた。
ご夫妻、数年前にも同じ場所を訪れられたとのこと。
氷河の先端部に目印を付けられたらしいが、氷が溶けて川のようになっていた。
勿論目印は跡形も無し。

〈この日のブログ〉


あれから10年経ち、氷河の後退がより一層進んでいることだろう。
温暖化問題、年々深刻化している。
長○様ご夫妻、お元気でヨットクルーズを続けていらっしゃるだろうか。

何時も有難うございます。ランキングに参加しています。バナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る