幹事さんのひとりごと

秋田市 土崎港 壱騎町一区 壹友会 非公式ブログ 語ったもん勝ち

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生前退位

2016年07月15日 | 戯言的世論
天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向。
ってニュースにされてるけど、宮内庁は否定してるようで。
陛下は現在82歳。2012年2月に心臓の冠動脈バイパス手術を
受けた後は宮中祭祀(さいし)を減らす一方、憲法に規定された
国事行為や震災などの被災地のお見舞い、外国元首との会見など多くの
公務を続けている。
陛下は、天皇が象徴と位置づけられた現憲法下で初めて1989年に
125代天皇として55歳で即位。
「象徴天皇」の在り方を探り、皇太子時代からの障害者施設への訪問
のほか、震災などの被災地訪問も続け、即位10年の会見で
「障害者や高齢者、災害を受けた人々、あるいは社会や人々のために
尽くしている人々に心を寄せていくことは、私どもの大切な務めである」
と述べ、平成時代の天皇像を築いてきた。

立派だよな。

体調も考慮していい加減楽隠居でもいいよなぁ。
後を継げる息子も孫もいるんだし。

皇室制度を定めた「皇室典範」に天皇の退位に関する規定はない。
ってことなんで、陛下本人の意向で引退を決めてもいいんじゃねぇの?
現在も無謀なほどの多すぎる公務を押しつけてるのは誰だ?

昭和天皇まで124代の天皇のうち、生前に皇位を譲った例は何度も
あるようで、明治以降にないからと認めないというのは酷だな。
外国じゃよくあることだし、亡くなるまで待つっておかしなことかと。

大きく変化することは年号が変わることくらいじゃね?
平成から次はなんになるのかわかんねぇけど。

現在の継承順位は(1)皇太子さま(2)秋篠宮さま(3)悠仁さま
(4)常陸宮さま(5)三笠宮さま。

継承できる者がこんなに存在するんだから陛下に楽してもらおうよ。

政府関係者は天皇陛下が生前に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」
の意向を持たれていることについて、憲法上の問題から
「天皇陛下の生前退位は無理だ」
と述べ、公務の負担軽減を軸に検討していくべきとの考えを示した。

その”政府関係者”って誰だよ。
難癖つけて天皇陛下の気持ちを無視して老体を酷使させようと言うのは誰だ。

日本国憲法第4条に抵触するっていう理由らしいけど、
第4条:1.天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、
国政に関する権能を有しない。

意味わからん。
天皇陛下が公務から引退することが国政に触れることなのか?
生きてる限り、病気だろうが寝たきりだろうが公務こなさなきゃならない
っていうのが国政のなのか?
陛下の寿命を縮める政策が国政だとすれば、どこか間違ってる気がする。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 都知事選 | トップ | 祭りだ祭りだ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あまりに気の毒だもんね (雲板)
2016-07-16 16:40:09
皇室典範の第四条に「天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。」とあるのは確か
でも、「生前退位」とか「譲位」とかを禁ずる。ってな規定はどこにもない
この第四条の法文だけで「生前退位」は禁じられているって解釈は成り立つんだろうか?
長寿社会になった現代、高齢による痴呆は多く見られる そんなことを考えても、「生前退位」に関する規定を追加するべきじゃないかと思うけどね
そりゃ、勝手にチョコチョコ「生前退位」されるのは困るだろうけど
本人が (幹事)
2016-07-19 12:30:13
引退の時期を決められるのなら意向にそいたいと思うけどな。
なんだか無理させて死期を早めてることになりかねないとも。

コメントを投稿

戯言的世論」カテゴリの最新記事