おーちゃんぶろぐ。-まっすぐ歩いてる?-

人生は『ロード・ムービー』

喜び悲しみ
ひとコマひとコマ紡ぎ合わせて…
いつしか、ハッピーなエンドロールを。

子供の世界には、大人が用意した『特別な』空間などあり得ない。

2010-03-07 16:16:33 | Weblog
雨の日曜日
また寒い一日です

これから雪の予報も出ております
お帰りが遅くなる方は、お気をつけ下さいね


こんにちは 大橋理容室でございます



週末毎に
お天気が崩れておりますが

日に日に温かさも、増してきましたね


卒業シーズンをこれから迎える訳ですが


様々なものからの『卒業』


新たな一歩を踏み出すための
『お別れ』もあるようです




今朝のネットニュースから

『叱る時に、やってはいけない10箇条』



まずは
基本的に『感情的』になって叱ること。


子供の言い分を聞かずに叱ること。

くどくどと、いつまでも叱り続けること。


親の都合で叱ること。

両親が一緒になって叱ること。


誰かと比べて叱ること。

昨日と今日では言ってることが違う叱り方。


人格までもを否定するような叱り方。


関係ない、昔のことまで引っ張り出して叱ること。


愛情の無い体罰。






最後の『愛の無い体罰』

体罰と言う名の絶食により
幼い命が、実の親によって奪われる時代



『愛情が湧かない』



愛の無いにも程があると思いますね。


子供をアクセサリー化すること


『うちの方針』も
一般的な感覚と、著しくズレていないかどうか

今一度の確認が必要ですね。




生まれて来ないほうが良い命などありません。


子供は純粋無垢です


子供にはブランド力も
『特別』なものも理解出来ません。



子供の世界には
『みんなが一緒』であること

それが一番大切なこと。



大人の解釈だけで
圧し着せの輪の中に、当て嵌めないことを


マサなりの
11番目に付け加えておきます。



子供たちを取り巻く

矛盾だらけの環境から、そろそろ卒業しませんか





町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント