わたなべ正博の「万歳録」

日本共産党上田市議会議員「渡辺正博」の日記帳(まんさいろく)
2009年5月3日スタート

一般質問の準備急ピッチ・・・足が痛くてあまりで歩けないので一気に・・・

2016年08月31日 07時11分37秒 | 日記
上田市総合戦略と人口ビジョンがテーマ
コメント

8月30日(火)のつぶやき

2016年08月31日 03時18分20秒 | 日記
コメント

きょうのしんぶん赤旗「主張」 共謀罪法案 人権侵害の本質は変わらない

2016年08月30日 13時48分56秒 | 日記
 自民党政権がこれまで3度国会に提出し、そのたび人権侵害との国民の批判を浴びて廃案となってきた共謀罪について、安倍晋三政権が、またも法律化を図り9月召集の臨時国会に4度目となる法案提出をする構えです。思想・信条の自由など人権を侵害する共謀罪法案の提出中止を強く求めます。

名称など装いを変えたが

 安倍政権は、今度は装いを変え、共謀罪の名称を「テロ等組織犯罪準備罪」とし、対象も「組織的犯罪集団」に限るとしています。しかし、以前から批判が集中していた対象犯罪については、前と同じ600を超えたままです。

 共謀罪の本質は、犯罪が行われなくても「犯罪を共謀した」というだけで処罰をするというところにあります。近代の刑罰法では、思想・信条を処罰してはならないことは当然です。単なる発言だけでは、実行行為に至るかどうかは不明で、思想・信条を処罰する危険があるので、刑罰は犯罪行為が実行された場合のみを対象とする原則が確立されているのです。

 これまでの共謀罪法案の提出の際に指摘されていたのは、飲み屋でうっぷん晴らしに上司を指して「あいつを懲らしめてやれ」「そうだ、そうだ」とつい大声をあげたことが共謀罪にされてしまうことでした。

 今回はそういう行為だけでは犯罪とせず、「準備行為」という要件を加えるといわれています。しかし準備行為という定義はあいまいなうえ「資金や物品の取得」「その他」となっています。集団のうちの1人が犯罪の準備をしたということで、これまでと同様、まったく犯意のない人まで“同意をした”とされ、捜査当局の恣意(しい)的判断で犯罪者とされてしまう懸念は、依然として残っています。

 対象についても、これまでの「団体」を「組織的犯罪集団」に変更しました。しかし、「2人以上で計画した」グループが組織的犯罪集団として追及されるわけですから、内容が変わったのではなく、一般の市民団体、NPO団体や労働組合などが、この法律の対象とされる危険はなくなっていません。

 そのことは、「共謀」と関係のありそうもない犯罪類型も含めて、懲役・禁錮4年以上の犯罪と規定されているすべての犯罪が共謀罪の対象になっていることにも示されています。さらに、いったん法律が制定された後、対象範囲が拡大されるおそれもあります。

 共謀罪そのものの本質に加えて、今年の通常国会で強行された通信傍受法(盗聴法)の改悪と合わせると、警察の捜査が国民の人権を侵す方向でいっそう広げられる危険が現実のものとなります。

 通常国会では盗聴法案の審議のなかで、これまででも対象傍受のうち犯罪と関係のない会話が圧倒的多数を占めていることや、政府側が法律の目的としたはずの犯罪集団の上部指揮者の摘発にはほとんど成果を上げていないことなども明らかとなっています。

「だまし討ち」を許さず

 7月の参院選で、自民党も公明党も共謀罪導入を公約していません。選挙が終わった途端、悪法を持ち出すやり方は、昨年の戦争法や、かつての秘密保護法の強行と同じで大義も道理もありません。安倍政権の「だまし討ち」を許さず、共謀罪法案の国会提出を断念させるたたかいが急がれます。
コメント

解散・総選挙がさし当りの政治決戦

2016年08月30日 08時47分20秒 | 日記
【野党連合の新政権作りに本格的に取りかかる】
 そのためには、第1に、この間のたたかいで培われた市民や野党間の多様なつながりや信頼関係を大切にし、発展させることによって主体的な力を強めること。
第2に、アベ政治後のビジョンを提示して明るく夢のある未来像をしめすことによって政策的な魅力を高めること。
第3に、労働組合運動など大衆運動分野での一点共闘を拡大することによって草の根からの連合政権の土台作りをはじめること。
また、戦争法が施行され、今回の参院選で改憲勢力が衆参両院で3分の2を超え、いつでも改憲発議できる「危険水域」に突入した。
戦争法廃止を目指すとともに、その発動を阻止し、改憲派にたいする批判を強めて憲法学習を推進し、改憲阻止のたたかいを進めることが重要になっている。
コメント

連合政権樹立に向けての準備を始める

2016年08月30日 08時22分06秒 | 日記
 安倍首相ではないが、アベ政治のストップに向けて「この道を、力強く、前へ」
 近い将来にあるだろう解散・総選挙をめざし、連合政権樹立に向けて政権交代へ
の準備を始める。
 政策的一致、国会内での協力、選挙への取り組みなど野党4党間での共同を拡大
し、今後の首長選挙や地方議員選挙、衆院補選などでの野党共闘を実現して解散・
総選挙でも野党統一候補の擁立をめざす。
 とりわけ、政策的準備が重要で、通常国会での共同提出法案や参院選での確認事
項を踏まえ、臨時国会で野党共同の法案提出などを進めながら、外交・安全保障、
米軍基地、自衛隊、税制、TPP,エネルギーなどの基本政策での合意形成に努め
ること。
コメント

8月29日(月)のつぶやき

2016年08月30日 03時17分29秒 | 日記
コメント

戦争法具体化 色濃く 陸自が富士総合火力演習・・・弾薬3.9億円

2016年08月29日 19時35分41秒 | 日記
陸上自衛隊は28日、国内最大規模の実弾射撃訓練
「富士総合火力演習」を東富士演習場(静岡県御殿
場市)で一般公開しました。
安保法制=戦争法が施行(3月29日)され、24
日には稲田朋美防衛相が戦争法に基づく自衛隊新任
務の訓練に全面的に着手することを表明するもとで
行われた富士総合火力演習。
演習には弾薬約36トン、3億9000万円相当の
税金がつぎ込まれました。
演習には隊員約2400人が参加。戦車・装甲車は
約80両、各種火砲約60門、航空機約20機、
その他車両約700両が用いられました。
コメント

「しんぶん赤旗」きょうの潮流・・・9月7日パラリンピック開幕

2016年08月29日 19時29分57秒 | 日記
  まばゆい炎の余韻が残るリオデジャネイロで、新たな聖火がそのときを待ちます。
 9月7日開幕のパラリンピック。右ひざから下を失った義足のジャンパーが、その
光を浴びようとしています▼ドイツのマルクス・レーム選手(28)。
陸上・走り幅跳びで、他の追随を許さない8メートル40センチの記録を持ちます。
これはリオ五輪金メダリストの8メートル38センチをも超えるもの。この大会で
五輪超えに挑みます▼レーム選手は、リオ五輪の出場を望んでいました。「カーボン
製の義足が有利に働いていない証明を」。国際陸上競技連盟は、そう彼に求めまし
た。
5月、ドイツ、米国、日本の研究者が調査した結果は「有利とも不利ともいえない」
でした。
しかし、国際陸連は「現時点での証明は不十分」と結論づけました。パラリンピック後、
検証は再開されるものの、彼のリオ五輪の道は絶たれました▼14歳の時、モーター
ボートのスクリューに巻き込まれ、絶望の日々をさ迷いました。
それを乗り越え、走り幅跳びと出合います。「人生を歩むために、新しい考え方で自
分の力を引き出してきた。
長年かけ進化できた自分を誇りに思う」▼4年前のロンドン大会では、「スーパーヒュ
ーマンズ(超人)に会いに行こう」が合言葉でした。人生と競技の“障害”を乗り越
えた超人たち。
その生きざまから見えるのは、折れない心と無限の可能性です▼「五輪とパラリンピ
ックをもっと近づけたい」。大会の間にある障壁を越え、未来を開く跳躍が見られるは
ずです。
コメント

マイナンバー運用不安と不信がますます強まる・・・個人番号カードはいらないでしょう

2016年08月29日 19時26分02秒 | 日記
 赤ちゃんからお年寄り、在日外国人まで日本に住民登録している人全員に12桁の番号を割り振り、その個人情報を国が管理するマイナンバー(共通番号)制度について、安倍晋三政権が利用範囲の拡大へむけた検討を加速しています。マイナンバーは今年1月に本格運用が始まったものの、番号を記載したカードを希望者に発行するシステムの障害や不具合が相次ぐなど矛盾と混迷が続いています。住民の大切な個人情報を扱う仕組み自体が、お寒い状況だというのに、利用拡大に熱中する安倍政権の姿勢は、あまりにも国民不在です。

泥縄式に税金投入を拡大

 マイナンバー制度は昨年10月から、すべての住民に対して個人番号を通知する郵送が始まり、今年1月から税や社会保障の行政手続き、勤務先への告知など一部で利用が行われています。しかし、圧倒的多数の国民にとって日常的に使う機会はほとんどありません。転居の際の役所の手続きの手間が簡単になるなどという安倍政権の宣伝を、国民は実感できません。

 希望する人には、個人番号と顔写真、生年月日、ICチップなどの情報が記された「個人番号カード」が発行されますが、カード発行を全国的に管理するシステムが作動しなくなるなどトラブルが続発し、カードを受け渡す市町村の窓口で混乱を引き起こしました。

 安倍内閣は24日閣議決定した今年度の第2次補正予算案で、障害をおこしたカード発行システムの改修・補強、カードの利用促進などのために150億円以上を計上しました。すでに数千億円が投じられたシステムが本格運用した途端に不調になったことは、構造的な欠陥すら疑われる問題です。その原因の十分な解明も検証もない段階で、追加の税金を投じるのは、あまりに「泥縄式」ではないのか。これでは、システムの不具合が起きるたびに、際限なく税金を投入する事態になりかねません。

 「個人番号カード」はいまのところ身分証明以外に使い道がありません。さまざまな個人情報が詰め込まれるカードを持ち歩く方が紛失、盗難などのリスクを高めます。そんな危ういカードを「くらしが便利になる」ことばかり強調し、大規模な普及に力を入れる政府のやり方は、住民のプライバシーを保護する姿勢とかけ離れています。

 カード希望者数も約1000万人(6月末)で政府が今年度に見込んだ普及数の半分にも届きません。このことは多くの国民がこの仕組みを必要としていないことを示しています。カードを使わせるために、買い物ポイントとの連携、図書館の貸し出し、健康保険証などにまで際限なく利用対象を広げることを狙い、安倍政権が検討会などで具体化をはかっていることは重大です。プライバシー保護を置き去りに、前のめりの普及促進はすべきではありません。

徹底的な検証こそ必要

 マイナンバー制度は、国民の税と社会保障の情報を国が掌握し、徴税強化や社会保障給付の抑制の手段に使うことが導入の狙いです。国民の行動や思想を監視する手段にされかねないことへの不安と警戒の声も上がっています。

 問題だらけで危険なマイナンバーの仕組みを徹底検証し、制度の凍結・中止、廃止を含めた見直しをすることこそ、いま必要です。
コメント

痛みのピークは去った・・・「健康管理」もう一度再点検ってとこかな・・・

2016年08月29日 08時22分34秒 | 日記
ご迷惑やらご心配をおかけしました(_ _)。きのうが痛みのピーク・・・医者にもかかり
今日は痛みがだいぶやわらいできています。今日一日だけなるべく動かないようにしま
す・・・。


きのう

きょう

コメント

8月28日(日)のつぶやき

2016年08月29日 03時33分29秒 | 日記
コメント

子どもの命輝く社会を苦しみ理解し再生手助け登校拒否・不登校問題全国のつどい

2016年08月28日 13時51分50秒 | 日記
 子どもたちがいのち輝かせ、人間として大切にされる学校や地域、社会をつくるために―。第21回登校拒否・不登校問題全国のつどいin兵庫が27日、神戸市内で始まり、約600人が参加しました。28日まで。

 「登校拒否・不登校問題全国連絡会」世話人代表の高垣忠一郎さんが「子どもたちの再生への手助けをしていきたい。憲法13条の“全て国民は個人として尊重される”が大事です」とあいさつ。実行委員長の船寄(ふなき)俊雄さんは、「何が何でも学校に行かなければならないという観念が、子どもたちをますます苦しめる」と述べました。

 神戸大学名誉教授の広木克行さんが「『子どもの立ち上がりを支えるとは』~伴走者になった親たちに学んで」と題して記念講演。苦しみを表せない学校生活を強いられている子どもたちの現状を語り、不登校という形で助けを求めた子どもをしっかり受け止め、苦しみを理解することの大切さを訴えました。

 広木さんは、学校が財界の求める「グローバルエリート」をつくる競争教育を強いられていると指摘。不登校の出現率は、競争の仕組みが強い地域ほど高い現状があるとし、人を人間らしく育てる場所ではなく、「人材」をつくる「教育」が、子どもたちを傷つけ苦しめていると語ります。

 大阪府から参加した女性(62)は、「小学2年生の孫が、習い事や塾で自由な時間がゲームぐらいしかない。広木先生の話を聞いて親も学校も追い詰められていることがよくわかった」と話しました。
コメント

南スーダンの実態は内戦というべきものでPKO部隊派遣の前提は崩れている・・・

2016年08月28日 10時16分49秒 | 日記
安保法については、日本が米国の戦争に巻き込まれたり、危険な任務に当たる自衛隊員
のリスクを高めたりするとして批判されました。集団的自衛権の行使の容認には違憲性
も指摘されていますが、これらの批判や指摘が実証されようとしています。
 そもそも、駆けつけ警護や宿営地の共同防衛が必要になるような危険な状況の下で、
自衛隊の部隊が派遣されていることが大きな間違いです。
コメント

ブタクサによる花粉症から縁が切れて8年・・・

2016年08月28日 09時09分47秒 | 日記

会社勤めの頃、突然きた「花粉症」原因はブタクサでした。以来今の仕事についても盆明けから、
苦しめられてきましたが。8年前の5月20日・・・これも突然”痛風”の発作が起き翌21日からお酒
を断ちました。
同年なぜか盆明けから来る花粉症も驚くように止まりました「体質が変わったのかも」。痛風は、
その3年後の3月に2回目の発作が起きました。「疲れだろう」との医師の診断でした。
以来5年以上発作も起きずにきましたが、ここにきて発作です。痛み始めて3日目”痛い”・・・。
原因で考えられるのが食べ物です。もっとの避けなくてはいけない内臓系の肉を摂りすぎたこの
2週間。
反省・・・。
コメント

8月27日(土)のつぶやき

2016年08月28日 03時22分02秒 | 日記
コメント