pure breath★マリーの映画館

好きな映画とイロイロなこと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『キャビン』

2013-05-28 21:14:20 | 映画(か行)
            5人の若者、バカンス、山小屋
                 その先は絶対に予想出来ない。定番を打ち破るマルチ・レイヤー・スリラー



『キャビン』
監督・脚本・・・ドリュー・ゴダード
出演・・・クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジェシー・ウィリアムズ、リチャード・ジェンキンス、ブラッドリー・ウィットフォード、ブライアン・ホワイト、エイミー・アッカー 他

                     【解説】
バカンスで大騒ぎする若者たちが恐怖に陥れられる定番の展開を、あえて覆すことに挑戦した異色のスリラー。出演は、『ハプニング』のクリステン・コノリーや『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワース、『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンスなど。『クローバーフィールド/HAKAISHA』の脚本を担当したドリュー・ゴダードが本作で監督デビューし、共同脚本に『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督が名を連ねる。ホラーの王道から一転、モニタールームの存在が明かされて以後の怒どうの展開に目がくぎ付けになる。
                    【STORY】
森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コントロールされていたのだった。そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。





※ネタばれしてる部分があります。ご注意を・・・





少し前に鑑賞~~~。
ホラーは苦手だけど・・・神の子ソーこと、クリス・ヘムズワースが出てるってことで楽しみにしてた。
血がドバドバ~~~!じゃんじゃん人間が殺されて~しかもグロい殺され方で・・・普通なら逃げ腰になりそうだけど大丈夫だった~!だって面白かったもん。
私には予想もつかないラストも良かったし~(予告編を観て少しは予想してたのよ。でも違ってた・・・)
あんなにみんなやられちゃうとは。。。驚いた!!


しかも、クリス・ヘムズワース、結構売れてきてるのにあの最期・・・よく出たなぁ(笑)あの退場の仕方、本当にびっくりした~。


山荘の若者は他は知らない人ばかり。
主人公のデイナ役のクリステン・コノリー。彼女が1980年生まれ(クリスより年上)っていうのにも驚いた。ティーンエイジャーみたいに見えない?


若者たちが“定番のシナリオ通り”で死んでゆくようコントロールする謎の組織のボスっぽい人がリチャード・ジェンキンス。
彼もよく出たなぁ(こればかり言ってる 笑)彼が出てることで、この映画がB級ではなく、奥のふか~~い映画みたいに見える不思議。


カメオでエイリアンに付きもののあの方が・・・!


いろんな意味で笑えたけど「半漁人で~」、「半漁人が・・」って言ってた人が半漁人に・・・って・・・ブラックすぎて笑えた!

日本人が勤勉でサボらない~アピールが凄かったけど、日本好きなのかな~?
日本の女子中学生?たちがみんなで唄いながら成仏?させちゃうのも笑えた~。「さすが日本。またやった!」みたいに感嘆されてたりして・・・苦笑。

登場人物たちがあまりにもバッタバッタやられちゃうので、一体どうなってしまうの?と不安になったけど、そういう展開なのね・・・地球の存続にも関わってくるとは!話が大きすぎてピンとこない。
地球の未来を担っているはずの謎の組織?があまりにも緩くて驚きます。
あんな解除ボタン一つで危険な怪物たちが出てこれるって普通ありえない~。(普通、厳重管理でしょ)

デイナが持ち上げられて叩きつけられて凄いことされて無事だったのには、ちょっと笑った。(笑ってばかり)普通あの時点で死んでる。
たくさんモンスターが出たけど、私はゾンビ系が一番怖いかな~~~。他はそうでもない・・・(年々怖いものが減ってゆく)

こんなにバッドエンドなのに、面白かった!!
そんな自分が不思議で嬉しい。



マリー的お気に入り度 ・・・★8個+半以上~(苦手ジャンルのホラーなのにね・・・)

コメント (12)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 『図書館戦争』 | トップ | 2013年6月に観たい映画... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2013-05-28 22:33:57
マリーさんこんばんは☆
待ってたよ♪
マリーさんもホラー観てくれて嬉しいな!
これからもどんどん観て慣れちゃってー♪


>クリス・ヘムズワース、結構売れてきてるのにあの最期・・・よく出たなぁ

それ言うならリチャードジェンキンスでは?笑
これ、色んなホラーのキャラのパクリ出てくるから
ホラー好きで色々みてるほど楽しめる部分あるけど
そうじゃなくても単純に面白かったよね!

あ、来月公開パクシフくんの「殺人の告白」もぜひ観てね♪
今晩は(*゜ー゜)v (☆オレンジピール☆)
2013-05-29 20:53:11
全然知らなかった作品です。
クリス・ヘムズワース??と思いましたが、マリーさんのお気に入りのソーですね。
この手の作品、あまり得意ではありませんが
「悪の教典」であまりの爆死のすごさに、現実味が薄くて
以外と気分悪くならずに鑑賞できたのと
同じ感覚かな?
面白かったね~ (ノルウェーまだ~む)
2013-05-29 23:20:47
マリーさん☆
わー、ホラーも観るのね?マリーさん。
でもコメディだから笑えたよねぇ~

ディナは30代なの??
やっぱり女性は化けるねー、ティーンのときから大人っぽいから反対に違和感ないのかな?

日本人女子中高生がんばっていたね。(笑)
私も日本好きなのかなー?って思ったわ。
migさんへ… (マリー)
2013-05-29 23:41:17
こんにちは~~♪
昔はスナッフムービーと言われてるようなのも平気で観れたしホラーも大丈夫だったんだけで…だんだん無理になって。最近、また観れるようになって来たよ~

「殺人の告白」今のとこ公開なさげ
残念なり~
オレンジさんへ… (マリー)
2013-05-29 23:45:02
こんにちは~~♪
そうそう、ソー(笑)
「悪の教典」も普通に観れたよね~そんな感じかもしれないわ…

話は違うけど…今日観た映画、オレンジさんも好きかも~って思った!
「ロイヤル・アフェア愛と欲望の王宮」マッツ・ミケルセンのやつ…コスチュームもの♪
Unknown (マリー)
2013-05-29 23:48:30
こんにちは~~♪
これってやっぱりコメディ!?(笑)
面白かったね…グロいけど~
30代でティーンエイジャーも凄いね~

勤勉な日本にもちょい笑った!
Unknown (SGA屋伍一)
2013-05-29 23:53:32
こんばんは。半魚人のシーンよかったですね!
あれ字幕では「半魚人か!」となってましたが、実際は「ヘイ、カモーン!」と言っていたような・・・
きっとあのじいちゃん博士はよっぽど半魚人を愛してたんだなあ・・・と胸が熱くなったのでした(T T)

私も見ました (きさ)
2013-05-31 05:54:23
面白かったのですが、ネタバレなのであまりストーリーは
書けませんね。
最初は普通のホラーみたいなんですが、色々と裏設定が。
後半の展開にはびっくり。まさかこういうネタだったとは。
クトウルー神話、、
あまり予備知識を入れずに見る事をお勧めですね。
クリス・ヘムズワースとか俳優陣も結構豪華でした。
伍一さんへ・・・ (マリー)
2013-05-31 18:38:32
こんにちは~~♪
はんぎょにんのぎょって「魚」なんだ~?

それにしても、どんだけ半魚人好きなんだって~ことだよね(笑)幸せな最期といえるでしょう・・・ふふふ。
きささんへ・・・ (マリー)
2013-05-31 21:35:37
こんにちは~~♪

私も、どこまでネタバレしていいか分からず、濁しました・・・これって、自分で観てこそ楽しめるんですものね。

ソーがそんなにカッコよく見えず(笑)不思議な位でした~。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

死霊の舞台裏 ドリュー・ゴダード 『キャビン』 (SGA屋物語紹介所)
昨年ノルウェーまだ~むさんのお誘いで参加できた「したまちコメディ映画祭」。わたし
キャビン / THE CABIN IN THE WOODS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 公開前から面白いとの評判聞いてたこの映画。Rotten Tomatoesでの支持率はなんと91%の「フレッシュ(新鮮)」で かなり満足度の高い作品 楽しみにしてました~♪   ついに日本公開 先週、試写にて鑑賞...
「キャビン イン ザ ウッド」コメディ映画祭?定番なのに斬新ホラー (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
定番なのに、こんなにも斬新! ロンドン映画サイトでも、これほどB級っぽい映画が何故★4つなのかと、不思議に思って日本公開を心待ちにしていた1本。 お約束満載なのに新鮮な驚きの数々・・・・ ゾンビホラーなのに、下町コメディ映画祭でも『映画秘宝』のコーナー...
キャビン (だらだら無気力ブログ!)
予告編で面白みが半減。
CABIN (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE CABIN IN THE WOODS】 2013/03/09公開 アメリカ R15+ 95分監督:ドリュー・ゴダード出演:クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース、アンナ・ハッチソン、フラン・クランツ、ジェシー・ウィリアムズ、リチャード・ジェンキンス、ブラッドリー・ウィットフォード...
「キャビン」 (ここなつ映画レビュー)
面白かった。単純なホラーではなく、オリジナルの神話のようなものが隠されている。 希代のクリエイター達が、誰の予想も裏切る展開になるよう仕掛けたものだが、きちんと練られたストーリーとオチが本当に面白い。途中の怖がらせ方も半端ないし。いや、ゾンビはああ...
キャビン (いやいやえん)
いろんなホラー映画のオマージュがそこかしこに…と思っていたらば怒涛の後半。 ホラー映画の定番、若者グループが襲われる…といったベタだと思われるような設定をあえて踏んだ上で、それをことごとくぶち壊していくといった展開。 要は、神へ生贄を捧げるために組...