簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

石破茂の総裁選出馬。2018

2018-08-11 23:34:17 | 国内国際情勢
未だにネトウヨ色を払拭できていない石破茂が政治家の責務として2018年の自民党総裁選への出馬を表明した。

無派閥でいたこれまでとは違い竹下派からの支持や自らの派閥に所属しているので20人の推薦人を集めることに

それほど苦労はしなかったと思う。しかしネトウヨ臭が今も漂っているのは政治家としては致命傷だと思う。


前回の2015年の自民党総裁選では安保法制が争点になる中で無投票で安倍晋三の勝利が決定して文句無しの強さを

示すものだと思われた矢先に野田聖子の出馬情報が出回り一転して総裁選投票を実施するのではと憶測を呼んだ。

結局は推薦人が集まらずカラオケ大会になってしまう野田の出馬空騒ぎの茶番劇が安倍晋三の無投票での完勝ムードに

水を差さす結果になった。3年前の過去があるだけに今回の総裁選では厄介な事になる前に早々と仮想通貨を巡るGACKT

コインのトラブルから野田聖子潰しを始めた。因みに2015年の総裁選で野田聖子のパーティーに石破茂は参加していた。

野田聖子の出馬騒動の黒幕が石破茂だと疑われてるのなら今回の総裁選は石破茂にとって相当厳しい戦いになるだろう。

もしかすると3年前の無投票選挙よりも厳しい結果になる。そもそも2015年の総裁選は安保法制が議題となっている訳で

石破茂にしてみれば高い評価を得ている得意分野のはず。千載一遇のチャンスでありながら出馬さえ出来なかったのは

必ずしも派閥による数の原理が敗因ではない、安全保障問題に詳しいと見られていた石破茂の論は現実的には全く歯が

立たない空虚なものであると多くの人には映っていた。それが敗因であり、安全保障の専門家改めただの軍事オタクで

恥をかきたくない為に「戦争に行かない人は懲役200年や死刑」などと暴論を吹っかけて議論を放棄して安保法制の政策

議論を潰していた石破茂のやり方は決して民主主義的ではない。盗人猛々しいとはこのことです。


石破の派閥が出来る前は無派閥連絡会とされる訳の解らない集団があった。評論家の解説では当初派閥であるのか

無派閥であるのかさえも定かでは無かった。一応は若手議員や無派閥の知識不足を解消するための連絡会となって

いたが、石破が若手議員の草刈り場にする為の集りになると一政治家が個人的に他議員と会ったり政策を協議でき

なかったり身勝手な行為を助長する結果を生み出し派閥として充分な機能を発揮できなかったことは明らかだった。

その弊害が2015年の野田聖子の総裁選出馬騒動でもあると考えた場合に、これ以上党の政策の場を崩されないよ

うに一刻も早く問題となる集団の是正を考えるのは政党運営の面で当然の判断だと思う。無派閥連絡会を起ち上げる

切っ掛けは2012年の自民党総裁選で無派閥の石破茂の大健闘にあるのだが、無派閥連絡会をダメにしたのも石破茂の

身勝手な行動にあるのだから仕方が無い。一言で言えば政局ばかりを気にした人数集めに重きを置き独自の政策が

全く出せなかった。連絡会なので政策をまとめる努力も無かったと思う。


かつて何処の派閥にも入れなかった鳥取県の石破茂を近郷のよしみで自らの平成研究会に誘った島根の青木幹雄。

今この二つの県は参議の選挙区で合区となっていて双方の県の候補者を立てる事さえも出来なくなっている。

元参議員の青木幹雄は何を考えているのか? 現在の竹下派に石破茂支持の要請をした。完全に今の政治からは時代

遅れになった旧経世会の伝統的保守派は今回の総裁選で苦戦させ石破茂の政治的な体力を完全に消耗させて暗黒時代

を終わらせようとするのか。それとも安倍一強に一矢報いるつもりなのかはっきりしない。そもそも経済政策は?



















『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 翁長雄志の死去による今後の... | トップ | 変更が多い東京五輪。 »

コメントを投稿