Suger Town ☆子育て記録&つれづれ日記☆

日常生活で感じたこと、過去の手芸作品(フエルト作品やあみぐるみ、ベビーグッズなど)を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一周忌

2015年09月25日 05時55分43秒 | 私と夫のこと

昨日の9月24日は元夫の一周忌でした。

この1年は人間の死についてものすごく考えさせられました。

離婚したとはいえ子供二人を残して勝手に死を選んだ元夫を恨んだことも多かった。

 

自分と出会わなければ、?

もっともっと彼に優しくしていたら?

あのメールの時に会いたいと伝えていれば?

離婚なんてせずに一緒に鬱と戦えばよかったのかな?

 

そうしたら34歳の若さで命を絶つことなんてなかったかもしれない。

後悔と懺悔と憎しみ・・・

いろんな思いがぐるぐるめぐる日々。

亡くなった後の半年間は泣かない日はなかった。

 

そのうち、いったい自分という人間は何なのだろうと考え込むことも多かった。

 

そしてずっと考えたこと。なぜ人は生きるのか?と。

 

最近ふと思った。

きっと愛する人のためなんじゃないかなと。

 

自分が死んだら間違いなく自分の子供たちは困るだろう。

この子たちのために私は生きるんだ。

私の両親もまだ健在だけど、やっぱり私が先立たれたら孫のこともあるし困るだろうな。

だから私は生きるんだ。

 

生きる意味なんてあるのかさえ思うことが多かったこの1年だけど、自分なりの生きる意味がわかった気がした。

 

元夫のお墓は作らなかったようなので、子供たちはお墓参りにはいくことができません。

向こうの実家にお骨が置いてあるので会いたくなったら向こうのお宅に行くしかなく。

子供たちに聞いてみたら、今はまだ行く気がしないとのこと。

きっとつらい気持ちがまたよみがえってくるのがいやなのかな。

いつでも連れて行ってあげるから、行きたくなったら言うんだよ。

と昨日はその会話で終わりました。

 

人生の中でとんでもなく長く、そして人生観をかえた1年でした。

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9才の誕生日&結婚記念日・・・ | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

私と夫のこと」カテゴリの最新記事