新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

1月14日 その2 好い加減にしようよ、連休は!

2019-01-14 19:45:46 | コラム
またもや無情にも三連休だった:

本当にウンザリである。以前にも泣き言を言う羽目になったが、小さなところでは私はジムには土日祝日は入場出来ない会員なので、この連休中にはあのジェットバスにも入りに行けないのだ。大きな問題は連休ともなれば、掛かりつけのクリニックに緊急事態で駆け込めなくなってしまうし、国立国際医療研究センター病院(NCGM)のような大手にも救急以外は駆け込めなくなってしまうのだ。現在のように高齢化して体の方々が弱ってくると、この医療機関が休んでしまうのは大きな問題なのだ。安倍さんはそこまでお考えなのだったのかと伺いたくなる。考えていなかったのだろうと疑っている。

事実、昨夜のように「お仕舞いまで見なけりゃ良かった」と悔やむような凡戦(サッカーのことだが)を夜中の12時過ぎまで見てしまった後は、その後遺症で体調が狂ってしまって苦しんだのだが、甚だ遺憾ながら、家でジッと休養している以外に方法がないのだ。言うまでもないことで、掛かりつけのSクリニックに行って助けては頂けないのである。これが第何次だか知らないが、安倍内閣が決めて下さった、何かと言えば連休にしてしまう法律のお陰なのだ。

今回はほんの3日間の連休だったが、5月の御代代わりには10連休とやらが待っているのだと思うと、今からゾッとしている。10日間も医療機関を休みにさせて何とする気かと問いかけたい。とんでもないことだ。それは、確かに万一の時はNCGM等に救急車で駆けつければ良いのだろうが、今度心筋梗塞か心不全を起こした時には「本当に一刻を争う事態となるだろう」と解っているので、NCGM以外だって混雑しているだろうから、容易に受け付けて貰えないこともあるかと怖れている。

マスコミ報道では「その10日間を全休とはせずに、何日かを開けておくことを検討中の大病院もある」となっているようだが、先生方だって好き好んで休日出勤される訳でもあるまい。私には10連休を打ち出した政府の目茶苦茶な方針に怒りすら感じている。私は事態は何も医療機関だけに限った問題ではなく、経済活動にしたところで、この世界情勢が微妙な時期に10日間も休んでしまおうという感覚に呆れている。恐らく活動の大停滞を来すだろうよ。政府はそれを覚悟しているのか。

個人的な事情を言えば、15日の午前中には絶対に外せない約束があるので、それに備えて本日は掛かりつけのクリニックで体調を整える為に最悪でもブロック注射か所謂ニンニク注射でも受けておきたかったのだ。それなのに、無情にも本日は三連休とやらの最終日だった。私以外にもこの連休に苦しめられている高齢者はおられるだろうと思っている。「それでも安倍内閣を支持します」とでも言えというのか。正直なところ、そうとは言いたくない気分なのだが。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 誠に拙い試合だった | トップ | 18年12月の新宿区の人口 »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事