四季の風景

横浜近郊の風景や鎌倉~江の島へ時には神奈川県内のあちらこちらへ写真を撮り歩いている「たろう」のフォト日記です。

・ 江の島 海開き 2018

2018年07月06日 | 江の島

2018年7月1日 鵠沼でハスを見た後、江の島へ立ち寄った

【 今日は江の島 海開き 】



目が痛くなるほどの強い日差しで、青空の下の東浜~ 既に海水浴客で溢れている




夏の青空と砂浜の風景を撮ろうとやって来たが、浜辺はビーチパラソルで彩られている

熱い砂浜に寝転んで焼いている人も居る~ こりゃ~ビックリだ




片瀬橋より穏やかな紺碧の境川を・・・青空に展望灯台が見える




東浜も西浜も海の家がびっしり立ち並んでいる




片瀬漁港の堤防より西浜を眺めると、こちらも人でいっぱいだ

富士山は見えなかったが、浜辺風景はバッチリ・・・

照りつける日差しの暑さに負けて、砂浜へ下りて行く元気も出ない



地下道の入口に百日紅が咲いていた  早いね~

暑さに負けそうで~ こりゃかなわんと早々に退散した


片瀬江ノ島駅へ直行、冷房の効いた車内に落ち着くとやれやれ~


2018、7、1 撮影  江の島にて









 

 

 

コメント

・ 江の島 河津桜 見頃です 2018

2018年02月18日 | 江の島

2018年2月17日 江の島の亀ヶ岡広場では河津桜が見頃を迎えています



今年は寒さが続いているので、まだかも知れないなぁ~と思いつつ

青空が続いている間に撮りたいと、息せき切らして上がって来た

良かった~もうすっかり見頃になっている~と急いで撮影開始する




中央通りのこの大きな河津桜もすっかり満開状態になっている

お天気も良くて暖かい今日は観光客で賑わっている




近づいて見上げると咲いたばかりのきれいなピンクの花だ




枝先も花で埋まっている




こちら側には3本、工事中の塀の向こうに満開が2本ある

多くの観光客がやって来て、皆さんパチパチと撮っている




人が空いた時にチャンス~チャンス~と見上げて撮った




青空バックにピンクの花を・・・ぽかぽか陽気で汗ばんできた





お天気はとっても良かったが、富士山は霞んで見えなくて残念だった





コッキング苑前の広場では、大道芸が行なわれていた

芸も達者だが口も達者だ~次々芸を出して多くの観客を笑わせていた



辺津宮の鳥居の前の河津桜も見頃になっていて

観光客が足を止めて撮っていた




そばの展望台からは青空にブルーの海のヨットハーバーが見える


この後、常立寺へしだれ梅を見に行きます

その様子を次回 投稿します


2018、2、17 撮影 江の島 亀ヶ岡広場にて







コメント

・ 江の島 河津桜が咲き始めた 2018

2018年02月04日 | 江の島

2018年2月3日 江の島の河津桜の様子を見にやってきた



鳥居の前で参拝し、左側の階段を上って行くことにした




亀ヶ岡広場まで来て見渡すとチラホラ咲いているようだ

やっぱり今年はまだのようだ~




近づいて見ると、まだ2~3分咲きのようで

今年は寒い日が続いているから開花が遅いようだ




沢山ある河津桜の中でもこの一本が一番開花が進んでいるが

咲いている花数が少なく、殆ど蕾で埋まっている




見上げて咲いている花を撮ってみた




隣の木もチラホラ咲いていたが、1~2分咲き程度だ




逆光になったが木全体を眺めると圧倒的に蕾がいっぱい




メジロが飛び回っていた




この時間はまだ青空だったが、次第に薄雲がかかって来た

この広場の東側に5分咲き程の河津桜があったが、

工事中の塀で囲われて、天辺だけしか見えなかった




きれいに咲いている花を撮ってみた


昨年の今日は満開であったので、もう少しは

咲いているかもと期待したが、ダメだった

今日の天気予報では、まだ寒い日が続きそうなので、

今月の中旬頃には満開の桜が見えるかも・・・


ご参考に昨年の満開の桜は下記URLでどうぞ

http://blog.goo.ne.jp/masa1128tarou/d/20170204


2018、2、4 撮影 江の島亀ヶ岡広場にて








コメント

・ 江の島 「寒中神輿練成大会」 ② 2018

2018年01月26日 | 江の島

前稿の①からの続きです

2018年1月21日 江の島東浜にて、第37回 「寒中神輿練成大会」 が行なわれた



いよいよ本日のハイライトの寒中神輿がスタートです

厳しい寒さの中、どっこい~ ドッコイ~ と大きな掛け声で海中へ入って行きます

引きつられて、我先にと神輿を囲むカメラマン達~




神輿には
元気な新成人が乗っています 撮ろうと近づくと危うく波をかぶる羽目になりそうです




江の島をバックに東浜に既に何基も入っています





厳寒の海で神輿を担いで、海中で揉み合っています




長靴を履いたカメラマン達は、波を気にせず入って行きます

この場面で、波打ち際で撮っているとカメラマン達の頭越しの

神輿しか写りません 一歩でも先に出たいのはカメラマン心情~

この場は長靴が有利~ 最強の武器だ




神輿は結構深い所まで入っています カメラマン達も望遠撮影です





おっと~元気なカメラ女性~膝までめくり上げて、波を気にせず夢中で撮影中




元気な成人たち~ 神輿の上で頑張っています





カメラマンの隙間より沖合いの神輿を撮る

ここでつまづいたら、カメラごと海中への恐れあり~ 危ない~あぶない~




海中で揉んでいたのは15分間程だろうか 浜へ上がって来ました




まだまだ担いで居ながらも神輿は並んで元の位置へ移動します




神輿を正面よりと思って移動すると

着物姿の可愛い新成人が乗っていたのでパチリ





4基の神輿は元の位置に並んで大拍手~

劇的な海中渡御もこの辺で終わりの様です

新成人も神輿から下りて、カメラマン達も少なくなってきました




海中渡御が終わった後、すぐに朝の「蓮」による太鼓が始まった

しかし朝一番の太鼓の方が「これから始まるぞ~」との意気込みを感じた




神輿が終わった後に振る舞われたコップ一杯の樽酒を飲みながら

階段の中腹で太鼓を聴きながら味わった




神輿も太鼓も終わった東浜は元の静かな風景に戻った

先程まで賑わった海中神輿や太鼓は夢物語だったのか・・・


今日は風も無く幾分暖かかったように思われた

2018、1、21、撮影  江の島東浜にて








コメント (4)

・ 江の島 「寒中神輿練成大会」 ① 2018

2018年01月25日 | 江の島

2018年1月21日 毎年恒例の「寒中神輿練成大会」が江の島東浜で行なわれた



お天気も良さそうで、早目に江の島・東浜にやって来ると

元気の良い太鼓の音が聞こえてきた、予定の10:30より早く太鼓演奏が始まったようだ




今回は第37回で、江の島東浜で、新成人を祝うと共に、一年間の渡御を祈願して

厳しい寒さの中、4基の神輿による渡御が行なわれる




両面打ちの大太鼓に合わせ、好きな軽快なリズムが響き渡ります

「和太鼓 蓮」による演奏で、女性奏者が多く周りをカメラマンが取り囲んでいた


11:00 より江島神社の神職による神事が始まった

並べられた4基の神輿を前に祭壇がおかれている




ロープの外には観客が隙間無く取り囲み神事を見守っている

神職により祝詞が読まれている




藤沢鎌倉神輿連合会会長の挨拶に続き、新成人13名が紹介された





新成人の二人は神妙な顔つきで祭壇に手を合わせる

神職は祭壇、神輿や居並ぶ役員達に順次御祓いを行なった


いよいよ寒中神輿が始まるようだ



新成人が男衆に担がれた神輿の上に乗った~




法被を着たこの女性は元気いっぱいだ~




さぁ~行くぞ~~ どっこい~どっこい~と砂浜で少し練って・・・




神輿が東浜の海に向かって動き出した~

江の島をバックに撮ろうと神輿に近づいたが、元気な担ぎ手や多くの

カメラマンにもみくちゃになりながらも、やっと撮る事が出来た


どっこい~そ~れ  どっこい~そ~れ と担ぎ手の掛け声も元気いっぱい~だ

神輿の上の新成人も海に向かって大きく両手を広げる


ここからが本日の寒中神輿のハイライトとなる

次回の、②に続きます


2018、1、21 撮影 江の島 東浜にて









コメント

・ 江の島 納涼花火大会 2017

2017年08月25日 | 江の島

2017年8月22日 江の島 片瀬海岸西浜で納涼花火大会が行なわれた

19:00~19:20 の20分間で1200発の花火が湘南の夜空を彩った

 

小田急江ノ島線の鵠沼海岸駅より徒歩10分の鵠沼海岸で撮影した

浜辺への階段が観客席になり、見物には格好の場所で有る

正面が江の島弁天橋で、右手に江の島が見える

 

今日は海からの風が強く、観客も少な目だった

打ち上げられた花火は殆ど風に流された格好になった

 

久し振りの花火の撮影なので、露出合せの感覚が

戻るまでに時間がかかり、撮影時間が少なくなってしまった

 

横版で撮ると江の島の展望台が明るく写っていた

 

小さい花火が連続して上がると海が赤く染まる

弁天橋の袂で見ていた人は煙を諸にかぶってしまったのでは・・・

 

 

これは少し変わった花火のように思えたが

円形の花火が風に流されたのかも・・・

 

最後にはドカーンと大きいのが上がるのかと期待したが

並みの大きさのが上がっておしまいになった

 

観客は終わりと見るやいち早く鵠沼海岸の駅に向かう

後について行くと直ぐに駅に着いた

「今晩は花火の影響で混雑が予想されますので

次に到着する電車をご利用下さい」と駅員のアナウンスがあり、

割と空いている電車に乗ることが出来た

 

2017、8、22 江の島納涼花火大会にて

 

 

 

 

 

コメント

・ 龍口寺 節分会 水行 2017

2017年02月07日 | 江の島

2017年2月3日(金) 藤沢市の江の島に近い龍口寺で節分会が行われた

【 日蓮宗本山寂光山龍口寺 】

今日はお天気も良くてとても暖かい

午後1時 ~ 水行

午後2時 ~ 法要・豆まき 

 

水行の始まる30分程前には大本堂の前に多くの人が集まった

団扇太鼓の合図で水行が始まった 今日は3人1組で、2組行われるそうだ

経文を唱えながら荒行僧がやって来た

 

3人が水樽の前で、相当長い時間経文を唱えた

周りを取り囲んだカメラマン達はいち早くシャッターを切り始めた

 

立ち上がったかと思うと、一斉に気合を入れて樽の冷水をすくって頭からかぶった

 

更に続いて冷水をかぶる水行の様子を連写した、 

頭からほとばしる玉飛沫のごとくの如く、邪念や私利私欲が吹飛んでしまうのであろう

何回か冷水をかぶって終わってしまった

 

そして、濡れた体に白衣を着て大本堂へ引上げた

 

2回目の水行までに少し待ち時間があったが

2回目が始まった  先程同様に樽の前で経文を唱えて

 

樽の冷水をすくって一気に頭からかぶる

 

かぶる瞬間は力が入るのだろうか、つま先立ちしている

飛沫が四方に飛ぶ~ 逆光で撮れば輝いて見えるのかも・・・

 

何回かかぶって終わりになった 

今日は風の無い暖かい日とは言え、頑丈な身でないと耐えられないであろう

 

この後、本堂内で豆まきが行われて、ポケットに一杯の豆を拾った

飛んで来る豆を素手でキャッチも出来てラッキーだった

 

境内には河津桜が日差しを浴びて満開になっていた

 

メジロが枝を揺さぶりながら飛んでいた

見上げて何枚か撮った中に写っているのもあった

 

今日は終日良いお天気で見物も豆まきも楽だった

 

昨年の水行は

http://blog.goo.ne.jp/masa1128tarou/d/20160206

 

2017、2、3 撮影 龍口寺にて

 

 

 

 

 

 

 

コメント

・ 龍口寺 節分会水行 2016

2016年02月06日 | 江の島

2016年2月3日 藤沢市の江の島に近い龍口寺で節分会が行われた

【 日蓮宗本山寂光山龍口寺 】

お天気も良く気温も上がるとの予報で出掛けた

午後1時・・・水行

午後2時・・・法要・豆まき

午後1時より水行が行われるので、30分ほど前に着いた

 

本堂の前には例年のように準備されて、既にカメラマンも集まっていた

 

午後1時 住職のうちわ太鼓の合図で始まった

 

経文を唱えながら樽の前に進む  多くのカメラマンや見物の方が取り囲んでいる

 

樽の前で経文を唱える

 

経文が終わると、掛け声を掛けながら一斉に水をかぶる

周りからカメラマンのシャッター音が一斉に鳴った

 

樽の水をすくって反動をつけながら頭よりかぶる

 

かぶった水が大きく飛んでくれれば絵になるのだが・・・

 

5~6回ほどかぶって終わった  これが2回行われた

 

水をかぶった後経文が唱えられた

 

白装束を重ね着して読経しながら退場~ 取り囲んだ観衆から大拍手があった

 

この後、午後2時より本堂内で法要~歳男歳女による豆まきが行われた

沢山の豆がまかれ、わぁ~わぁ~大騒ぎしながら、ポケットいっぱい拾った

 

隣に居たおじさんは午前中に長谷寺の豆まきに行ったそうで

芸能人の何とかさんと何とかさんが豆をまいていたと言って写真を見せてくれた

豆まきが終わるといつもの静かな龍口寺に戻った

 

夜のニュースでは各所で行われた豆まきの様子が放映されていた

 

2016、2、3 龍口寺 節分会にて

 

 

 

 

 

 

コメント

・ 江の島 稚児ヶ淵より夕日~夕やけ 2016

2016年01月07日 | 江の島

2016年1月4日 今日は快晴に恵まれ、江の島稚児ヶ淵へ出かける

小田急線片瀬江ノ島駅より歩いて30分程だろうか~

多くの観光客と一緒に稚児ヶ淵へ向かう

(このマップは南北が逆さまになっています)

江の島弁天橋を渡り、仲見世通りを行き、風心門の所を右に行く

江の島サムエル・コッキング苑の方から行くと階段が多く遠回りになるので

江の島の北側のなだらかな道を、片瀬漁港を眼下に見ながら行く

江島神社奥津宮の所へ直ぐに着く感じだ

 

今日はお天気が良くて風も無く暖かいので多くの人が岩場まで来ていた

夕日までまだ少し間がありそうだった

岩場で遊んでいる人たちを撮ったり

釣りをしている人の話を聞いたりする

撮っている目の前で大きな魚を釣り上げた

 

雲も無く、打ち上げる波も無いので穏やかな夕日となった

この時間になると、岩屋(洞窟)への道から夕日を見る人が増えてきた

 

一面まっ赤になり、大きな夕日を見ることが出来た

 

おっと波のしぶきをかぶりそうに思ったが大丈夫だった

 

そして静かに沈んでしまった

 

太陽が沈むと辺りが少し暗くなって来た

暫らくして右手に富士山がうっすらと顔を出した

 

やがてトワイライトになり、西の空が赤い帯状になった

富士山がクッキリと浮かびあがるこの瞬間がすばらしい

 

富士山の周りが更に赤味を増してきた

 

岩場の上に立ってすばらしい夕焼けを堪能した

まっ赤な中に浮かび上がる富士山も見る事ができて満足した

 

帰りはサムエル・コッキング苑の方を通る

亀ヶ岡広場辺りも沢山イルミネーションがあって

若い人たちで賑わっていた

 

ちょうど1年前にもこの江の島へやって来て

夕日や夕やけを見ることが出来た

http://blog.goo.ne.jp/masa1128tarou/d/20150113

をご覧ください

 

2016、1、4 江の島 稚児ヶ淵にて

 

 

 

 

 

 

 

コメント

・ 江の島 イルミネーション 2016

2016年01月05日 | 江の島

2016年1月4日 江の島の西端の稚児ヶ淵で夕日夕やけの撮影後にシーキャンドル前を通りかかった 

沢山のイルミネーションがとても明るく輝きを見せ、多くの人で賑わっている

シーキャンドルに入る時間が無いので、亀ヶ岡広場だけを見て回った

 

以前に比べて今年はイルミネーションの数も多いようで明るく見える

 

サムエル・コッキング苑の入口周辺も人が多く、明るくなっていた

 

周辺を見て回ったが、暖かくて風が無いので寒さは感じない

 

沢山のイルミネーションが飾られて雰囲気を盛り上げている

 

この辺りは多くの人で混雑している

 

取り急ぎ広場を一回りした  この時間からコッキング苑に入る人も居た

 

弁財天仲見世通りも帰る人やこれから行く人で賑わっていた

 

弁天橋の中程で振り返って見ると、シーキャンドルの灯りが見えた

風も無く穏やかな夜であった

 

今年も撮影をかねて再度シーキャンドルに行って見ようかなぁ~

 

小田急片瀬江ノ島駅からの電車も普段より混んでいた

 

稚児ケ淵よりの夕日~夕やけ~は次回アップします。

 

2016、1、4 江の島イルミネーション

 

 

 

 

 

 

コメント