新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

2月8日 その2 DPRKの五輪戦略

2018-02-08 08:50:27 | コラム
DPRKの実に巧妙な対平昌オリンピック戦略:

私は「あるいは余程世知に長けた練達熟練の参謀が複数、外部からは見えないところから(あるいはフットボールのスポッターのように何処か高いところから)臨機応変に作戦を提案しているのかも知れない」と疑っているほど、今回の平壌オリンピックではなかった平昌オリンピック向けの作戦は巧妙だと思わせられている。金正恩単独の知恵とは思えないほど巧妙ではないか。「金正恩は単なる金日成の孫ではなかったかも知れない」とすら思わせられた。

やや余談の部類になるが、我が国のマスメデイアはDPRKから美女集団の応援団が来るとか、管弦楽団が訪韓するという類いのDPRKのお先棒を担ぐかのような報道が過剰であると思って見ている。あれでは金正恩の思う壺ではないか。アメリカではどの程度の扱いかが気になるが、未だ問い合わせをするほど暇でもない。

金正恩は文在寅大統領が「南北統一」に向けてひた走りなのを良いことにして、彼とその参謀たちが立てたゲームプラン通りの作戦を進行させている。僅か20数名の選手しか派遣せず出られるはずもなかった女子アイスホッケーに自国の選手をねじ込んだし、全種目に出る訳でもないのに、あれほどの数の応援団を送り込むし、韓国にUNの制裁破りをせざるを得ないような手段を次から次へと繰り出している。そして世間(世界?)の関心をそちらに向けさせている間に・・・という具合だ。

報道だけで判断すると、DPRKは平昌オリンピックに対する関心は低いとギリギリまで思わせておいて、ある日突然参加を韓国に通告したかのようだ。だが、応援団や管弦楽団の衣装を見ていると、経済的に困窮させられているはずの国で、あれだけの数を揃える為にはかなりの準備期間をかけていたと思わざるを得ない。

話は違うかも知れないが、私が見た世界第2の(私は一人当たりのGDPでは中国より上位だと思う)経済大国の我が国では大学のチヤリーダー(言うまでもないが女子だ)たちが電車で競技場に向かう時の衣装などは、良くて着古したブレザーか所謂ジャージ姿である。

その平昌/平壌オリンピック首謀者である文在寅大統領と、アメリカのペンス副大統領が8日に、安倍総理は9日に会談されるそうだ。文在寅大統領も相当な覚悟で備えて待ち構えているかも知れないが、両首脳は間違いなく、言うべき事を文在寅大統領に明確に申し渡して頂くものと確信している。私が危惧することは、文在寅大統領が「内政干渉」とも言い出しかねない点なのだが。彼には彼なりの信念があるようだから。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 仮想通貨=Virtual currency | トップ | kazk様 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazk)
2018-02-08 20:40:28
お久しぶりです。

やや遅めのすれ違いですが、スーパーボウルの感想、こちらに書かせていただきます。
仕事が多忙でネットで通しの全試合を見てからなんで遅くなりました。

確かの面白い試合でしたね。見ていてオフェンスが失敗したのはNE、PHともに2回だけ、他のドライブはきちんと得点まで結びついています。
このあたりはなんか両方共、教科書的なオフェンスです。本当に無駄がない。NEのブレイディはパスに関しての記録らしいですから正直何故負けたかわからなかったんじゃないかという気がします。直接的には4thQの攻防が全てなんでしょうがPHのデフェンスが最高の仕事をしたということです。PHも最近の流行らしいあまりサックに行かないでフェンスでしたがここでファンブルさせるのに成功します。この後ですが小生がフォールズの立場ならしつこくラン攻撃で時間を潰しにかかったと思いますが意外でした。まあ、だから残り一分8点差でTD、2PTConvであわやオーバータイムスという所まで行ったんですがまあ、良かったというところでしょうか。

今回の勝因はPHのオフェンスラインが頑張ったことだと思います。チャートを見てみるとポッセッションが34対26、攻撃時間がPHのほうが長く常にイニシアチブを取り続けたことがわかります。ビデオを見るとPHは本当に効果的なランが多くこれが時間をうまく使うことに繋がったと思います。かつて小生は先輩にラン攻撃が分かるようになってフットボールを見る目が一人前になったといえるのだと言われましたが、パスはレシーバーとQBがうまくやればなんとかなるのですが、ランはライン全体で穴を作らなければいけない、そしてBKがそこを効果的につかねばいけないのですから難しさが倍だからなのですね。その上で時間を消費すので勝ってるときには見えない圧力を相手に与えます。ここでPHはNEに勝ってたと思います。

ブレイディはおそらくNFL一のQBでしょうがフォールズは完全に弱者の戦いをしました。パスで一気にゲインすることを考えずにフェイクを入れライン全体で騙しにかかるということが効果的でしたね。フォールズのTDは完全に勝ちです。あそこまでフリーにTD取られるのはシーズンだってそうそう無いはずです。

今回のSBは派手なプレイは一個もありませんでした。ある意味、当たり前に勝つほうが勝ったといえるのですが強いて言えばNEのデフェンスの負けでしょう。こういう試合はどこかで一回、完全に攻撃を潰さなければなかなかイニシアチブは取れないものです。

今回の中継で感心したのはハイライトのできの良さです。26分のものを見ましたが通しを見ても感想が全然変わりません。チャートとビデオだけで全く遜色ないわ、と変なところで感心しました。

今回のSBはやるべきことをやりきった弱者が強者に勝った、と言うものだと思います。試合のイニシアチブの持つ重要性をこれ程表してる試合はなかったとおもいます。

ブログ主様に一つ質問なのですがかつて日大はショットガンを始めとしてパス偏重のチームだったという印象があります。
ただ最後の3連覇の頃はかなりラン攻撃を重視してた気がします。小生は全く知らぬので何とも言えませんがこれは、篠竹監督の心境の変化なのでしょうか、それとも他の理由があったのでしょうか、そのあたり昔から知りたいと思ってました。
何か情報があればご教示いただけたらと思います。


コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事