簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

セネガルに勝てると思えば心地良い。

2018-06-23 23:50:01 | スポーツ
セネガル戦にグループリーグ突破の大きなカギがある、負けたとしてもリーグ突破の可能性が無くなる訳では

無いが是非とも最低でもドローで乗り越えたい。アフリカ勢のセネガルはFIFAランキングが27位で日本よりも上位に

いる、代表選手のほとんどが欧州のトップリーグで活躍する選手ばかりです。中でもFCリバプールに所属するFWの

マネ選手のスピードは脅威です。3トップの場合には長友選手とのマッチングになりますが、RWでもLWでもどちらの

ポジションでもプレイできるのでマネ選手を抑える選手のポジションは要確認です。長友になるか逆サイドの酒井との

マッチアップになるかは未定ですがポーランド戦から判断すると右の酒井と当たる事になるだろう。

それ以外だとセントラルの位置にいるゲイエ選手もプレミアのFCエバートンで活躍する有名選手です。タックルの

本数ではプレミアリーグで最多を記録していてボールを奪い攻撃の芽を摘むのが仕事です。香川か本田選手の位置の

ポジションとブッキングします。


セネガルのフォーメーションは基本的には4-3-3ですが、今回のW杯の初戦ポーランド戦では4-4-2の形で

中盤の4人がボックス型の布陣でした。代表で右ウィングに入るエースのマネ選手がトップ下の左OHに入っていました。

そこから攻撃時になると両OHがサイドに開いて前線に4人の形になりビルドアップしますが、幅はそれ程は広くは無く

ペナルティエリアとほゞ同じ位の幅で広がります。ポーランド戦を見た限りではサイド攻撃は深い位置からグラ

インダーのパスを中央か近いサイドのFWに入れてくる短めのセンターリングを多用してました。


これだけ訊いたらもぅ難しいサッカーの話は抜きにして素人目線でサイド攻撃はグラインダーのパスに注意!@セネガル

戦と名打ち、根拠は無くても日本の守備力を安易に過信してポジティブに勝ってしまうような展開を望みたい。

セネガルのスピード頼りの単調な攻撃は日本の組織的な守備陣に見切られて通用せず、逆にそこから日本がカウンターを

決める妄想的楽観主義が横行して、その勘違いのまま意気揚々としていたい。良いイメージのまま試合に挑みたい。

意外と日本がセネガルに楽勝できると思い込むフワフワとした夢見心地を少しでも長く楽しんでいたい。

しかし試合当日にピッチの上で脆くも予想とは違う厳しい現実をセネガル11に見せつけられてTVの前で放心するのがサッカー

の醍醐味でもある。


このロシア大会は大番狂わせが多い。無意味であっても勝てると思い込んだ方が良い結果が出やすい。









ジャンル:
ワールドカップ
コメント   この記事についてブログを書く
« 物怖じしない度胸が勝利へと... | トップ | ロシアW杯日本VSセネガル戦は... »

コメントを投稿