新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

2月22日 その3 矢張りウイルスの感染が気になるので

2020-02-22 16:19:33 | コラム
掛かりつけのクリニックのS先生に伺って見た:

先生のご意見は「貴方は高齢で確かに心不全を抱えているので、極力人混みを避けていた方が良いだろう」だった。そして「どうやら流感にも似ているようなものらしいが、もし発熱したら厚労省(なのかな)の指示のようにあの電話番号を試してみて、何と言われるかを聞いてみるしかない」だった。ということは「このクリニックでは診ることは出来ない」と言われたのと同じだった。先生は私が発熱に弱いとはご承知だが、37.5度くらいなら耐えられるのではないかと激励された。何れにせよ、私はこの「クリニックや病院にはいきなり行くな」という政府の言い分は無慈悲だと思わずにはいられなかった。


ところでマスクだが、このクリニックでは看護師さんと3人の医療事務担当の女性は皆マスクをしている。だが、S医師はしておられない。看護師さんが「先生がマスクをしておられないとは」と苦情めいたことを言われた患者さんがおられた」と教えてくれた。そう言われて見れば、S医師がマスクをしておられたのを過去32年間1~2度見たことがあったが、その時は悪性の風邪だったと聞いた記憶がある。テレビに登場される多くの感染症専門の医師の方は「マスクをしていても意味はない」と言われるのは「ウイルスはマスクを通過してしまうので防ぎようがない」と解釈している。

産経新聞は比較的発見しにくい場所に「アメリカのCDCが日本を渡航注意とした」と掲載していた。確か最早9ヶ国だったかが同様の処置をしているとの報道もあった。それはそうなるだろうと思う。何分にも、我が国の政府は未だに韓国と共に中国からの入国制限を湖北省と浙江省だけにしているし、ダイアモンド・プリンセス号への対応が各国のメデイアに悪し様に言われているからだ。我が友のSM氏は「このままにしていたら、トランプ大統領に日本からの入国を禁じられるのでは」と言っていたが、本当にそうなりかねない気配だ。そうなれば、彼は帰国できなくなってしまう。

それどころではない。森会長も小池都知事もオリンピックは開催すると明言しておられたが、開催しても選手団が来なくなってしまう事態が起きないとは言えなくなりはしないかと、私は密かに危惧している。全人代を延期しそうな中国が、選手団を送り込めるところまで事態を改善できるのだろうか。24日までは連休とやらなので、何処にも行かずにジッとしていよう。この界隈にはあれほど中国人が多くても、未だに感染者が出ないのは不思議なのか、それとも奇跡なのか。

余談だが、本日は2020年(令和2年)2月22日と、これでもかと「2」が並んだ日だった。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2月22日 その2 「パーテー... | トップ | 各テレビ局と政府に望むこと »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事