わたなべ正博の「万歳録」

日本共産党上田市議会議員「渡辺正博」の日記帳(まんさいろく)
2009年5月3日スタート

日曜版8日号 「桜」首相枠 悪徳商法にお墨付き

2019年12月06日 22時06分58秒 | 日記
「桜を見る会」疑惑で新展開です。安倍晋三首相が、マルチ商法で高齢者を食い物にしていた「ジャパンライフ」元会長を招待した疑いが―。編集部は、元会長が首相枠で招待されたことを裏付ける“証拠”を入手しました。田村智子副委員長の参院本会議質問や「桜」疑惑が官邸を直撃しているリポートなど4ページ総力特集でお届けします。

 安倍政権のもとで悪化する日韓関係をどうみるか―。元共同通信ソウル特派員の青木理さんに聞きました。

 日本共産党国会議員団と「JCPWithYouチーム」の「刑法改正、性暴力被害者支援に関する懇談会」。参加者の思いは…。

 共産党大会議案のポイント紹介。3回目は「中国について」「社会主義への大道」です。

 所得税滞納を理由に、預金口座に振り込まれた給与を税務署が差し押さえたのは違法―。大阪高裁の画期的な判決が確定しました。

 危険な都心上空スレスレ飛行。住民無視の羽田新ルートに怒りと運動が広がっています。カラー見開きで。

 スポーツは高校球児を守る週500球制限。「健康らいふ」は手術せず治せる変形性膝関節症です。

 いじめ訴訟で訴えられた埼玉県川口市が「いじめ対策法」を「欠陥」ととんでもない抗弁をしました。

 「ひと」は俳優の白石加代子さん。

コメント

「桜を見る会」名簿 与党ごまかし次々発覚 田村議員説明要求の3日後に書き換え

2019年12月06日 22時02分16秒 | 日記
首相主催の「桜を見る会」をめぐって、招待者名簿などの行政文書の保存期間を定めた内閣府の文書管理規則について、日本共産党の田村智子参院議員が内閣府に説明を求めた3日後に書き換えられていたことが5日の野党合同ヒアリングでわかりました。

 書き換えられたのは、田村氏が内閣府に対して、桜を見る会の案内状の発送に関して説明を求めた3日後の10月28日です。それまで保存期間が「1年未満」となる対象文書について「他の行事等の推薦」となっていましたが、書き換え後は、「関係行政機関等に協力して行う行事等の案内の発送等」に改められていました。

 野党は、書き換え前の記述では、桜を見る会の招待者名簿が「1年未満」文書に含まれていなかったので書き換えを行ったのではないかとただしました。

 内閣府の担当者は、書き換え前も、桜を見る会の招待者名簿の保存期間は「1年未満」だったが、「わかりにくかったため、(改定によって)明確にさせてもらった」などと主張。10月28日の書き換えは「(桜を見る会の招待者名簿にかかわる)記述だけを改正している」と述べました。

 田村氏は「10月31日に参院内閣委員会が設定されており、質問することもあると伝えて説明を求めた。それを十分承知していたのに、そのタイミングで(文書管理規則の記述を)変えている」と指摘。桜を見る会にかかわる記述だけを書き換えている点についても、「意図的なものを感じざるをえない」と強調しました。

コメント

「桜」疑惑は詰んでいる 「逃げ切り」は許さない

2019年12月06日 21時55分44秒 | 日記
日本共産党の志位和夫委員長は5日、国会内で記者会見し、臨時国会終盤の対応について問われ、「安倍晋三首相主催『桜を見る会』の私物化疑惑は膨らむ一方だ。

安倍首相は、将棋で言えば、二重三重に詰んだ状態だ」「疑惑の徹底究明は国会に課せられた重要な責任であり、野党として、国会の会期の大幅延長を求め、疑惑の徹底究明を行っていく」と述べ、首相出席のもとで、予算委員会での集中審議を求めていくと表明しました。
コメント

新たな圏域行政に反対 全国町村長大会が特別決議

2019年11月28日 14時45分36秒 | 日記
 全国町村長大会が27日に東京都内で開かれ、市町村を超えた「圏域」行政の法制化や標準化などの新たな圏域行政の推進に「断固反対」する特別決議を採択しました。

 新たな圏域行政とは、総務省の「自治体戦略2040構想研究会」が昨年まとめた報告書に盛り込まれたもの。報告書を受け首相の諮問機関「第32次地方制度調査会」が発足し、今後、圏域行政の本格的な議論が行われるとみられています。

 特別決議は、新たな圏域行政の推進は「都市部を中心とした行政の集約化・効率化につながることが強く懸念され、周縁部の町村を衰退に追い込む危険性をはらんでいる」と指摘。広域連合など現行の広域行政制度の検証もない法制度化は「自治権を大きく損なう」「このような圏域行政の推進に断固反対する」としています。

 全国町村会長の荒木泰臣熊本県嘉島町長は大会後の会見で、圏域行政推進のおおもとにある「行政のフルセット主義(自治体が必要な機能を自ら保有する)からの脱却」という考え方は受け入れられないと表明しました。

 また、同日決定した「重点要望」では、安倍政権が地方に迫る公立・公的病院の再編統合について「全国一律の基準で分析されたデータに基づいた拙速な再編統合を強制しないこと」を求めました。

 大会には安倍晋三首相や衆参両院議長らが出席。日本共産党からは本村伸子衆院議員、伊藤岳参院議員が出席しました。
コメント

台風19号 決壊 大半が対象外 緊急対策 高橋議員に国交省示す

2019年11月28日 14時40分24秒 | 日記
 国土交通省は27日、台風19号の大雨により決壊した堤防のうち、国が管理する河川の全て、都道府県が管理する河川の大多数が、昨年の西日本豪雨を受け実施されていた政府の「防災・減災のための3カ年緊急対策」による緊急点検の対象外だったことを明らかにしました。衆院国交委員会で、日本共産党の高橋千鶴子議員に対する国交省の提出資料で判明しました。
 同省によると、台風19号で決壊した71河川140カ所のうち、国が管理する7河川12カ所全てが緊急対策の対象外。都道府県が管理する67河川128カ所のうち緊急対策の対象だったのは3河川8カ所です。

 さらに同省は、河川氾濫を防ぐ樹木伐採や河道掘削等の緊急対策について、国が管理する12カ所のうち5カ所、都道府県管理の128カ所のうち11カ所が対象だったと初めて明らかにしました。
 高橋氏は、千曲川など緊急対策対象外の完成堤防が決壊し、甚大な被害が生じたとして、「原形復旧にとどまらない対策が必要」「緊急対策そのものも十分な期間と財政が必要だ」と要求。赤羽一嘉国交相は「そう言っていただけるのは大変心強い。精いっぱい頑張りたい」と応じました。
 高橋氏は、災害対策を現場で担う同省の地方整備局では「決壊箇所が多く、仕事量が増えているのに人手不足になっている」と人員増を要求。赤羽国交相は「100人以上の人員増を必ず実現する思いで要求する」と答弁しました。
コメント

桜を見る会に反社会勢力 官房長官の責任重大  野党国対委員長連絡会で一致

2019年11月28日 14時33分18秒 | 日記
 日本共産党と、立憲民主党や国民民主党などの野党共同会派の国対委員長は27日、野党国対委員長連絡会を開き、反社会的勢力の招待・参加など、安倍晋三首相主催「桜を見る会」をめぐる新たな重大な疑惑への対応を協議し、衆参両院での首相出席の予算委員会の開催を政府・与党に引き続き求めるとともに、この問題をいっそう厳しく追及していくことで一致しました。
 日本共産党の穀田恵二国対委員長は同日の記者会見で、菅義偉官房長官が26日の記者会見で「結果として入っていたのだろう」と「桜を見る会」への反社会的勢力の出席を事実上認め、さらに菅氏が「桜を見る会」で反社会的勢力の人物と写真を撮っていたことが明らかになったのは、「官房長官の資格・責任が問われる重大問題だ」と批判。「芸能界の方々は反社会的勢力と一緒に写真に写っていただけで社会的制裁を受けている。政治家なら何ら責任が問われないのか。当然、社会的制裁を受けるべきだ」と主張しました。

 穀田氏は、マルチ商法で問題になったジャパンライフ関係者が「桜を見る会」に招待され、それを宣伝に利用していた問題について、「桜を見る会」の「仕様書」に記載された受け付け番号から「総理の招待者であった可能性が高い」と指摘し、「名簿を明らかにすることが不可欠だ」と強調しました。
コメント

桜を見る会 「反社勢力」参加が大問題に・・・

2019年11月28日 14時28分28秒 | 日記
認めた菅長官の進退問題へ 悪徳商法会長も招待
 首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していた疑惑が深まりました。菅義偉官房長官は26日の記者会見で問われ、「結果として入っていたのだろう」と事実上、認めました。

反社会的勢力による被害の防止に全力を尽くすべき政府が、税金を使った公的行事に反社会的勢力を招待し、飲食を提供していたなら、社会的信用を根底から揺るがす重大事態です。野党は、招待者名簿の取りまとめ責任者だった菅長官の進退にかかわるとして、追及していく構えです。
コメント

市営住宅入居時保証人不要に 水戸市制度廃止へ改正案

2019年11月28日 14時22分32秒 | 日記
 水戸市は12月定例議会に、市営住宅の入居に必要な連帯保証人制度を来年4月から廃止する条例改正案を提出します。市が21日、市議会都市建設委員会で明らかにしました。
 日本共産党の中庭次男市議は市議会の質問で「市営住宅の入居には連帯保証人が必要となっているため、高齢者や低所得者が連帯保証人を見つけることが困難で入居できない原因となっている。廃止すべきだ」と繰り返し主張してきました。

 同市の住宅政策課長は廃止の理由として「身寄りのない高齢者などが入居しやすくするため」としています。
 「水戸生活と健康を守る会」の西川悟さんは「連帯保証人が見つからず、入居できない人が何人もいた。今度は入れる」と喜んでいます。
コメント

しんぶん赤旗「今日の潮流」大国の横暴にたいするたたかいは世界を励ましています

2019年11月27日 22時54分05秒 | 日記
長く「借りた場所、借りた時間」だったこの地に自己意識がめばえるようになったのはいつ頃でしょうか。99年にわたるイギリスの租借地として、その後の50年は「一国二制度」のなかで
▼われわれは香港人―。中国返還後、減り続けていたこうした意識が増加に転じたのは10年ほど前から。とくに10代、20代の若者に顕著なのが香港大学の民意調査に表れています。中国統治の強まりと軌を一にして

▼自己の存在をみつめる地で圧倒的な民意が示されました。香港政府への抗議がつづくなか、民主派が区議選で8割をこえる議席を得て圧勝。親中派を大惨敗に追い込みました。過去最高の率で一票を投じた人びとは「香港人の勝利」だと
▼迫る一国支配、脅かされる自治。それに抗し、自由と民主主義を守ろうとする若者や市民に政府は刃を向けてきました。実弾の発砲をはじめ凶暴化する警察。弾圧で追いつめられた一部の若者の行動が激化する悪循環を招いています
▼香港政府の強硬な対応には、国家を人権の上に置くような中国政権党の指導と承認が背景に。鮮やかな民意についても、王毅(おう・き)外相は「香港を混乱させるあらゆるたくらみも目的を達することはない」と断言しました
▼いま民主化をもとめる人びとが口にする「香港に栄光あれ」という歌があります。「夜明けだ/取り戻せ/わが香港を/みな正義のため/いま革命を/どうか民主と自由が永遠であれ/香港に栄光あれ」。大国の横暴にたいするたたかいは世界を励ましています。
コメント

共産党副委員長の田村さんはたった一度の国会質疑で5700万円の無駄遣いを止めた

2019年11月14日 10時00分34秒 | 日記
驚きましたね。来年は首相主催の「桜を見る会」を中止するんだそうです。
 これは臨時国会で野党が勝ち取った3番目の勝利です。1番目は菅原・河合という2人の重要閣僚の辞任、2番目は受験生などの当事者が反対していた英語入試の民間委託導入の延期、そして3番目がこの「桜を見る会」の中止でした。

 政治は変わる、変えられるということが、またもや証明されたことになります。共産党副委員長の田村さんはたった一度の国会質疑で、5700万円の無駄遣いを止めさせるという大きな成果を上げました。
 それにしても、来年のイベントの中止を早々と発表するとは、鬼も笑っているでしょう。これで逃げきれると思ったら大間違いだよ・・・

 新聞やテレビでは全く報じられていませんが、「桜を見る会」での飲食を提供するケータリング企業「JCコムサ」との癒着疑惑があります。この企業の社長は昭恵氏の知人で、その弟は安倍首相の古くからの友人だそうです。
 競争入札ではなく、料金が引き上げられて不当な利益が提供されているという指摘もあります。「お友だち」を優遇し、その利益のために便宜を図ったのではないかという疑惑です。
コメント

しなの鉄道線・別所線の運行情報

2019年11月12日 16時10分55秒 | 日記
①しなの鉄道線
現在不通となっている上田駅から田中駅間は、11月15日(金)の始発より運転を再開します。
②別所線
11月16日(土)より城下駅から下之郷駅間の運転を再開します。上田駅から城下駅間はバスによる代替運行をいたします。
※城下駅周辺は大変混み合うことが予想されます。

コメント

被災者が光の見える支援を 志位委員長 防災相に緊急要請

2019年10月19日 12時15分20秒 | 日記
 日本共産党台風19号災害対策本部長の志位和夫委員長は18日、福島県での調査を踏まえて、避難者らの生活改善などにむけて、武田良太防災相に対し、次の3点にわたって緊急に電話で要請しました。
 要請内容は、(1)避難所の生活環境は改善が始まっているが、「温かい汁物を」などという要請があり、「プッシュ型支援」が一人ひとりの被災者に行き届くよう引き続き力をつくすこと、(2)「体育館での避難はつらい」「安心して住める場がほしい」との要請があった。大震災の経験をいかし、災害救助法を活用して、緊急に借り上げ住宅・アパートを確保すること、(3)「農業・中小企業の被害が大きい。

一刻も早く、政府が先々に希望が持てる具体的政策を打ち出してほしい」との要請があった。この問題でも大震災の経験を生かし、グループ補助などの支援策を検討すること―です。
 三つの要請に対し、武田防災相は、「しっかり受け止めます」と答えました。
コメント

10月15日14時30分 その後の上田市災害対策本部会議における報告概要

2019年10月15日 17時25分16秒 | 日記
1 避難所の開設状況
  10月15日7:00現在、避難者16人、開設避難所6か所
中央公民館(避難者2)、川辺小学校(避難者1)、上田創造館(避難者12)、
川辺・泉田防災センター(避難者0)、塩田中学校(避難者0)、
築地原トレーニングセンター(避難者1→市住入居しだい閉鎖)

  避難所の集約検討
  避難指示、勧告のレベル下げあるいは対象地域の縮小について対象地区自治会と現状把握して協議

2 道路通行規制
(1)国道254号は、大塩付近に道路陥没あり三才山トンネル通行止め(鹿教湯温泉まで迂回路あるが普通車のみ通行可)、16日15時に通行可能となる見込み
(2)国道406号は、倒木により須坂方面への通行不可。
(3)国道144号は、群馬県の鳴岩橋落橋により通行止め(つつじの湯あたりまで)
(4)県道6路線、市道14路線で通行規制
 ・四日市橋崩落の恐れがあるため、国道144号線から真田中学までの市道四日市荒井線及び国道144号線から真田消防署前までの主要地方道長野真田線を通行止め
 ・市道横沢角間線は土砂崩れ、土砂流出、角間川護岸崩壊により通行止め。ただし、角間温泉岩屋館には誰も取り残されていない。避難済。
 ・主要地方道美ヶ原公園沖線は、橋台背面部の道路崩落により武石新橋で分断。歩行者、二輪車は仮設歩道橋で通行可。20日15時に車両通行可能となる見込み。
 ・市道小沢根線は、道路陥没、倒木により雲渓荘450m手前から車両通行不可。美しの国別荘地の35戸、60名(うち定住40名)程度が孤立。別荘利用者は帰宅を、定住者はそこにとどまることを希望しており、今後の支援の仕方検討。


3 ふるさと納税ポータルサイトに「ふるさとチョイス 災害支援」を開設
  利用している4ポータルサイト中、システム使用料不要な1サイトに開設。
  寄附控除は通常のふるさと納税と同様だが、返礼品はなし。
  10月14日18:00開設から12時間で150件、250万円超の寄附あり。

4 神川地区浸水被害情報(10月14日 災害対策本部把握分)
  床上浸水 住家7件、非住家8件
  床下浸水 住家30件、非住家1件
  ※消防、消防団などにも浸水情報が寄せられており、実数について精査中。
   報道機関にも件数の発表はしていませんのでご留意ください。

5 その他
(1)災害対応のボランティアセンター(社会福祉協議会運営)
14日 長野大学生25人が神川地区4か所で泥撤去作業
15日も同学生20人~30人が活動する見込み。
災害ボランティア問い合わせ ☎27-2025

(2)安倍首相は台風19号の被害に対して激甚災害指定の方針を表明。国の補助金がかさ上げされる見込み。

(3)罹災証明発行及び浸水による敷地内消毒の希望者問い合わせ先
   市民参加・協働推進課 0268-22-4100 内線1352、1354
              (FAX 0268-22-4130)
コメント

上田市台風19号被害状況「 2019/10/14 17:51」

2019年10月14日 17時59分18秒 | 日記
1 停電について
  14日10:00現在で市内1,600戸が停電。中部電力は県外からの応援も受けて本日  
  中に復電させるが、野倉20戸、長・菅平(長小学校除く)320戸はもうすこし時
  間がかかることも。(中部電力HPで状況確認できる)
2 避難所の開設状況
  10月14日12:30現在、避難者22人(夜間のみ避難する者がいることも考えら
  れる)、開設避難所8か所
  中央公民館、川辺小学校、上田創造館、川辺・泉田防災センター、塩田中学校、
  長野大学、相染閣(あいそめの湯)、築地原トレーニングセンター
  創造館避難所にジエットヒーター設置、川辺小、創造館及び塩田中の避難所にUCV  
  回線利用のテレビ設置、Wi-Fi環境のなかった川辺小、創造館及び長野大学の避難
  所に通信環境整備
3 千曲川左岸地域の公立保育園、市立小中学校
  護岸の緊急工事及び千曲川の水位の状況から、城下保育園、下之条保育園、城下小
  学校、川辺小学校、南小学校、第四中学校、第六中学校の各園、各校は、15日以
  降、保育、授業を行う。
4 別所線の運行
  15日以降、別所温泉駅⇔下之郷駅の間で、1時間に1本程度の運行
5 代行バス運行
  15日以降、別所線に接続するように、下之郷駅⇔上田駅温泉口を上田バスが運行
  朝の通勤・通学時のみ上田原駅と上田駅温泉口の間のバス運行も詳細検討中
6 その他
(1)上田橋は14日9:00に通行止め解除
(2)災害対応のボランティアセンターが、社会福祉協議会の運営により開設され、既に長野大学生の登録、参加が決まっている。
(3)別所温泉旅館組合(11旅館)が、10月14日~16日に指定避難所の避難者に対して旅館の温泉を17:00から20:00無料開放。
(4)東御市の二つの千曲川架橋の崩落により、武石・丸子方面から東御市方面へ向かう自動車が大屋橋、大屋駅付近に集中することによる交通混雑発生を上田警察が指摘、所要時間延長やルート変更の検討を呼び掛け。

コメント

台風19号上田市の被害状況「令和元年10月13日 13時30分」

2019年10月14日 10時30分55秒 | 日記
1 避難所の再編、縮小
  13:00現在、1,590人が避難しているが、千曲川左岸の堤防決壊のおそれに伴う避難場所と、ほかの地域の避難場所の間で避難者数に大きな偏りがあるため、千曲川左岸の堤防決壊関係の地域以外の地域の避難指示、避難勧告の解除を検討して避難場所を再編、縮小し、避難所運営のシフト編成に必要な運営職員数を確保。

  上田東高校・東小学校・第二中学校・中央公民館・清明小学校 →中央公民館
  西小学校・上田城跡公園体育館・西部公民館 →上田城跡体育館
  トウトク会館・神川地区公民館・第一中学校 →第一中学校
  上野が丘公民館・第五中学校・神科児童センター →上野が丘公民館
  豊殿小学校・農村環境改善センター →農村環境改善センター
  塩田構造改善センター・東塩田小学校 →塩田構造改善センター
  とっこ館・塩田西小学校・相染閣(あいそめの湯) →相染閣(あいそめの湯)

2 神川地区の災害ごみ対応(自治会長を通じて周知)
(1)仮置き場 
・場所 旧神川地区公民館駐車場(満杯後は国分寺史跡公園国道18号北側)
・搬入物(分別してください) 
畳、布団、木くず(家具類)、廃家電、金属くず、ガラス陶器等
・期間 10月14日(日・祝)午後から当面の間
・時間 14日以降搬入時間 9時から16時まで
・日常ごみ 通常のごみ集積所に
(2)自己搬入できない方(仮置き場へ持ち込めない方)
 ・置き場 自宅近くで交通の支障のない道路敷等
・出せるもの(分別してください) 
畳、布団、木くず(家具類)、廃家電、金属くず、ガラス陶器等
 ・場所及び期間 自治会と相談後、自治会から周知予定
 ・収集 市が仮置き場に搬入
(3)直接クリーンセンターに持ち込み
 ・上田クリーンセンター 10月14日(祝・月)から受入
 ・丸子クリーンセンター 停電解消後順次受入
(4)問い合わせ 
 廃棄物対策課・ごみ減量企画室 ☎22-0666

3 千曲川左岸の堤防対応
(1)国土交通省により、2トンブロック投入して被害拡大防止
(2)鉄橋崩落の別所線については、明後日から運行会社と協議始める。

4 農林業被害
(1)りんご  10%から20%落果。被害額算定中
(2)ハウス  秋和、塩尻でビニールハウス6棟全壊、2棟半壊
(3)林道   8路線で被害あり。

5 市施設
(1)塩尻市営住宅 14棟で屋根に被害、窓ガラス15枚破損
(2)幼保、学校施設 倒木、雨漏り等あるが大きな被害はなし
(3)文化・観光施設 大きな被害はなし

6 武石の状況
(1)武石新橋 
落下したトラック、残った軽トラック撤去し、幅2メートルの仮設歩道橋設置
(2)市道小沢根線
   土砂崩れ及び倒木のため、雲渓荘の利用客3名及び従業員3名、美しの国別荘住
  民60名が孤立。車両通行不可のため、武石地域自治センターは自衛隊の出動要請の検討を依頼。

7 人的被害
  避難途中での高齢者の転倒などが報告されているが、死亡、行方不明の報告なし

コメント