簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

渋谷交差点ハローウィンPT

2018-11-02 23:45:24 | 社会
軽トラを横転させるなんて渋谷の交差点に集まったハローウィンの仮装集団はやるじゃん!

なんて武勇伝みたいな話には成らないとは思うけど、ブログにハローウィンネタを記事に書いた後に

なって思うのはコレ系は書かないほうが良かったかなぁーと少しばかり後味の悪い印象が残った。

この時期にハローウィンの渋谷の交差点の騒ぎに態とらしくも一格言するとは、観るも奇抜な渋谷の

交差点暴動トラップの誘惑に解っていながらも嵌められて執筆意欲をかき立てられてしまった。本来ならば

渋谷交差点の暴動は毎度毎度の事で無視してスルーすることが適切な判断だったと思う。


これまで我慢していた渋谷の地域住民やそして全国から渋谷の交差点に集まるハローウィンPTなんて・・・

の否定的な声が軽トラが横転した瞬間から一斉に噴き出してきた。いやいや待て待て。思い返せば渋谷の交差

点に集まって暴れるのは何もハローウィンの仮装が始まりではない。元々はサッカー日本代表の試合後に興奮冷

めやらないサポーターが渋谷に集まって来たのが始まりだ。暴れてモノを壊すや痴漢なども日本代表のサッカー

観戦が始まりのはずでハローウィンは渋谷の騒動としては2番手の集まりで比較的マナーが良いと評価されていた

が、何時の間にやらこんな風になってしまった。それを言ったら日本代表サポーターも昔はマナーが良いと評判

だったはず。因みに痴漢が発生したのは2014年のコートジボアール戦の後のまだDJポリスと呼ばれていた時代だ。


6月のロシアW杯2018の時は開催地との時差の都合上試合放送が深夜になる場合が多く試合後には早朝になる為に

渋谷には人さえ集まらなかった。そんなワールド杯の分まで鬱憤を晴らしたかったのか今年のハローウィンはこれ

まで以上に荒れたようです。しかし軽トラ横転とゴミ以外の大きな被害が報道されていないので、しかも軽トラの

所有者は暴動の参加者だったようでシャッターを壊すなどの周りのお店の被害には繋がらなかった今年のハローウィ

ンは他人事ですが成功のように思える、個人的な考えでは大前提として悪ふざけが出来る渋谷の交差点でなくては

いけない。羽目を外してこそ渋谷の交差点。外野の小言を聞いていてはいけない。ボランティアは良心的な行動で

あると同時に自己肯定の作業でもある。渋谷の交差点を若者の力で自分達の街にして欲しい。毎年のように最後は

お約束で渋谷の自治体に怒られてもまた来年も仮装をして来て欲しい。トマト祭りに比べればまだまだの騒ぎようだ。

昔はDJポリス、今はパリピしないでください。











『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 安田順平ジャーナリスト改め... | トップ | 今年も毎度毎度の南海トラフ。 »

コメントを投稿