「手仕事」メモ

日々のこと、手づくりのこと・・・

秘密の遠足部 【倉敷(その1)】

2014年04月07日 | 秘密の遠足部

以前、コストコへ連れて行ってもらった記事は、「秘密の部活」というカテゴリーに入れていたのだが、
これから「遠足」がシリーズ化する可能性を見込んで、「秘密の遠足部」というカテゴリーを、新しく作ってみた。

コストコに続く「遠足」2回目は、倉敷。
コストコに比べると、ちょっと(ちょっとなのか?)遠い遠足です。

朝8時に、うちのお店に集合した女4人。
さぁ、出発。

4人のうち、2人はお互いに初対面ですが、そんな事はみじんも感じさせない、車内でのおしゃべり。

で、一番若い部員さんが「遠足におやつはつきものでしょ」と、



おやつを配ってくれる。
気配りのできる子だわ。



中身は、懐かしのお菓子シリーズ。
ありがとう。

さて、4人もいると、1人くらいは必ずいる「朝バタバタしてご飯食べてない」というパターン。
やはりいました。
菓子パンの甘い香りをかぎながら、ドライブは続きます。

行く道は、遅く感じます。
というか、宝塚あたりで、ちょっと渋滞。

事故?っぽい。

ゆっくり進みながら、路肩にたたずむオッチャンを発見し、
「あんたのせいやー!」などと、悪態をつきながら、
(あくまで車内で。直接オッチャンに文句を言う根性、私達にはない。)

追い越し車線をゆっくり進み、後ろを渋滞させているトラックを追い抜きざま、
「ひこにゃんのぬいぐるみなんか乗せて何してんねんー!」などの悪態もつきながら
(重ねて確認しておきます。あくまで車内限定です。)
ドライブは続き、2回目の休憩。



吉備SAで、桃太郎に出迎えられる。



やっぱり、フルーツ王国岡山に来たのだから、桃のソフトははずせない。(マスカットと悩んだけど。)

そしてドライブは続き、無事に倉敷に到着。
倉敷駅近くの、カモ井パーキングに車を入れる。

運転、お疲れ様です。

カモ井ってご存知の方はご存じだと思うが、
マスキングテープを作っている会社。

マスキングテープって、職人さんとかが使っているイメージだけど、
今は、可愛くてオシャレなマスキングテープが、流行りに流行っている。

カモ井の、可愛い系マスキングテープは、「mt」という商標で展開されている。



駐車場には「mt」の旗がはためき、カモ井の城下町の様相だ。
実際、倉敷のお店では、必ずマスキングテープを見た。
商品として売っていたり、実際に使っていたり。

その数、種類は、大阪の比ではない。

さて、車も停めたことやし、倉敷の美観地区に行ってみましょう。



商店街を通って



まずは、林源十郎商店へ。

やっぱりここにも、これでもかってマスキングテープが並んでる。
見たら買いたくなるねん。
でも今は、我慢我慢。

で、林源十郎商店のお向かいに、美味しそうなパン屋さんを発見してしまった私。



買っちゃいました。
ランチ部じゃないのに。



公民館。



こちらは、中国銀行。



この日は気候も良く、遠足日和。



建物が低い街並みって、なんか落ち着く。

うろうろと、ランチのお店を物色しながら歩くのですが、どこのお店もけっこうなお客さん。
平日でこんなんやったら、土日は恐ろしいくらい人が居るのだろうか?
恐るべし、倉敷美観地区。

まぁ、どのお店も、ちょっと待てばランチにありつけるとは思うけど、
ちょっと歩いて、美観地区のはずれまで行ってみる。

道中、



骨董屋さん?みたいなお店の屋根が大変な事に・・・



ちょっと怖い・・・

この骨董屋さん(?)からすぐのところのイタリアンでランチ。

入ったとたん、他のお客さんのテーブルにあるピザを見て、
これ一人じゃ無理・・・と思ったので、4人でシェアすることにした。



王道のマルガリータ。



ハムとチーズの入ったカルツォーネ。



サラダ。



サラダにドレッシングはかかっていないという事で、
自分でオリーブ油やお酢(何の酢か忘れた)、塩コショウを適当にかける。



飲み物は、せっかくなので舶来もん。
名前は忘れた。
柑橘の味がするみたいな説明文がついていたが、柑橘はいずこへ?という炭酸系の飲み物。

舶来もんの味だった。

さて、お腹も落ち着いたことですし、また美観地区へ戻りましょうか。



今度は、川べりを歩きましょう。



倉敷って感じ。



橋の下に白鳥。
じーっとして、全く動く気配ない。
疲れているのか?



塀の外から見た、大原美術館。



大原美術館の横の喫茶店。
夏には蔦にからまれるのであろう。



桜。



桜。



桜満開でした。

ぶらぶらと、



お土産なんか買ってみた。



むかし吉備団子。

昔ながらの製法で作っているらしい。
そのぶん、日持ちは短め、お値段高め。



紙の箱じゃないよ。



黒文字がかわいい。

もう一つついていた、割りばしの片方のような物体。
これは、何に使うんだろう?



割りばしのような物体の出番はなく、使い方がわからないまま食べ終わる。
わからなかったが、吉備団子は美味しかった。



他にも、部員さんお勧めの「むらすゞめ」も購入。
美味しかった。

さて、ここらでちょっと一服いたしましょう。



商店街にあった、コーヒー豆の焙煎とかやってるお店の2階で一服。

一服したら、ちょうどいい時間。

何にいい時間かというと・・・

これ
そう、私達の今日のメインイベントは、mtのファクトリーツアーなのです。

ファクトリーツアー、ひらたく言うと、工場見学。



最初にカモ井パーキングに着いた時に、停まっていたバス。
このマステでラッピングされたバスが、工場とこの駐車場を送迎してくれるのです。



駐車場に着くと、すでにバスはスタンバイ。



すごいね、マステでデコられたバスだよ。



車内もマステだよ。



工場見学に必要なパスも用意。

いざ、出発です。

・・・ですが、ブログ記事が長くなってきたので、今回はここらへんで。

<続く>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ピンク | トップ | 秘密の遠足部【倉敷(その2)】 »

コメントを投稿