pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トータル・リコール』

2012-08-23 19:39:40 | 映画(た行)
なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか?



『トータル・リコール』
監督・・・レン・ワイズマン
原作・・・フィリップ・K・ディック
出演・・・コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ビル・ナイ、ブライアン・クランストン 他


【解説】
フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化し、大ヒットした『トータル・リコール』をリメイクしたSF大作。監督を務めるのは『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン。かつてアーノルド・シュワルツェネッガーが演じた主人公を『フライトナイト/恐怖の夜』などのコリン・ファレルが演じ、その妻を『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセイルが熱演する。迫力満点のアクションがさく裂する斬新な映像に目を奪われる。

【STORY】
容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工場で働くダグラス(コリン・ファレル)は、記憶を買うために人工記憶センター「リコール」社に出向く。ところが彼はいきなり連邦警察官から攻撃されてしまう。そして自分の知り得なかった戦闘能力に気付き、戸惑いながらも家に帰ると妻のローリー(ケイト・ベッキンセイル)が襲ってきて……。



コレ、面白かった~~!!
シュワちゃんの『トータル・リコール』実はあんまり覚えてないんだ・・・何度もTVでもやってるし、よく観てるのにね。そんなに好きな作品だという想いがなかったのと、コリンが苦手なので・・ちょっと悩んでいたけど~観てよかった~。
凄く面白かった!

コリンが嫌じゃなかったことにびっくり・・・。素敵に見えた。なんでだろう?って考えたら、どうもいつもと眉が違うようでした。
現在のダグは眉が少し細かった。本物の彼カール・ハウザーの映像が流れた時は太かった。区別するためにわざとかな?

富裕層の世界(イギリスらへん?)と労働者層の世界(オーストラリアらへん)地球の裏と表。2つを繋ぐのが“フォール”と呼ばれるエレベーター。地球のコア(核、真ん中ってことかな?)を通過するときに無重力になって、そこでちゃんと逆さまになる。こういう発想が凄い!
子供の頃に地面をずっと掘って行ったら、裏側のブラジルに出ちゃうよね~って地球儀見ながら笑っていたことを“本当”にしてしまうなんて。SFの世界って素敵♪
あのエレベーター乗ってみたいです。でも、実際には無理なんですよね・・・?←苦手分野で(笑)分かっていない。

磁力を利用しての未来の乗り物・・・限られた土地に出来るだけ多く作られた立体的な住居や道路・・・ありそうな未来図にワクワクした~。ちょっと『フィフス・エレメント』っぽくもあったけどね。
街の様子は・・・漢字が溢れているし(ハングルも見えた)、人口ナンバー1の中国の力は強いのかな?未来はアジア風?

国境はないけれど、富裕層と労働層には大きな障害があって~戦争はそこでも起こる。
どんな世界になっても争いは起こるんですよね。人間は自分勝手な生き物・・・

リコール社の宣伝文句
「あなたの願望を100%かなえます。」の後の「ただし、人工記憶は日常及び社会生活を損なう可能性があります。」これって怖いよね~。
それでも買ってしまうのは悪いクスリみたいなものかな~~~。



今までコリン・ファレルが苦手だったけど・・・この作品では素敵って思えた。
パンフ読んでいたら、『アレキサンダー』や『マイアミ・バイス』など彼が主演した大作が失敗して、大作オファーがこなくなっていた。と・・・彼のような役者さんでも、そういう想いを乗り越えてここまできているんだ。そう思うと、この作品がヒットして(ですよね?)よかったな~って思えた。
身体も鍛えてアクションもカッコよくこなしていた。ピアノは本当に弾いていたのかな~?素敵だった!あの伏線も効いてた。


ケイト・ベッキンセイル~いつも監督の妻って言われるのはどうなんだろ?と考えてしまう・・・
私が好きな映画『ヴァン・ヘルシング』で彼女が演じた悲運のアナ王女が好きだった。最期が哀しいのだけど、美しくて強くて・・・とっても好きだった。
今回、久々に観たら~キレイだけどちょっと痩せすぎみたいなカンジがして。
優しい奥さんの時は、あれぐらい華奢でもよかったけど~正体が分かってからは、あんなに強い怖い女性にしては細すぎ~。
でも、、、あのしぶとさは怖いわ。途中何回か死んでいてもおかしくないレベル・・・


ジェシカ・ビールはセクシーすぎなくていいな。女・女・とした~いやらしさがなくて素敵。
アクションも上手いし~。
普段から鍛えてるそうで、この役も合ってました。


ローリーとメリーナ、元妻VS現恋人の闘いは迫力あった!
私とキスした唇で・・・だっけ?ローリーの挑発に、殺意を抱くメリーナ・・・男性は誰しも背筋がゾクッとするのでは?
女の闘いはこっわいよ~~~(笑)

自分自身も信じられない・・・
何が真実か分からないああいう状況で、信じられるのは何だろう?
やっぱり愛する人の涙なのかな。

今現在ここにいる私は本当の自分なの?よく夢に見る、まだ若い私が本当の私じゃないの?
ずうずうしいことを考えてしまった(笑)


マリー的お気に入り度 ・・・ ★9個 (とっても面白かった!!)


コメント (18)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 『アベンジャーズ』 2D字幕 | トップ | 『るろうに剣心』 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2012-08-23 20:12:16
シュワ版は私もほとんど記憶が無く…
だから今作は面白く感じました♪

アクションもさることながら、
カメラワークも独特で、かなり興奮!
ローリーとメリーナのガチバトルも楽しかったです。

最後の最後までメリーナの執念にビックリでした。
オリジナルは・・ (☆オレンジピール☆)
2012-08-23 22:10:54
シュアちゃんのオリジナル版の感動だけが残ってます。面白かったけど、詳細は記憶なし(^^:

http://www.youtube.com/watch?v=WFMLGEHdIjE&feature=related


↑おばちゃんの顔からシュワちゃんが出てくるの映像は脳裏に焼きついてます。

コリン・・ルックス的には濃すぎて苦手な部類ですが
眉が細かった・・に笑った♪

『ヴァン・ヘルシング』は未見ですが、そちらに興味が行ってしまった、ごめんなさい(^^:

リメイクが多いハリウッドですが、『華麗なるギャッツビー』のでカプリオ版(byバス・ラーマン監督)が
(久々・・緊迫モードでなさそうで)気になってます。
脱線コメントで、ごめんなさい(^^:
BROOKさんへ・・・ (マリー)
2012-08-23 23:34:23
こんにちは~~♪
シュワちゃんの、なんだかいろんなシーンは覚えてるけどストーリーが思い出せないんですよね。。。

面白かったですね~。
アクションも凄かったし、無重力のシーンとかも面白かった!
女性2人のバトル!女の私でも怖かった(笑)一番迫力あったシーンかも?(笑)

メリーナ、人間離れしてましたね~~~。
オレンジさんへ・・・ (マリー)
2012-08-23 23:38:54
こんにちは~~♪
シュワちゃん版のいろんなシーン、オレンジさんが貼ってくれたの観て、あ~これも覚えてる!これも!!って観たことあるのばっかりだった~。
なのにストーリー覚えてない・・・汗

『ヴァン・ヘル・・』面白いよ~。
ヒュー・ジャックマン主演で、ヴァンパイア退治のお話だけど、サントラもすっごくいいの~~~♪オススメ!

『華麗なるギャッツビー』リメイク、そういえば話出てたよね。レオならうまく演ってくれそう~~
脱線コメント大歓迎~なので(笑)じゃんじゃん脱線ヨロシク~~~
おはようございます♪。 (みぃみ)
2012-08-24 10:46:21
「3Dなら最前列~♪」という事で、後方ブロックの左端最前で鑑賞。←結果、大正解!(喜)。

ローリーのあの一言で、豹変したメリーナ。。。
二人の対決、凄まじかったです!。
迫力でした~。

ピアノの伏線も良かったですね。
「俺、弾けてる~」とニッコリなダグにほっこり。
ピアノを弾くだろうと予測していた記憶書換前の冷徹だった頃の彼の仕事っぷりを見てみたいとも思いました。

こんにちは♪ (yukarin)
2012-08-24 12:50:36
マリーさんもコリンが素敵に見えたのねー。
私もちょっと苦手だったけど今回初めてカッコイイと思いました。

ケイト目当てだったのでカッコイイアクションも見られて満足でした♪
『ヴァン・ヘルシング』は観たけど記憶が.....
ジェシカも好き。セクシーすぎない所がいいですよね。
二人の対決はテンション上がりましたわー。

シュワちゃんのも改めて観たけど面白かったし、リメイクはがらっと変わっててそこが良かったのかなと思います。
Unknown (mig)
2012-08-24 20:53:22
マリーさん☆
えっ!!コリンがステキに見える!?
そんなことがあるの? 笑
ジェシカビール好きだから気になったケド
シュワのオリジナルが好きだから観なくていいやって 笑
でもマリーさん評価めっちゃ高いネ、楽しめたのね~
監督はケイトの旦那だからきっと
またケイトおいしい扱いじゃなかった? 
ではよい週末を~♪
みぃみさんへ・・・ (マリー)
2012-08-24 20:54:34
こんにちは~~♪
あれ?これも3Dあったんだっけ?
最近、やっぱり3D避けてて~2Dばかり観てます。
歳とると3Dキツイのかも~~~(笑)

女性同士の闘いはドロドロしてるよね。
迫力ある~~~!

ピアノシーン、カッコよかったよね。
弾いてみたい。。。って言ってたのに、ピアノを前にしたらすらすら弾ける~って素敵!
確かに!やり手だった彼、回想シーンでいいから観てみたいね。
yukarinさんへ・・・ (マリー)
2012-08-24 20:57:48
こんにちは~~♪
なんだろう?なんで素敵に見えたんだろう?自分で不思議~~~
吊り橋マジック???(笑)

ケイト好きならヴァンヘル・・また観て~。
あの映画の彼女もすっごくいいよ~~。アクションもやってるし~。

yukarinさんのシュワちゃん感想観て、私も観たくなったよ~。
migさんへ・・・ (マリー)
2012-08-24 21:05:18
こんにちは~~♪
それがね~migさん、びっくりなのよ~~~。
yukarinさんも言ってるでしょ?素敵に見えるのよ~~!
不思議で不思議で・・・(笑)

ジェシカもよかったけど~やっぱケイトだわ。
もう、妻自慢が凄かった!(爆)

migさんも楽しい週末を~!

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

劇場鑑賞「トータル・リコール」 (日々“是”精進! ver.F)
陰謀を、阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
『トータル・リコール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキー...
トータル・リコール (風に吹かれて)
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作
映画:「トータル・リコール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年8月13日(月)。 映画:「トータル・リコール」。 監 督: レン・ワイズマン 原 作: フィリップ・K・ディック     「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」 キャスト: コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール /...
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
トータル・リコール(2012) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
トータル・リコール (心のままに映画の風景)
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
トータル・リコール (迷宮映画館)
え、ベッキンセールの映画だったのねえ~。
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
トータル・リコール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶セン...
それは~ まぎれもなく~ ヤツさ~♪ (RISING STEEL)
何度聞いてもお洒落でカッコイイテーマソングです というわけで常々、漫画「コブラ」と出だしがそっくりだといわれるこの作品をレビュー。 トータル・リコール / TOTAL RECALL 2012年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督:レン・ワイズマン 製作:ニー...