見出し画像

車正吉・桜が駆け巡る

魅力あふれる夢のまち伊万里ウオーク2021

2021.11.23(火・勤労感謝の日)曇り時々晴れ 

先週末に開催された下関ワンデーに参加後、伊万里市にマイカー移動する。
 
伊万里グランドホテルに投宿。
ホテル内、古伊万里が展示されている。


唐津市にはツーデーウオークヘの参加で2回訪れた。
しかし、隣接する伊万里市を訪れるのは初めてだ。
有名な磁器の産地、と言った知識くらいしか無かった。
この大会、7回目の開催とのこと。
コロナ禍の中での開催に心から感謝する次第。

この日、6㎞・12㎞・20㎞の3コースが設けられている。
妻の桜は事前申込み通りに20㎞コースへ。
私は腰痛が治らず、6㎞コースに変更する。
市内観光する気持ちで、ポールを頼りにのんびりと歩いた。

〈この日のマップとGPS〉


大会本部の了解を得て、12㎞コースと一緒にスタートする。
北九州市からのワンちゃん御一家もお見送り。


国見台運動公園の坂を下り、北上を開始。


マクドナルド店横を通過。

どんどん北上する。



長い高架橋を通る。
伊万里警察署前を通過する。

道端にお地蔵様を発見!


スタート後1.7㎞、伊万里津大橋に着いた。
江戸時代以降、この橋近くの港(津)から、伊万里焼がヨーロッパ等へと輸出されていた。
橋の両側、真ん中に巨大な伊万里焼が立つ。




橋の手前を右折し、川沿いの道を東進する。
松島橋のたもとを進む。


トンテントン川落とし合戦場の傍らを通過する。




相生橋を渡る。



延命橋を渡る。




幸橋を渡る。


渡り終え、伊万里神社にお参りする。静かで心落ち着く空間だった。








お参りした後、商店街を西進する。


チェックポイント、伊萬里まちなか一番館に到着する。

笑顔が素敵な女性スタッフさんから振る舞いを受けた。
お茶とおまんじゅうを頂く。

館内の様子。


商店街を離れ南下する。



大きな女性像が二体立つ。



森永製菓の創立者の像。
伊万里市のご出身とは知らなかった。

伊万里駅へと進む。 



駅舎の2階に伊万里・鍋島ギャラリーがあった。料金を払い入場する。

写真撮影禁止だが、入場記念に一枚パチリ!

 
鍋島藩、「国策」として焼物生産を促進したことを知る。窯元が立つ秘窯の里、次なる機会に訪れるつもりだ。

国見台運動公園の坂道を登り、グランド内にゴールインする。


完歩証の裏側に抽せん番号が記されていた。
インスタント味噌汁5袋が当たった。 
一等は伊万里牛が二本とのこと。次回は当てるぞ🥰


振る舞いのダゴ汁を頂く。
九州特有の甘口味が美味しかった。



私達にとって初参加の大会だが、印象に残る一日だった。
市長さんを筆頭に、市を挙げて開催に取り組まれる雰囲気を随所に感じた。 
お世話になりました。
また参加させて頂きます🥰

















     

 
 



 














何時も有難うございます。ランキングに参加しています。バナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「国内のウォーキング大会参加」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事