わたなべ正博の「万歳録」

日本共産党上田市議会議員「渡辺正博」の日記帳(まんさいろく)
2009年5月3日スタート

しんぶん赤旗・・・今日の潮流   最新話は「河童の働き方改革」 

2018年05月31日 20時59分05秒 | 日記
 「ゲゲゲの鬼太郎」のテレビ放送が始まったのは半世紀前。それから何度もアニメ化され、いま6回目のシリーズが日曜午前に民放で放映されています
▼さまざまな社会問題を織り込んだ今回は、おとなにも評判が高い。最新話は「河童の働き方改革」。IT系のブラック企業に、ねずみ男が働きもののカッパをあっせんする。キュウリ3本の時給に喜びながら、酷使されるなかで自分たちが搾取されていることに目覚めていく
▼労働環境の改善や賃金アップを要求するカッパに、社長は「人間には労働基準法が適用されるがカッパには適用されない」と。視聴者からは、みずからの境遇を重ね合わせた共感の声が寄せられています

▼政府・与党はきょうにも衆院本会議で「働き方改革」法案の採決強行をねらっています。残業代ゼロで働かせ放題、1日24時間・48日間連続勤務も合法という高度プロフェッショナル制度。世界でも異常な過労死を促進するばかりか、会社に責任も負わせない究極の搾取です
▼いったん制度化されれば、ブラック企業によって「専門職」が偽装され、違法に高プロを適用される労働者が後を絶たず、際限なくひろがっていくことになるはず。なにしろ、虚偽のデータで法案を押し通す政権のやることですから
▼忙しすぎると、ひとは心をなくしていくと諭す目玉おやじ。自分たちの権利を主張するために立ち上がるカッパたちの姿。それは人間らしく働き生きたいと願う人びとの思いを暗示しているのかもしれません。
コメント

「政府も認めた五つの重大事実を指摘」 志位委員長の党首討論

2018年05月31日 20時56分31秒 | 日記
 森友・加計問題が国会で問題になってから1年以上がたちますが、国民の疑念はますます深まっています。志位氏は、国民と国会を欺く安倍政権の行為が真相究明の重大な障害となっているとして、政府も認めた五つの重大事実を指摘しました。

 第一に、森友学園との国有地取引をめぐる決裁文書の改ざんです。政府は昨年2月下旬以降、この前代未聞の違法行為を行ったと認めています。

 第二に、森友学園との交渉記録を「廃棄し、残っていない」とした昨年2月下旬以降の国会答弁が虚偽であったことを政府は認めました。虚偽答弁で交渉記録を隠ぺいしようとしたのです。

 第三は、実際に交渉記録を廃棄したことです。政府は、「廃棄した」との答弁に合わせて、昨年2月下旬以降、当時保管されていた交渉記録を廃棄したことを認めました。


 第四は、加計学園の獣医学部新設をめぐり、文科省内に存在した内部文書を「怪文書」と決めつけて隠ぺいしたことです。しかし、文科省の前川喜平前事務次官の証言が行われ、政府は文書の存在を認めました。

 第五は、柳瀬唯夫元首相秘書官の昨年7月の答弁が虚偽だったことです。柳瀬氏は2015年4月2日の愛媛県今治市の担当者との面会を「記憶にない」と否定しましたが、今年5月、同時期に加計関係者と3回にわたって首相官邸で会ったことを認めました。

 志位氏はこれらの事実を指摘し、「いったい、なぜ、このような悪質な行為が引き起こされたのか」と繰り返し追及しました。しかし、安倍首相は答えられず、「ウミを出し切り、組織を立て直す」「言った、言わない(の議論)になっているものがある」などと、逃げの答弁に終始しました。

 志位氏は「国民はみんななぜかを知っている。すべては総理を守るためだ」と指摘。森友疑惑について「私や妻が関係していれば総理大臣も国会議員も辞める」(昨年2月17日)、加計疑惑について「もし働きかけをしているのであれば、責任を取る」(同3月13日)と断言した首相を守るために悪質な行為が行われたとして、「もしも総理が真実を語っていたら、そのような悪質な行為を行う必要がない。それが行われたということは、総理の答弁がウソだった。そうとしか説明がつかない」と強調しました。その上で「森友・加計問題への総理夫妻の関与はいまや明らか」だとして、「総理の職を辞する」ことを強く求めました。
コメント

5月30日(水)のつぶやき

2018年05月31日 04時25分43秒 | 日記
コメント

しんぶん赤旗・・・今日の潮流 「今も家族による長期間の監禁があるのはなぜか」

2018年05月30日 18時09分08秒 | 日記
 座敷牢(ろう)が今も―。精神障害者が長年家族から監禁させられていた事件が相次ぎ、衝撃が走りました。大阪府寝屋川市の30代女性が隔離された小部屋で監禁され衰弱死。兵庫県三田(さんだ)市では40代男性がプレハブ内の檻(おり)に閉じ込められていました
▼「わが国十何万の精神病者は実にこの病を受けたるの不幸の外に、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」。呉(くれ)秀三が百年前、全国の座敷牢など私宅監置の状況を『精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察』にまとめ、こう述べています
▼裸で体をくの字に曲げて横たわる人。柵の間から顔を出す人。東京帝国大学医科大学精神科教授の呉は、治療を受けられないまま精神障害者が幽閉させられるだけの実態に心を痛めたのです

▼病院が足りないうえ、監督官庁の指導で精神障害者を外に出せず、私宅監置をせざるを得ない家族にも目を配っていました。院長を務めた東京府巣鴨病院(現都立松沢病院)では、鎖などの拘束具を廃止し、作業療法を始めました
▼1世紀たった今も家族による長期間の監禁があるのはなぜか。社会や情報から孤立し、精神障害のある本人と家族の望む支援を受けられず、家族の看護だけで暮らしているケースが少なくないからです
▼呉の足跡をたどるドキュメンタリー映画「夜明け前」が来月都内で上映されます。「精神病者の救済・保護は実に人道問題にして、わが国目下の急務と言わざるべからず」。百年前のこの指摘は、今も重い課題として突き付けられています。
コメント

障害年金 1010人打ち切り 機構が予告通知 認定審査一元化で

2018年05月30日 18時03分35秒 | 日記
 日本年金機構が障害や難病を抱える人に支給する障害基礎年金の受給者1010人に対し、障害の程度が軽く受給の認定基準に達しないとして打ち切りを予告する文書を送付していたことが29日、分かりました。都道府県単位だった認定審査の手続きを2017年4月から全国で一元化したことが影響したとみられます。当事者や福祉の専門家からは「障害者の生活実態を考慮しない一方的な対応だ」「実態に合わない認定基準こそ見直すべきだ」など批判の声があがっています。

 加藤勝信厚生労働相は同日の記者会見で、文書送付に関し「直ちに支給を打ち切るのではなく、1年後に改めて審査することにしている」と強調。「個々の事例ごとによく検討しながら対応を考えたい」と語りました。
 障害基礎年金は、20歳前や国民年金加入時に病気やケガで障害を負った人に支給される年金です。障害の程度によって1、2級に区分。年間支給額は1級が約97万円、2級が約78万円です。
 厚生労働省が今年4月に発表した障害者の実態調査では、月収9万円未満の人が65歳未満で2人に1人など経済的に苦しい人たちが多数です。障害基礎年金の打ち切りは、生活苦に拍車をかけることになりかねません。
 1000人超に支給打ち切りを予告した対応について、年金機構は「これまでに同様の事例はない」と話しています。
コメント

改ざん「悪質でない」 麻生氏が暴言 衆院委

2018年05月30日 18時00分06秒 | 日記
 麻生太郎財務相は29日の衆院財務金融委員会で、学校法人「森友学園」との国有地取引をめぐる決裁文書の改ざん問題について、「少なくとも、バツをマルにしたとか、白を黒にしたというような、いわゆる改ざんとかいった悪質のものではないのではないか」などと答弁し、事態を軽視する重大な認識を示しました。立憲民主党の川内博史氏への答弁。

 川内氏は、公文書改ざん問題について財務省が今後作成、提出する報告書の表題や記述では、「書き換え」ではなく、「改ざん」という表現を使うべきだと主張。これに対し麻生氏は、問題の重大な答弁を行ったうえで、「答弁に合わせて書き換えたというようなことが全体の流れだ」などと発言しました。
 一方で麻生氏は、「小さな話であろうと、大きな話であろうと、少なくとも決裁が下りた文書を書き換えるとかすり替えるとか差し替えるという状況は、極めて由々しきこと」だとして、「深くおわびを申し上げなければならない」とも述べました。
 これに対し川内氏は、一業者との関係ではなく、国民、国会との関係では悪質で重大な問題として捉えるべきだと主張し、麻生氏の姿勢を批判しました。
コメント

5月29日(火)のつぶやき

2018年05月30日 04時22分01秒 | 日記
コメント

安倍政権は外交・内政ともにボロボロ・・・新潟県知事選挙で安倍政権に引導を渡す

2018年05月29日 07時51分56秒 | 日記
 外交では孤立化を深め、「蚊帳の外」で飛び回っている一匹の蚊のようになってしまいました。
 「世界で唯一」米朝首脳会談の中止を支持した途端、2度目の南北首脳会談が開かれ、トランプ米大統領も「やめるのをやめる」と表明しました。アメリカに追随して「二階」に上った安倍首相は、トランプ大統領からはしごを外されたような形になりました。
 日露首脳会談ではプーチン大統領によって50分近くも待ちぼうけを食わされ、記者団による質問の時間が無くなってしまいました。北方領土返還について何の進展もなかったばかりか、共同経済プロジェクトの推進によって実効支配と既成事実化の手伝いを約束させられる始末です。

加計学園は誤った情報を伝えたなどとして安倍首相と加計孝太郎氏との会見を否定しました。前後の経過から言って信じられない話ですが、もしそれが本当なら、安倍首相の名前を出して関係者を騙し、獣医学部の新設と多額の補助金をせしめたことになります。
 つまり、岡山理科大新学部設置をめぐる巨額の補助金「詐欺」を働いたということを自供したことを意味します。加計学園には、そのことが分かっているのでしょうか・・・。
コメント

5月28日(月)のつぶやき

2018年05月29日 04時20分43秒 | 日記
コメント

5月27日(日)のつぶやき

2018年05月28日 04時27分52秒 | 日記
コメント

5月26日(土)のつぶやき

2018年05月27日 04時27分14秒 | 日記
コメント

5月25日(金)のつぶやき

2018年05月26日 04時25分45秒 | 日記
コメント

5月24日(木)のつぶやき

2018年05月25日 04時24分26秒 | 日記
コメント

安倍首相としては否定するしかない認めれば虚偽答弁責任を取らなければならない

2018年05月24日 08時44分03秒 | 日記
 加計学園疑惑については、愛媛県により新たな文書が公開されました。これについて、安倍首相は真っ向から否定しています。
「ご指摘の日に加計理事長と会ったことはない。念のため昨日、官邸の記録を調べたが、確認できなかった」と首相は述べていますが、

その後、菅義偉官房長官は記者会見で「(官邸に入る際に氏名や面会相手などを記す)入邸記録は業務終了後速やかに廃棄される取り扱いとなっており、残っていなかった」と説明しています。
残っていない「記録」をどうやって調べ、確認したのでしょうか・・・。

 
コメント

5月23日(水)のつぶやき

2018年05月24日 04時31分52秒 | 日記
コメント