多忙な人のスローライフ(ロハス)

都会でカンタンにできるスローライフ(ロハス)的行動と関連書籍などを、写真とコピーでご紹介します。

江戸的ロハスの師、杉浦日向子さんを想う

2005-07-28 | ロハスなオススメ本
杉浦日向子さんには、江戸のスローな時の流れを教わった。

新幹線で日帰り出張などしつつ飛び回る現代人について書いた
「スーパーマンの涙」というエッセイがある。
(1985年に書かれたもの。「大江戸観光」収録)

「つまるところ、ほんとうに、人間らしい生き方というのは
生物機能に見合った生活規模内にあるものなのでしょう。

歩く速度でものを見、考える。
江戸時代の生活速度は、人間の機能にかなっていました。
時速数百キロの速度で、空間を移動するなどとは、生物として
考えられないことです。
それを、日常茶飯にしている怖さを感じます。
江戸人が一生かけてやった仕事を、たった数ヶ月でやってしまう私達。
江戸人の、100人分の人生のダイジェストだって演じられる私達。

ありがたいようで、便利なようで、豊かなようで、そのじつ、
江戸人の百倍も千倍も哀しいスーパーマンは、
線路脇のゲンゲに涙するのです。(略)

二十世紀は生産と行動の時代、たぶん、二十一世紀は抑制と思慮の時代・・・
やさしい世紀の到来にしたいですね。」
(杉浦日向子さん著「スーパーマンの涙」より抜粋)

ああ、この人は身もこころも 江戸人だったのだなあ。


そして日本漫画協会優秀賞を受賞した「合葬」の後書き。
「(略)近世つまり江戸は<暗黒の時代>のように思われがちです。
芳賀徹氏はこれに対し、近世が日曜日であり、近代=明治維新は
<月曜日の夜明け>だとたとえています。
私はこの言い方がとても好きです。

日曜日の日本に生きた父祖たちに会いたい、
縁側でお茶でもすすりながら話をしたいと思っています。
私がこういう作業をしていく原動力は、
この<想い>に他なりません。
<日曜日の昔話>、これからも拾い集めていきたいと思っています。」
(杉浦日向子さん著「合葬」後書きより抜粋)

杉浦さんの<日曜日の昔話>、随分と長い間 楽しませていただいた。
漫画もエッセイも、粋で、淡々とおもしろ哀しく、時には怪しく。
「百物語」「百日紅」「YASUJI東京」などは何度も読み返した。
その都度、身近に感じる怪異に怖癒されたものだ。
もう、この現代の語り部の新しい話はきけないのだ・・・合掌。

●家にある杉浦さんの本を、一冊一冊 眺めてみました。
読んだ時のことを想い出しながら。
それから、なんとなくロウソクとお線香に火灯し、
ご冥福をお祈りしました。

今頃、彼岸で 北斎やお栄さんなど江戸の方々と
盛り上がっておられるのでしょうか。

↓怠け者に励ましの一票を・・・
人気blogランキングへ

大江戸観光

筑摩書房

このアイテムの詳細を見る


百日紅 (上)

筑摩書房

このアイテムの詳細を見る

最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大江戸観光 (こやなぎ名人)
2005-07-28 04:19:05
「大江戸観光」は私も好きな本の一冊で、何度も読み返しました。ほんと、江戸の粋と現代を対比する巧みな文章には、読むたびにうならされました。
江戸の粋を学びました (大樹勇魚)
2005-07-29 00:59:03
コメント、トラバ ありがとうございます。



ほんに杉本さんには江戸の粋を学ばせていただきました。

ちっとも身についてないのですが。



この夏は、少しづつ読み返そうかと思います。
もっと長生きしてほしかった・・・ (エセ男爵)
2005-10-10 07:30:23
杉浦日向子さん!

惜しい人物を失いました。

さて、

初めて立ち寄らせて頂きました。

ロハス?

どちらを向いているかよくわかりませんが、たいへん面白いブログに出会えました。

また(頻繁に)お伺いあせて頂きます。

宜しくお願いします。
コメントありがとうございます (大樹勇魚)
2005-10-10 20:34:05
エセ男爵さん、

コメントありがとうございます。

杉浦さんのことは本当に残念です。



また遊びに来てください。