新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

体調の不備と戦うの記

2018-06-22 17:08:18 | コラム
注射の効果の切れ目が:

21日。朝は4時過ぎに目覚めて直ぐに解る体調の低下。先ずは首の両側が痛くて文字通り首が回らないのだ。序でに(?)両肩が痛く生あくびの連発。「来たな」と直ぐ解る徴候。ブロック注射の効果が明らかに切れてしまったようだ。諦めの心境で5時近くまでジッと耐えているのも辛い。折悪しく国立国際医療研究センター病院(NCGM)で採血の日で、朝食は抜きの予定。それでも6時には起床し最も大事な朝の9種類の薬を服用。暫く休養の後に8時33分のバスでNCGMに行こうと出発。

朝9時前の3階の採血室は患者も少なく、受付と同時に順番が来てしまった。こういうこともあるのだ。それから1階に降りて会計の順番待ち。それが終わってから地下に降りて院内で焼いているパン1個とトロピカーナのオレンジジュースで遅い朝食。この場所は言わばだだっ広いフードコートのようで何時も混み合っているのだが、運良くテーブルを確保できた。

それからシルバーパス利用で都バスを乗り継いで高田馬場駅前のジムに向かう。9時50分に体重の計測を終えてビックリの56 kg割れ。一昨日よりも1 kgも減っていた。恐らく採血された分だけの減量だろうと割り切って、ストレッチと約半マイルのウオーキング。次にマッサージチェアで体をほぐしてからシャワールームに向かった。血行も改善しようとジェットバスの風呂にも十分に浸かって、気分は爽快。

帰宅後に遅い昼食後に痛み止めを服用してから休憩。テレビを見ることなく聞いていれば「コロンビアに勝った、勝った」と浮かれている番組ばかり。当方も勝ったのは大いに結構かだとは思うが、確か「1度でも勝てれば上出来だと思え」と予告したほど期待していなかったので、望外の喜びだとは思う。だが、次のセネガルにまで勝てると思い込まない方が無難だと思う。

理由は簡単で、あのコロンビア相手の試合では両方で3点も入ってはいたが、流れの中で取れた(取られた?)点はなかったのだ。それ即ち、我が方は「キチンとした点を取る形が出来ていなかった」ということに他ならないのだから。前半に先に点を取った後で、香川から左サイドを上がってきたペナルティー・エリアに入った乾にあれ以上はないというほど良いパスが出た時に、私はこの1点を取れば勝てるかなと思ったほど、綺麗な点を取る形が出来ていた。

だが、乾は外した。彼は未だ未だ信ずるには足らないと思わせた。あのような点を取れる形を作れるのが香川の特徴だが、解説者も触れず勿論新聞もテレビも認めなかった。あの試合が負けていればマイナスのMVPは乾であると決めつけたいほど下手くそだった。一言だけ乾を擁護してやれば「余りに良いパスが来ると『外したらどうしよう』と瞬間非常に気になるものだ」という辺り」だ。私はあの場面であれだけのパスを出した香川を評価したい。今や落ち目の本田にはあのようなパスを出す力は残っていないだろう。


22日は前日の採血の結果を伺いにNCGMに行く日。予約は午前9時だった。体調は前日よりも悪く、果たして無事に出掛けられるのかと疑心暗鬼。兎に角「負けるものか」と5時に起床して一刻も早く痛み止めを服用しようと5時半には朝食。尾籠な話で恐縮だが前日まで不調だった通じも無事に開通したので、暫時休憩の後に8時17分のバスでNCGMに向かった。診療科目は泌尿器科だが、これは前立腺肥大の患者だからだ。採血の結果ではPSAの値は高値安定で微妙だった。

今回から担当の医師が変わっていたが、今までと同様に様子を見ようという診断で、9月にCTスキャンをしようということになった。これで先ず一安心だったのだが、何とか精神的に持ち堪えたので、会計を終えてからバスを乗り継いでジムに向かった。流石にウオーキングまでやる勇気はなく、ストレッチで体を温めてからマッサージチェアで休息。土日には入場出来ない会員なので、シャワールームで首筋と肩に入念に熱いお湯をかけてから溜まってもいない垢を落として帰宅。

体重は何故か矢張り比較的に減少しており、ただ単に採血で減っただけではないような気がして一寸不安。だが、減少した体重は循環器科の主治医の先生が指定された数値と一致しているので「まー、良いか」と勝手に決めて、家内と近所のホテルの日替わりランチで一寸遅めの昼食。牛丼だったから体力回復に効果があっただろうと希望的観測。一旦帰宅してから2時半に再出発して、大久保通りのHクリニックにプラセンタエキスの注射に向かった。我ながら良く体力が保ったと思う。

何と、1日に2度も大久保通りを往復したので、昨日と合わせれば2日に3回である。この通りには往時の老若男女混合の賑わいはないが、兎に角若い女性が本当に多い。サムギョプサルだのホットックだのという韓国料理店に群がるかと思えば、韓国製の(安物の?失礼)化粧品店にも殺到している。混雑の頂点に時間帯には歩行もままならないほど混んでいる。彼女らには韓国に対する政治的な配慮など皆無のようだ。怒りたくもなるが、一般大衆なんて所詮はその程度の認識だろうと思っている。

Hクリニックから戻って午後4時。精神的にも身体的にも強行軍だった2日間が終わった。だが、体重の減少が一寸気になるので、明日は30年も診て頂いている掛かりつけのSクリニックに行かねばならないかと思案中だ。結構休む暇がない生活だ。リハビリテーション病院にいる弟の見舞いにも3週間近くも行けていない。明日にはS先生に何とかして頂ければと、ここでも希望的観測。

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
« 私の小ウンザリ | トップ | 6月22日 その2 冷静なる評... »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事