簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

カナダで大麻合法化です。

2018-10-24 23:28:00 | 音楽
カナダでも国家レベルで大麻が合法化された。州レベルでは大麻合法化が進んでいる米国とは違い国家レベルでの合法化

は2013年の南米ウルグアイに次いで世界で2例目となる。大麻を合法化するメリットとしてはマフィアやギャングの密売

組織を一掃することが最も大きく第二に新たな税収が期待出来る。そして危険薬物のオーバードーズ(過剰摂取)を防止す

る事が出来る。デメリットの方も様々あるようですが、カナダ国民の多くは大麻合法化を歓迎しているとネット情報を通

じて日本に伝わってきてます。しかし私の大麻に関する意見からは少し懐疑的になってしまう。その理由としては大麻合

法化の話題がまだまだネット情報から抜け出ない段階で数年経過を観察しなくては社会的な副作用などの実情が解って来

ないのでどうしても受け入れ難いものになってしまう。 カナダやウルグアイよりも部分的な合法化の面では先輩に当た

り比較的緩やかな大麻規制で有名な欧州オランダでは海外から大麻目的の観光客が減って大麻を販売するショップが経営

難から閉店していく傾向がある。大麻観光のシェアを世界的な大麻合法化の波に呑まれた形だ。 更にはカナダに続きメ

キシコでも大麻合法化への道のりが進んでおり、米国は北はカナダ南はメキシコに大麻合法化の国に挟まれることになる。

欧州オランダの大麻合法化マーケティングを例を取ると米国はまるで大麻観光のお得意さんでカモのようです。


日本ではグレーゾーンどころかまだまだ違法性の印象が強い大麻に対して国民が安易に心を許すことは無く合法化なんて

とても考えられない状況にある。しかし日本国内でも徐々に大麻と覚せい剤などの薬物では同一線上には並べられないも

のであると認識と理解がされ始めている。芸能人ばかりでなく多くの覚せい剤使用者が次々に逮捕されていく背景に比べ

大麻で逮捕されても軽い罪で処分を見送るケースも増えていていて法の運用によって大麻との距離感を作ろうとしてい

るのが精々だと思われるが、アングラから薬物使用者を掘り出してみると想像以上に国内に汚染が進んでいた事にも驚か

される感じは、ディープなビジネスを想像させるけどやっぱりお金だと思う。



NIPPS & I-DeA 『Rich Man, Poor Man』





『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ヒラリーのLaugh Out Loud | トップ | ハローウィンでピエロのコス... »

コメントを投稿