新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

1月17日 その2 ロッテの工場の跡地

2018-01-17 13:31:12 | コラム
7,500㎡の用途は未定らしい:

このPC部屋からはロッテの新宿区百人町のチューイングガム工場の更地のままの跡地が見える。この工場は山手線の車窓から見える位置にあり、JR山手線の新大久保駅からは徒歩で5分とかかるまいと思われ、立地条件も優れていると思う。工場の隣には嘗てロッテ球団の事務所があり、その工場に面した路地を通れば鼻をつくガムの臭いに悩まされることもあった。

その工場はずっと操業を停止したまま放置されていたが、昨年の初めから解体工事が始まり8月には終了した。しかしながら、その跡地には一向に何の工事も開始されないので不思議に感じていた。当アパートからも徒歩5~6分の距離になるが、ついぞ「どうなっているのか」と視察に行くこともなかった。

そこに、一昨日「すし三昧」に行く途中にその路地を敢えて通ってみた。すると7,500㎡(=約2,270坪、即ち良く言われる東京ドームの6分の1程度の広さ)はまさしく更地で、サッカー場が何面でも取れるかと思わせる広い土地には少しだけ雑草も生えている状態だった。路地との境となっている金網にも何の建設予定の表示もなかった。

この工場は検索してみれば、1950年操業開始とあるから、私が大学を卒業するよりも前から稼働していたとは意外だった。55年に卒業してからこの工場の存在に気付き、ロッテもまた何と辺鄙なところに工場を建てたものだと感心し且つ呆れていた記憶がある。当時は新宿区百人町などは僻地と思わせるのだった。

それがどうだろう、今やその僻地の直ぐ近所のアパートに住むようになってから間もなく満30年を迎えるのだ。世の中というか、運などというものは解らないものだとつくづく思う。

この跡地の話をジムの物知りの係員にしてみたところ、「自分もどうする気なのかと関心があった。あの会社もトップが韓国で色々と問題を起こしているから、跡地を活かす計画まで手が回らないのじゃないか」との見解を聞かせてくれた。あの跡地は西武新宿線の線路との間に広い放置自転車の収容所もあるし、高田馬場駅前から職安通りまで抜けるはずの通称「新しい道」も通っており、6本もある線路からの騒音からも隔離されているので、マンションでも建つのかと近所では推測されている。

だが、私の乏しい不動産関連の知識では「更地で置くよりも上物が建っている方が税率が低い」はずだから、ロッテは何をしているのかなと疑いたくなる。実は、ロッテよりも遙かに早く解体工事に着手した我が家の丁度反対側になる旧国鉄の社宅のアパートは最近工事を終えたが、その後も今時更地のままだ。こちらは何らかの計画があるのかな。

参考資料: Wikipedia

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部活問題に思う | トップ | 国際情勢を考える »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事